ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ブーケ・ブートニア
  5. フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips25「お花でサムシングブルーを取り入れよう」
コラム・連載
Share on>

フラワーデザイナー落 大造のFlower Tips25「お花でサムシングブルーを取り入れよう」

フラワーデザイナーの落 大造がブライダルフラワーにまつわるお役立ち情報をお届けします! 花嫁が身に着けると幸せになれるという言い伝えのあるブルーのアイテム。お花でさりげなく取り入れてみませんか? おしゃれに見せるコツをお教えします。

薄めのブルーでさりげなくおしゃれに

アジサイとバラ(プリザーブドフラワー)のブーケ
バラ、アジサイ、セルリア、リンドウ、シルバーブルーニア、アナベル(プリザーブドフラワー)のブーケ

花嫁が身に着けると幸せになれるといわれるブルーのアイテム。取り入れる花嫁は意外に多いようです。ブーケで取り入れるとしたら、濃い青よりは薄めのベビーブルーなどがお勧め。あまり青が濃過ぎると青の印象だけが強く残ってしまい、ドラマチックに見えないので注意してくださいね。

また、リボンなどでブルーを差し色としてあしらうのも素敵です。ブーケにはあえてブルーを使わずに、リボンだけでブルーを使ってもいいかもしれません。

【写真1】ブルーのグラデーションでまとめたアジサイとバラ(プリザーブドフラワー)のブーケ。淡い色調で大人っぽい雰囲気に

【写真2】バラ、アジサイ、セルリア、リンドウ、シルバーブルーニア、アナベル(プリザーブドフラワー)のブーケ。ブルーが主張し過ぎず、さりげないサムシングブルーに

ブルーに染めた花やアーティフィシャルフラワーを活用しても

ブルーのアジサイのブーケ
ブルースターのブーケ
ブルーに染めたカスミソウがメインのブーケ

ブルーの花の代表格としては、ブルースターやデルフィニウム、アジサイなどがあります。すべて同じ花材で作っても素敵ですし、他の花と交ぜてブルーをアクセントとして利かせるのもいいでしょう。

最近では、もともとブルーではない花に生花用のインクを吸わせてブルーにするという方法もあります。あるいは、アーティフィシャルフラワー(造花)やプリザーブドフラワーであれば、ブルーの花がバラエティー豊かに揃います。ブルーで理想通りのブーケを作るのなら、こうした花材を利用するのもお勧めです。

【写真1】爽やかなブルーが印象的なアジサイのブーケ。濃淡の色合いの細いリボンを飾って華やかさをプラス

【写真2】可憐なブルースターをさりげなくまとめたナチュラルテイストのブーケ

【写真3】ブルーに染めたカスミソウをメインにユーカリとフランネルフラワーをあしらった贈呈用の花束

ウエルカムアイテムや装花で表現するのもお勧め

ウエルカム装花
ウエルカム装花
ブルーのアーティフィシャルフラワーをあしらったウエルカムボード

ブーケはドレスの雰囲気や色との兼ね合いもありますので、ブルーを使うのが難しいこともあるでしょう。そんなときには、ウエルカムアイテムやテーブル装花などでブルーを取り入れてみてください。

そのものズバリのブルーの花を使う他、テーブルクロスの上にブルーのリボンをあしらったり、ブルーのキャンドルなど小物をあしらってもいいと思います。

【写真1】鳥籠と一緒にブルーのアーティフィシャルフラワーを飾った印象的なウエルカム装花

【写真2】アジサイやカーネーション、ワックスフラワーで作ったウエルカム装花。ブルーに染めたカーネーションがポイント

【写真3】ブルーのアーティフィシャルフラワーをフォトフレームにあしらったウエルカムボード

幸せになれるブルーのアイテム

「サムシングブルー」とはヨーロッパの言い伝えで、イギリスの童謡『マザー・グース』が由来といわれます。

花嫁が身に着けると幸せになれるといわれる4つのアイテム「サムシングフォー」の一つで、サムシングブルー以外は「サムシングオールド=古いもの」、「サムシングニュー=新しいもの」、「サムシングボロー=借りたもの」となっています。ブルーが結婚の幸せに結び付けられるのは、聖母マリアのシンボルカラーが青だからとも。

「サムシングブルー」は目立たない場所に着けるのがいいといわれ、ヨーロッパではガーターベルトにブルーのリボンをあしらったりします。日本ではガーターを着ける花嫁さんが少ないこともあり、ドレス小物や手作りアイテムなどで取り入れる人が多いようです。

落 大造氏の顔写真
Profile

落 大造 フラワーデザイナー

おち だいぞう/大手フラワーショップで8年の経験を積んだ後、独立して自由が丘に花と雑貨を扱う「les Deux(レ・ドゥ)」を開店。ブライダルフラワーを中心に、誕生日や結婚記念日などお祝いのお花も手掛ける。『ゼクシィ』をはじめ、さまざまな雑誌で活躍し、繊細なセンスと個性的なアイデアで多くのファンを獲得している。

構成・文/粂 美奈子
※掲載されている情報は2016年1月時点のものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 打ち合わせ開始期
  • 遊び心のある
  • 憧れ・夢
  • ブルー
  • テンションあげたい
Share on>

pagetop