ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 保険・家計全般
  5. 高橋 愛さんに教わる「花嫁スマイル」のヒケツとは?
お金・常識
Share on>

高橋 愛さんに教わる「花嫁スマイル」のヒケツとは?

幸せムードいっぱいのセレモニーのはずが、準備が進み当日が近づくにつれ憂鬱な気分に。大勢に注目されるという緊張感や不安を抱える花嫁さんも少なくありません。
ということで、大勢のファンを前に舞台に立っていた元アイドルで、現在はモデル・女優と幅広く活躍中の高橋 愛さんにインタビュー。大勢のゲストの前で素敵なスマイルでいられるその秘訣を、教えていただきました!

【ゲストが花嫁に求めるのはHAPPYな笑顔だけなんです!】

「式当日の花嫁のおもてなしを見て素晴らしいと思ったことはありますか?」と結婚式に列席経験のある幅広い世代にアンケート調査をしたところ、「ある」と答えたのは71%。そのエピソードで、1番多かった意見が「花嫁の笑顔が素晴らしかった」でした。花嫁の幸せいっぱいの笑顔があれば、ゲストも自然と満足笑顔に。普段の花嫁らしいナチュラルスマイルが、好感を呼ぶようです。

【Guest’s Voice】

花嫁イラスト

「笑顔で周りにも気を使って、全員ときちんと話していたこと」(29歳・愛知県)

花嫁イラスト

「笑顔が絶えない」(39歳・福岡県)

花嫁イラスト

「とにかく笑顔を絶やさない。思いっ切りくしゃっと笑う新婦にみんなが幸せを分けてもらったと思う」(24歳・東京都)

真似したい度100% 
高橋 愛さんに聞く「笑顔」の秘訣は?

答えは客観的な“もう一人の自分“に突っ込ませること!

高橋 愛さん写真入ります。

「お芝居のときなどは、とにかく緊張を声にして吐き出してます。『うわーーーー! 緊張するーーー!』、『どうしようー!』って舞台裏では大声をあげながらソワソワと動いています。声を出すことで、こわばっていた顔や体がほぐれて緊張が和らぐのでおススメです。もちろん会場に聞こえないくらいのボリュームにしてください(笑)。
 緊張したときには、彼や友人の顔を見るのも良案かもしれないですね。新郎新婦が顔を見合わせているシーンって幸せそうでとっても好きなんです。アイコンタクトするだけで、リラックスしたいい花嫁の笑顔が自然に込み上げてくると思うんです。
あとは、『うわ、緊張してるな……』、『もう少し笑顔!』とか、もうひとりの“冷静な私“と会話を楽しむことでしょうか。緊張しても、少しくらい挨拶を間違えても、幸せな結婚式だから許されるはず。ゲストも温かい気持ちで迎えてくれるはずです。」

高橋 愛さんに質問!「ご自身の結婚式はどうでした?」

写真が入ります

「アットホームな式にしたかったので、挙式はのんびりとした時間が流れるハワイのローカルな教会で。親孝行をかねて両親をハワイに招待しました。」
2014年にお笑い芸人のあべこうじさんと、家族と友人を招いたアットホームなハワイ挙式と、帰国後に仕事の関係者を招いた結婚パーティを開催した高橋愛さん。

職業柄、舞台や撮影など大勢の人前に出ることが多い高橋さんですが、結婚式での緊張はなかったですか?

「結婚式はミュージカルやお芝居で人前に立つ経験があったので平気だと思っていたんですが、本番はやっぱり違いましたね! お父さんと歩くのなんて一生に一度じゃないですか。お父さんも緊張しているのが伝わってくるし、私も大緊張で。『うわっ 私、すごい緊張してるー!』って、客観的なもうひとりの私が、緊張でテンパる私につっこみを入れていました(笑)。味わったことのない不思議な緊張感でしたね。
それと同時に『ついに結婚するんだなぁ』という実感も湧いてきて。もう幸せと充実感に包まれて……リハーサルで泣いちゃったんです(笑)。
帰国後の結婚パーティは、ギリギリまで準備に徹していたこともあり、緊張する間もなかったというのがホンネですが、あべさんと『居酒屋』をデュエットしながら登場するというおもしろムードには助けられたのかもしれないです。結婚式はとにかく本当に楽しかったので、もう一度、いや何度でも開きたいくらい。」

会場やイベントなど何よりも先に決まったのが、このフラワードレス。三浦大地さんデザインのものでひとめボレでした。

高橋 愛さんから花嫁さんへメッセージ

「『緊張しないように』というよりは、とにかく『緊張を楽しむ』ことだと思います! 緊張しない人なんていないから大丈夫。もし緊張して顔がこわばったとしても、それがまた素敵な思い出になるんですよ。
結婚式って花嫁が1番輝くときじゃないですか。キレイなドレスを着て、キレイになるための少しの努力をして、あとは笑顔があればそれで充分。人生の中でも大切な一日。ゲストへの感謝の心を忘れずあなたらしく思いきり楽しんでください。」

From 編集部

「ゲストを喜ばせる花嫁の笑顔」って自分らしくいることだった!

人前に出る緊張からか、どうしてもおすまし顔やキメ顔になってしまう結婚式。高橋愛さんから学んだのは、あまり“自分を素敵に見せよう”と意気込まないこと。「いつもの私で結婚式を楽しもう!」「緊張したっていいじゃない」そんな心持ちで結婚式に挑めば、緊張感が和らぎ、ゲストが望んでいる「花嫁の自然体の笑顔」が込み上げてくるはず。大切な人に囲まれた結婚式は、あなたらしいスマイルで楽しんでみてください!

写真入ります
Profile

高橋 愛さん 女優・モデル

1986年9月14日福井県生まれ。モーニング娘。OGで、コーディネートアプリWEAR、アメブロ「I am Ai」、Instagram「i_am_takahashi」の私服センスが話題となり、モデルとしても活躍の幅を広げる。初主演映画『カラアゲ☆USA』のDVDも人気。

取材・文/根本美緒、小林有希 構成/小林有希(編集部)
※掲載されている情報は2015年12月時点のものです。
※記事内の数値は、2015年11月にマクロミルで実施したアンケート回答によるものです。

  • 挙式
  • 挙式・披露宴
  • 式直前1カ月前
  • 常識・マナー
  • 人間関係
  • きちんとしている
  • もてなし
  • 感謝
Share on>

pagetop