ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.110『D.I.Y.ラッピングレッスン』
コラム・連載
Share on>

[連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.110『D.I.Y.ラッピングレッスン』

ウエディングデザイナー立原綾乃のオシャレで使えるWedding idea。
本日は人気のD.I.Y.ラッピングレッスンです。結婚式以外の普段使いにも役立つアレンジをご紹介します。

用意するもの

用意するもの

今回ラッピングするのは、「フードプレゼンテーションボード」です。
フードプレゼンテーションボードとは木製のカッティングボードで、パンやチーズ、フルーツなどをテーブルでカットし、そのままプレートとして使えるホームパーティなどで大活躍の優れものアイテムです。
盛り付け用のお皿として使用する場合は、味の違うパンやチーズ、手まりずしなどの一口サイズのお料理を並べると見映えが良くとても素敵ですね。

それでは早速ラッピングについて。
準備するのは、土台になるラッピング用紙(普通紙よりも厚めのワックスペーパーなどがおすすめです)、飾り用のラッピングペーパー、麻ひも、クリスタルビーズなどの飾りパーツ、はさみ、マスキングテープまたはのり、細いワイヤーです。

ラッピングしていきましょう

ラッピングしていきましょう
ラッピングしていきましょう

1.ラッピングペーパーをカットします。
包む物のサイズに合わせてカットしましょう。このとき、片方のみ袋状に包むのでサイズより少し長めにカットしてくださいね。今回は半透明のワックスペーパーを使用しましたので、まずは無地の薄紙でギフトを包みました。
2.袋状に包んだところに柄入りのラッピングペーパーを巻きます。(写真1枚目)
柄のはいったラッピングペーパーは飾りですのでどの位置に巻いても大丈夫です。今回は、あえて2本の飾り紙を巻き、その上から麻ひもをグルグルと巻き付けました。(写真2枚目)

ちょっとしたアクセントアイテムを取り入れて

ちょっとしたアクセントをON
ちょっとしたアクセントをON

3.麻ひもをちょう結びしたら、先端やお好きなところにクリスタルビーズを付けます。ビーズ以外にも素材や色合いが合えばパールや色のついたビーズも可愛いですよ。(写真1枚目)
麻ひもにちょっとしたアクセントをつけるだけで、全く違ったオシャレなラッピングギフトに変身です!
本や雑貨のノートなどの平たくサイズ感の違うものをまとめてラッピングする際にぜひお試しくださいね。

それでは、また次回をお楽しみに!

立原綾乃
Profile

立原綾乃 TRUEwedding代表

「結婚式という時間そのものをデザインする」という新しい発想で、日本のウエディングデザイナー第一人者として活動。
特定の会場を持たず軽井沢・ハワイに特化したオリジナルのウエディングプロデュース「TRUEwedding」を手掛ける。
また結婚式準備をもっと楽しめるようにと、花嫁向けのワークショップ「花嫁アトリエ」をスタート。
抜群のセンスと経験を生かした仕事は、ウエディングにとどまらずライフスタイルにおいても多くの女性から人気を集め始めている。 
著書『立原綾乃の手作りウエディングBOOK』
公式サイト:atwd.ayanotachihara.com

取材・文/立原綾乃(ウエディングデザイナー)
※掲載されている情報は2016年1月時点のものです

  • 打ち合わせ開始期
  • ナチュラル
  • 個性的
  • もてなし
  • 細やかな気遣い
  • ハンドメイド
Share on>

pagetop