ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. 百聞は一見にしかず! 会場見学に行ってみて分かったこと
結婚式スタイル
Share on>

百聞は一見にしかず! 会場見学に行ってみて分かったこと

本やネットで気になる結婚式会場が見つかったら、次はどうしますか? いろいろな条件で絞り込む前に、まずは見学に行ってみることをオススメします。なぜなら会場見学には「行ってみなきゃ分からなかった!」ことが付きものだから。ここでは先輩カップルの「行ってみなきゃ分からなかった!」証言から、会場見学のポイントを伝授します!

先輩花嫁の「行ってみなきゃ分からなかった!」率は約90%!

【会場見学に行ったきっかけは何でしたか?】

本やネットで見た写真が素敵だったから 29%
アクセスが良かったから 21%
試食会付きのフェアを実施していたから 18%
以前から気になっていたから 16%
試食以外の気になるフェアを実施していたから 8%
その他 8%

会場見学に行くきっかけはさまざま。約3割のカップルが写真を基に見学に行く会場を選んだと答えています。まずはいろいろな情報から少しでも「いいな」と思った会場をリストアップしてみて。


【会場見学に行ってみて、いい意味でも悪い意味でも「行ってみなきゃ分からなかった!」と思ったことはありましたか?】

あった 89%
なかった 11%

なんと、約9割の先輩花嫁が会場見学に行かないと分からなかったことがあったと回答。そう、会場探しは実際に自分の目で見てみないと分からないことがたくさん!
では実際にどんなところが「行ってみなきゃ分からなかった!」のか具体的に見てみましょう。

【アクセス】の「行ってみなきゃ分からなかった!」

教会とバス

「駅からは徒歩で近かったけど、電車を降りて駅を出るまでに時間がかかりました」(ありかさん)

「最寄りの駅から徒歩○分という記述があって駅から近いかと思っても、駅自体が広くて迷子になりそうだったり、道順が分かりにくかったりして、『アクセスがいい』とは思えないことがありました」(ゆかりさん)

「駅からは近かったけどその道のりが坂だったので、年配のゲストやヒールを履いて参加する女性ゲストには厳しいかなと思ってしまいました」(asakaさん)

「最寄りの駅からは少し距離がありましたが、ゲスト一人一人を、駅から会場まで送迎してくれるサービスがあることが分かって安心しました」(saoさん)

<check!>
本やネットには最寄りの駅からの時間しか記載されていない場合がほとんど。初めて訪れるゲストが迷わないか、どんな道のりなのかは自分の足で事前に確認することが大切。もし、駅から出るまでに時間がかかったり、複雑な道のりだったりする会場を選ぶなら、自分が実際に歩いた情報を基にゲストにご案内をするのがベター。

【挙式会場】の「行ってみなきゃ分からなかった!」

チャペル内部

「実はパンフレットを見た限りではあんまりピンと来なかったのですが、実際見てみると光の入り具合や厳かな雰囲気が伝わってきてひと目ぼれ!」(ゆかちさん)

「チャペルの入り口にある非常口マークが目立つという口コミがあって心配でしたが、私たちはあまり気にならず、むしろチャペルの雰囲気が素敵でここのバージンロードを歩きたいと思いました」(ellieさん)

「写真で見るチャペルは広そうに見えたのですが、実際に行くと思ったよりも天井が低く、狭く感じました」(ちゃんさん)

<check!>
会場のパンフレットやネットに載っている写真は、会場側がお勧めしたい最高の状態で撮影されたものがほとんど。実際の広さや雰囲気はその場に立ってみないと分からない。ステンドグラスや大きな窓がある挙式会場なら、時間帯ごとの光の入り方によって雰囲気はガラッと変わるから、そこも意識して見てみて。

【披露宴会場】の行ってみなきゃ分からなかった!

披露宴会場

「プリンセスラインのドレスを着たいと思っていたので、ゲスト卓の間を歩いても椅子などに引っかからない十分なスペースが取れることが分かって良かったです」(由美子さん)

「写真ではきれいだったのですが、いざ行ってみると会場内に大きな柱があり、新郎新婦が見えない席がありました」(ありかさん)

「パンフレットやネットで見るような豪華な装飾がない状態の会場を見ると、写真で見ていた時とだいぶ印象が変わりました」(黒うさぎさん)

「披露宴会場から一歩外に出ると隣のマンションのベランダが丸見えで、急に日常に引き戻されてしまいました」(華子さん)

「海の目の前にある会場なのに、せっかくの海が会場から見えず、残念でした」(ゆんさん)

<check!>
案内に「○人まで収容可能」と書かれていても、その人数ギリギリでは会場が窮屈に感じてしまうことも。希望人数や希望する演出を考えながら広さを確認して。また、窓からの景色は実際に現地に行かないと確認できないことがほとんどだけど、ここも披露宴の雰囲気を左右する重要なポイントになるので、忘れずに確認を。

【付帯施設】の行ってみなきゃ分からなかった!

きれいなトイレ

「授乳したいゲストのために、控室を多めに準備してもらえると聞けたのが良かったです」(さきさん)

「ブライズルームとブライダルサロンの清潔さに感動! 当日まで気持ちよく過ごせるのはここだと思いました」(真奈さん)

「駐車場が広く、車で来るゲストにも対応しやすいことがわかりました」(nattsuさん)

「庭が広くて自然に囲まれている静かな雰囲気を感じられて良いと思った。トイレなども清潔感があることが行ってみることでわかりました」(さきさん)

「式がかぶるとゲストの動線がどうしても交じってしまう会場もありました。ゲストが迷ったり、雰囲気が壊れたりしてしまうのではないかと思い、実際に行ってみて動線を確認することが大切だなと思いました」(ちゃんさん)

<check!>
ふたりがお仕度をするブライズルームや、ゲストのための控室、トイレなど、挙式・披露宴会場以外にもチェックすべき場所はたくさん。その日一日をゆったりとくつろげるかは、意外とこの付帯施設の印象が大事なんです。ゲストが利用する施設はゲストの目線になって確認をして。

【その他】の行ってみなきゃ分からなかった!

肉料理

「料理は決まったコースからで選ぶものと思っていましたが、実際にはコースの中にも選択できる品目があるものもあり、ゲストにも自分たちが気に入った料理を食べてもらえるのは嬉しいと思いました」(ちゃんさん)

「予算的に厳しいかと思っていた会場でも、実際に話を聞いてみると意外とできるかもしれないということが分かりました」(MTさん)

「披露宴でのテーマは決まっていましたが、実際に見学に行って話を聞くと思った以上に自分たちの希望が叶えられることが分かりました」(典子さん)

「会場すべてのスタッフさんの感じがとても良く、これなら安心してゲストをお迎えできるということが感じられて良かったです」(nattsuさん)

「試食会で冷めたお料理が出てきた式場は、そういうサービスを当日もされるかもと不安になりました」(日月さん)

<check!>
料理やスタッフも実際に行ってみなくては分からないポイント。特におもてなしの部分に関わってくるから、ふたりの大切なゲストをおもてなしするのにふさわしい会場なのかをよく見てみて。少し予算的に厳しいかな?と思ったり、案内にない演出を希望していたりする場合も、実際に会場で確認すると相談に乗ってくれることも。

From 編集部

気になる会場があったらまずは足を運んで!

会場探しはふたりの結婚式準備の第一歩。選んだ会場によって、どんな結婚式になるかが決まるといっても過言ではありません。だからこそ、本やパンフレット、ネットの情報だけでなく、実際に行って雰囲気やその場の空気を感じることがとても大切。洋服を買うときにも試着をすると印象が変わることがあるように、会場も実際にその場に立ってみないと分からないことがたくさんあるから、妥協せずにどんどん足を運ぶことをオススメします。

構成・文/小田真穂(編集部)
※掲載されている情報は2015年12月時点のものです
※記事内のデータおよびコメントは2015年11月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー94人が回答したアンケートによります

  • 挙式
  • 挙式1年前
  • 挙式・披露宴
  • 結婚式場検討期
  • もてなし
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop