ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 料理
  5. 新婚リアル晩ごはん「がんばる日⇔手抜きな日」
演出アイテム等
Share on>

新婚リアル晩ごはん「がんばる日⇔手抜きな日」

最近、SNSなどで素敵な食卓をアップする人が急増! それを見て「みんな、毎日こんなに頑張ってるの?」なんてとまどっている人も多いのでは。 そこで、4組の新婚カップルのリアルな食卓を突撃レポート! 「がんばる日」・「手抜きな日」、それぞれの晩ごはんの実態を聞いてみました。

【CASE1】40分で一汁四菜⇔10分でスピード鍋

妻:まいさん 夫:しげさん の食卓

がんばる日1
手抜きな日1

写真1枚目【かんばる日】
この日のメインはブリの照り焼き。全メニューを合計40~50分かけて作ったそう。品数も多く、彩りも鮮やか!

写真2枚目【手抜きな日】
タジン鍋が今のブーム。「材料を入れて10分中火に掛けるだけ。本当に助かってます(笑)」

なんと手抜きな日は、がんばる日の4分の1の調理時間で完成! どちらの日も栄養バランスよく、が鉄則。

夫婦1

結婚してから料理を本格的に作るようになったという、まいさん。「初めは目玉焼きも作れなかったんです。結婚してからレシピ本や料理アプリを見て研究したり、料理が好きな夫に教えてもらったりして作れるようになりました」
仕事で遅くなるときも、なるべくご飯は家で食べるようにしているそう。「実家で母がいつも料理を作っていたのもあって、私も外で買ってきたり外食をするよりも『作ってあげたい』という気持ちが強いので。平日の食卓は基本的には私が料理担当ですが、お休みの日には夫がパスタを作ってくれることも」

【CASE2】下味しっかりステーキ⇔素材そのままミルフィーユ鍋

妻:ハルナさん 夫:モリユキさん の食卓

がんばる日2
手抜きな日2

写真1枚目【かんばる日】
この日は全メニューを1時間ほどかけてじっくり作った豚肉のステーキがメイン。

写真2枚目【手抜きな日】
「手抜きな日は、30分ほどで作れる鍋が多くなります」。ほかの花嫁さんにも人気メニューである『ミルフィーユ鍋』。

手抜きの味方である鍋は、華やかでボリュームもたっぷりなのが素晴らしい!

夫婦2

「もともとの仕事が栄養士だったので、料理をするが好きで、夕飯作りは私が担当です。彼もいつも『おいしい』と言ってくれますし、『夫が仕事から帰ってきたとき、おいしいごはんがあったら嬉しいかな』という思いもあって、料理はいつもワクワクしながら作っています。夫の大好物はとんかつ。『今日はとんかつだよ』と言うと彼のテンションが上がります(笑)」
晩ごはんの後はふたりで皿洗いをするのが日課。「妻のごはんは心がホッとする」という彼は、週末も真っすぐ帰宅することが多いそう。

【CASE3】彩り鮮やかロコモコ丼⇔ワントーンでキメたお好み焼き

妻:りえさん 夫:なおさん の食卓

がんばる日3
手抜きな日3

写真1枚目【かんばる日】
野菜もお肉も取れちゃう、栄養バランス◎なロコモコ丼。30分で完成。

写真2枚目【手抜きな日】
彼お手製のお好み焼き。調理時間、なんと10分。

手抜きな日はホットプレートでいっきに調理! ナイスアイデア!

夫婦3

「互いに仕事が忙しいので、結婚して料理をする日はいかに時間をかけずに作れるか、を意識するようになりました」という言葉通り、週末に作った冷凍ギョーザで平日はギョーザ鍋を作るなど、時短上手なりえさん。
「週に1~2回は彼が大好きな、たこ焼きやお好み焼きが食卓に。関西出身の夫は、粉物へのこだわりが強く、その日は彼が夕食担当で焼いてくれます」。共働きだからこその協力体制は万全です。

【CASE4】朝から手作りふっくらパン⇔時間、簡単、親子丼!

妻:S.Y.さん 夫:R.Y.さん の食卓

がんばる日4
手抜きな日4

写真1枚目【かんばる日】
休みの日は朝からパンを仕込んで、蒸しパン・ベーグルを手作り! 他メニューも1時間ほどかけて作るそう。

写真2枚目【手抜きな日】
15分ほどで完成!な親子丼となめこ汁。テーブルコーデ次第で手抜きに見えない、という発見が。

調理時間が短いのに、見た目のきちんと感は変わらない……!

夫婦4

「キャベツとレタスを買い間違えた」という伝説もあるほど、料理は苦手だったS.Y.さん。結婚前に自分磨きとして通い始めた料理教室のおかげで、今では友人を招いてホームパーティを開くほど上達。「料理がストレス発散になる」という妻のS.Y.さんが料理担当。
共働きのため、「今日は面倒だな」なんて日には、無理に手作りせず、彼と一緒に外食して帰ることも多いそう。「だからこそ家で食べるときは魚と野菜を中心に、を心掛けています」

【番外編】じっくり煮込んだビーフシチュー⇔パックそのまま寿司

新婚の食卓を見ると「あれ、みんな手抜きな日も、それなりに手をかけているのでは……!?」
いえいえ、結婚5年目となる編集部Mは、もっと手を抜いているらしい。

結婚5年目 編集部Mの食卓

ビーフシチュー
パックまま寿司

写真1枚目【かんばる日】
じっくりコトコト煮込んだビーフシチューはスプーンで切れるほど柔らかく。

写真2枚目【手抜きな日】
スーパーで購入したメインの寿司は、パックのまま食卓へ。ビールだって缶のまま。
「お皿? グラス? そんなの洗いものが増えるだけです(笑)」

さすがです、先輩。ここまで“手抜き”だと、むしろ気持ちいい!

From 編集部

毎日頑張り過ぎなくたっていい

結婚したばかりだと、ついつい晩ごはん作りを頑張り過ぎちゃう人もいるのでは。
疲れていたり、時間がなかったり、もちろん気分が乗らない日だってあるのは当たり前。手を抜く日があったっていい。ONとOFFのバランスをうまくとってくださいね。
ふたりで食卓を囲んで過ごす時間こそが、大切なんですから!

構成・文/小森理恵(編集部)
※掲載されている情報は2015年12月時点のものです
※記事内のコメントならびに写真は2015年10月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー86人が回答したアンケートによるものです

  • 新婚生活
  • 新婚生活始めたて
  • 花嫁実例
  • 感謝
  • アットホーム感
  • 安心したい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop