ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ペーパーアイテム(招待状・席次表)
  5. ゲストが嬉しい招待状は「見た目」と「気配り」で決まり!
お金・常識
Share on>

ゲストが嬉しい招待状は「見た目」と「気配り」で決まり!

皆さんが今までもらって嬉しかった招待状ってどんなものですか? 「どれも似ていて、それが誰からのものだったのか今イチよく覚えていない」という人も少なくないのでは? 大切なのは「見た目」と「気配り」。印象に残るデザインや美しい宛名の文字、さらには温かみあふれる直筆のコメントなど、ちょっとした工夫やこだわりで、招待状がゲストの心に残るアイテムに。今回はそんなすてきな招待状についてご紹介します。

【見た目編】

パッと見の印象が期待を盛り上げる

見た目が美しい招待状

まずはゲストがすてきだなと感じた「招待状の見た目」について語ってもらいました。その結果、見えてきたポイントは以下の5つ。皆さんも「ああ、なるほど!」と共感するのでは?

<字がきれいだった>
宛名の文字が美しいと、それだけで丁寧な印象を与えることができます。印刷も増えていますが、手書きのきれいな文字(または字のうまい・下手にかかわらず丁寧に書かれた文字)は総じて受けがいいようです。

★直筆で書かれた宛名の文字がとてもきれい。印刷が多い中、きちんとしているなという印象を受けました。(32歳女性/栃木県)

<手作りでしかもおしゃれ>
おしゃれな招待状はパッと目を引き、印象に残りやすいもの。中でもふたりらしさや温かみを感じさせるものが人気でした。

★ふたりのイニシャルがロゴであしらってある招待状。おしゃれでした。(28歳女性/山形県)

<豪華で特別感がある>
受け取った瞬間、結婚式への期待が高まるような招待状だとゲストもワクワク。ウエディングらしい切手や当日につながる仕掛け、ふたりのテーマなど、「特別感」を与えるポイントはさまざま。

★招待状を見ただけで式のテーマや雰囲気が想像でき、当日が楽しみになりました。(28歳女性/埼玉県)
★桜や紅葉をモチーフにした、季節感あふれる招待状が印象に残っています。(31歳女性/福岡県)

<デザインが凝っている>
立体的なデザインや型にはまらないフォルムなども印象に残りやすいもの。航空券やコンサートのチケットを模したものなど、ふたりの仕事やこだわりにつながるデザインも楽しいですね。

★ふたりの写真がちりばめられたミニアルバムのような招待状が良かった。(29歳男性/新潟県)

<上品で素材の良さが分かるもの>
フォーマルなデザインや上質の紙の招待状なら、「大切な場所にお招きされるんだな」とあらためて実感。ビジューを使ったものや光沢感のある素材も人気です。

★洋風の招待状が多い中、和紙の招待状はいい意味でインパクトあり。(30歳女性/岐阜県)

【気配り編】

一人一人への思いに胸が熱くなる

サンキューカード

印象に残る招待状はいろいろあるけれど、「○○さんからもらった招待状が嬉しかった」と記憶に残るものはやはり中身。ゲストの皆さんはどんな気配りを嬉しく感じたのでしょうか? 寄せられた声を分析すると、以下のポイントが浮かび上がってきました。

<温かみや優しさを感じる>
その人個人に宛てたメッセージが添えてあると、「歓迎されているんだな」とゲストは嬉しい気持ちに。ほんのひと言でもグッと印象は変わります。

★直筆のメッセージに温かい気配りを感じました。(45歳女性/山形県)
★「妊娠中で移動が大変だと思うけどぜひ来てね」と招待状に体調を気遣うひと言が。嬉しかった。(28歳女性/兵庫県)

<親切さ・丁寧さが伝わる>
遠くから来る人や高齢者、妊婦さん、小さい子どものいる人など、ゲストの中には特別な気遣いが必要な人も。「安心して出席してもらえる配慮」を招待状に盛り込んで。

★会場近くにある美容室の案内のほか、お勧めホテルのリストが入っていて助かりました。(33歳女性/愛知県)
★返信はがきに食べられない食材を尋ねる欄が。食事療法をしているので助かりました。(35歳女性/京都府)

<ワクワクする>
挙式・披露宴につながる仕掛けや、式の前後も楽しめるような案内が招待状に同封されているとゲストもワクワク。当日への期待も高まりそうです。

★周辺の観光スポット入りのマップが同封されていて楽しかった。(27歳女性/埼玉県)
★出会いから現在までの ロードムービーがサイトアクセスで見られるアドレス付き。ワクワクした。(41歳男性/神奈川県)

招待状、こんな気配りが嬉しかった

ほかにも嬉しいポイントはいろいろあるようです。もし自分がゲストなら、こんな気配りをされるとやっぱりジーンときますよね。

・直筆のメッセージが同封されていた
・アレルギーの有無や苦手な食材を記入できる欄があった
・会場までの分かりやすいMAPが同封されていた
・美容室の案内MAPが同封されていた
・シャトルバスの案内やタクシーチケットが同封されていた
・一人一人を気遣うコメント(妊婦さんなどへ)が添えられていた

ご招待できない人への「角の立たないトーク集」

式に招待できない場合、めったに会わない人ならサラリと結婚報告はがきを送っておけばいいけれど、職場関係者など日ごろ顔を合わせる間柄の人にはどう伝える? 「自分がその立場だったら?」とゲストの意見を聞いてみました。

<こんなトークやシチュエーションなら納得!>
●「ささやかですが二次会を致しますので、ふたりの新しい門出を皆さまに見守っていただきたくご案内いたします。よろしければぜひご参加ください」。二次会にきちんと呼んでもらえると安心します。(25歳女性/岐阜県)

●「会社や親族を優先的に呼ばなければならず、人数の都合で友達はあまり呼べなかった」や「結婚式は親族が大半なの。友人は二次会にたくさん招いてるよ」だとすんなり納得。(27歳女性/香川県)

From 編集部

ご招待シーンからすでに始まっている結婚式

招待状を受け取ったときから結婚式が始まっているといっても過言ではありません。手にした瞬間に感じる華やかさや、中身に込められたふたりの温かい心遣い。そこにゲストはグッときて当日が待ち遠しくなるんです。「見た目」と「気配り」にこだわった招待状を皆さんもぜひ用意してくださいね。

構成・文/南 慈子
※掲載されている情報は2015年12月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは、2015年11月に全国の男女206人が回答したマクロミル調査によるものです

  • 挙式半年前
  • 結婚準備全体
  • アイテム検討期
  • きちんとしている
  • 細やかな気遣い
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop