ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ブーケ・ブートニア
  5. フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips27「教えて、落さん! ブーケの花材のこと」
コラム・連載
Share on>

フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips27「教えて、落さん! ブーケの花材のこと」

ブライダルフラワーはわからないことだらけ! わからないだけに「こんなこと聞いても大丈夫かな?」と一人もんもんとしている花嫁さんもいるのでは……。そこで、花嫁さんから寄せられたさまざまな疑問や不安について、フラワーデザイナー落 大造がズバリお答えします。今回はブーケの花材についてです。

Q1 季節外の花でもお金を払えば使用可能なの?(青木さやかさん)

アーティフィシャルフラワーのブーケ

残念ながら、どんなにお金を積んでも季節外の花を手に入れるのは難しいと言わざるを得ません。花材にこだわりたいというお気持ちはわかりますが、無理をしてこだわってもいいことはありません。その季節に最も美しく咲き誇る花があなたにとっての最高の花だと思い、季節の花材で理想のブーケを作るにはどうしたらいいか、信頼のおけるお花屋さんに相談してみてください。

なお、最近はアーティフィシャルフラワー(造花)の進化が著しく、本物と見紛うばかりのものがたくさんあります。季節外れの花材でどうしても入れたいものがあるのなら、アーティフィシャルフラワーで取り入れるのも一つの方法です。アーティフィシャルフラワーと生花の組み合わせもOK。

ただし、アーティフィシャルフラワーも季節に合わせて出回りますので、その花の季節を逃さずに準備しておくのが安心ですね。

【写真】季節外のお花を使ったブーケを作りたいときは、アーティフィシャルフラワーやプリザーブドフラワーを利用するといい。こちらはブリザーブドフラワーのイングリッシュローズとドライフラワーのユーカリポポラスに、アーティフィシャルフラワーを合わせたブーケ。生花と見紛うほどの仕上がりに

Q2 使ってはいけない花材、縁起のよくない花はある?(上原麻記子さん)

アジサイとスモークツリーのブーケ

ブーケに使ってはいけない花というのは、基本的にありません。テレビなどのメディアでそのような話題を紹介しているのを目にすることもありますが、根拠のないものについてはあまり気にしない方がいいでしょう。ちなみに、仏事にはとげのあるバラはNGという話がありますが、とげのないバラもありますし、こちらもあまり気にすることはないのでは?と思います。

ただ、親しい方に縁起を担ぐ方がいらっしゃって、例えば、結婚にはあまりふさわしくない花言葉を持つ花を使うことに懸念を示されているような場合は、その気持ちをくんで別の花にするという判断はありでしょう。

なお、ブーケの加工に向いている花と向いていない花というのはあり、野の花のように水を吸い上げにくく、すぐにくたっとしおれてしまうような花は、避けた方が無難です。

【写真】最近人気の高いアジサイを使ったブーケ。アジサイの花言葉は「強い愛情」や「家族だんらん」という結婚式向きのものがある一方で、「移り気」といったネガティブなものも。身内で気にする人がいたら少し考慮しても

Q3 ブーケ・ブートニアの儀式にお勧めの花材は?(佐藤綾子さん)

ブーケ・ブートニアのセレモニー用のブーケ

ブーケ・ブートニアの儀式の際は、新郎がゲストから集めた花をプランナーや介添人がその場でささっとまとめることになると思います。

花の扱いに慣れていない人が行うわけですから、茎が折れにくく、扱いやすい花材がお勧めです。見た目のわかりやすさを考えると、やはりバラはいいですね。かわいらしい雰囲気にするのであればガーベラ、夏ならヒマワリも印象に残ると思います。

儀式で使ったブーケはそのまま披露宴で使用してももちろんOK。ただ、花嫁衣裳との相性や撮影したときのバランスなどを考えると、別にブーケを用意した方が良いような気もします。また、その場で作ったブーケですから、披露宴中にお花がくたっとしてきてしまう危険性もあります。

披露宴で別途ブーケを用意するのであれば、儀式で使ったブーケは花瓶に生けて、会場の受付やメイン卓の脇などに飾ってはいかがでしょうか? 司会者から紹介してもらうなどすれば、ゲストも楽しめると思います。

【写真】ブーケ・ブートニアの儀式にお勧めなのはやっぱりバラ! 一輪一輪に意味を持たせるダズンローズの儀式なら、色違いのバラを用意してもいいかも

落 大造氏の顔写真
Profile

落 大造 フラワーデザイナー

おち だいぞう/大手フラワーショップで8年の経験を積んだ後、独立して自由が丘に花と雑貨を扱う「les Deux(レ・ドゥ)」を開店。ブライダルフラワーを中心に、誕生日や結婚記念日などお祝いのお花も手掛ける。『ゼクシィ』をはじめ、さまざまな雑誌で活躍し、繊細なセンスと個性的なアイデアで多くのファンを獲得している。

構成・文/粂 美奈子
※掲載されている情報は2016年1月時点のものです
※記事中の質問コメントは、2015年12月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー87人が回答したアンケートによるものです。

  • 挙式3ヶ月前
  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • ふたりらしい
  • 細やかな気遣い
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop