ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエディングケーキ
  5. パティシエ本澤 聡 a tale of cake17「チョコレートケーキの誘惑」
コラム・連載
Share on>

パティシエ本澤 聡 a tale of cake17「チョコレートケーキの誘惑」

スイーツショップ「アニバーサリー」のパティシエがお届けする、おしゃれでおいしくて感動しちゃうウエディングケーキの話。
第17回目はチョコレートケーキをピックアップ。ビターな味わいとクールなデザインが、秋冬のウエディングをおしゃれに彩ってくれます。

寒い季節とイベントが断然似合う

チョコ1
チョコ2

チョコ好きはもちろん、オリジナリティを出したいというカップルさんからも人気のチョコレートケーキ。もちろん暖かい季節でもいいのですが、オーダーを受ける数は秋から冬の挙式が圧倒的に多いのです。こっくりした色や濃厚な味わいはやはり寒い季節に似合いますね。

ハロウィーン、クリスマス、バレンタインなど秋冬イベントのイメージもチョコレートとつながるのかもしれません。ハロウィーンといえばかぼちゃのオーランタンが定番モチーフですが、豊かな秋の実りを乗せたデザインにすると大人っぽくておしゃれ(画像1)。クリスマスはブッシュ・ド・ノエル風に(画像2)、バレンタイン前ならキュートなハート形でふたりの愛をアピールするなど、イベントモチーフを絡めたチョコレートケーキはインパクト間違いなしです。

デザインのバリエーション、食材とのコラボを楽しんで

チョコ3
チョコ4

チョコレートの取り入れ方は実に多彩です。

デコレーションは、生クリームとチョコレートを合わせたチョコレートクリームで覆う形が一般的。チョコレートの配合を変えて濃淡のツートーンにしたり、バタークリームにしてツヤを生かしてもおしゃれです(画像1)。

チョコレートそのものでコーティングするデザインもかっこいいですね(画像2)。ただ、直径が大きく高さもあるケーキだと熟練の技術が必要となり、会場によっては対応できないケースもあるので担当パティシエさんと相談してみてください。

もちろん中身もチョコ尽くしといきたいですね。チョコスポンジにチョコクリームをサンドするのが定番。クリームより濃厚なガナッシュを使うと高級感のある味わいになります。

チョコレートはフルーツと相性がいいのもうれしいところ。おなじみのイチゴ、シロップ漬けの桃や洋梨、フレッシュなオレンジやキウイもぴったりです。甘酸っぱいラズベリーのピューレをアクセントにしても。
ナッツやスパイスの存在もお忘れなく。ピスタチオやアーモンドのクラッシュをトッピングすると食感がにぎやか。シナモンや八角の香りも似合います。

プラスチックチョコレートを活用して

チョコ5
チョコ6

ウエディングケーキのデコレーションでよく使われるのが、プラスチックチョコレート(略してプラチョコ)。粘土のように扱えて着色も自由なので、立体的なオブジェを作ったり、普通のチョコレートでは難しい繊細なデコレーションが可能です。

チョコレートそのもののコーティングが難しいという場合も、このプラチョコで代用できます(画像1)。チョコレートの艶やかさはそのままに、短冊状にして並べるなどデザイン性もぐんとアップ。
硬さの調整も自在。柔らかなプラチョコをくるくる丸めて、ケーキ全体をプレゼントボックスに仕立てるのは人気のデザインです(画像2)。
型で抜くこともできるので、花や葉のデコパーツを模って組み合わせたり、ハートや動物など好きなモチーフをちりばめても。音楽好きのカップルさんからはピアノの鍵盤や音符のオーダーも多いですよ。

いががでしたか? 混ぜても掛けても細工してもOKのチョコレートケーキ。こだわり出したら止まれない甘い誘惑に、ぜひふたりで溺れてみてください。

本澤 聡
Profile

本澤 聡 ウエディングケーキを主体としたスイーツショップ「アニバーサリー」早稲田店パティシエ。

2005年に入店。ケーキ、引菓子、プチギフトなどの製作を手掛けるほか、青山店で開催するお菓子教室の講師も担当。デザイン性豊かな同店のケーキは、たびたびゼクシィ誌面のイメージビジュアルに登場し話題となっている。
http://www.anniversary-web.co.jp/

構成・文/伊藤佳代子
※掲載されている情報は2016年1月時点のものです

  • 打ち合わせ開始期
  • 遊び心のある
  • かわいい
  • 個性的
  • 料理にこだわるウエディング
  • 洋菓子
Share on>

pagetop