ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 個性派ウエディング(キャンプ場ウエディング、ナイトウエディング、ヲタ婚etc.)
  5. 友だち30人と作った、オリジナルすぎる野外ウエディング
結婚式スタイル
Share on>

友だち30人と作った、オリジナルすぎる野外ウエディング

地面に寝転ぶゲスト

会場に、内容に、形式にとらわれない自由なスタイルの結婚式が徐々に増えています。今回は、そんな完全オリジナルな結婚式を、総勢30人の友だちと手作りしたカップルの野外での結婚式をご紹介。
友だちとの深い友情で叶えた、オールハンドメイドのハッピーすぎる結婚式の準備から式当日までをレポートします!

はじまりはふたりが主催する運動会から

運動会での写真

「芝生のあるキャンプ場で自由な結婚式がしたい」と、会場探しでキャンプ場をあたっていたアクティブ派の弘樹さん&南菜さんカップルが見つけたのは伊豆大島にあるキャンプ場。希望条件ともぴったり、その上結婚のきっかけともなった「砂漠」が日本で唯一存在する島と知り、実際に足を運び気に入ったふたりは「これは縁」とそこで挙げることを決定した。

次に望んだのが「結婚式を手作りしたい」ということ。ふたりは年に一度主催している廃校での運動会に、いっしょに結婚式を作ってもらいたい友だちを招待。その場でプレゼンし無事全員からOKを得て、友だちとの手作り結婚式は動き出した。

メンバーは8つのチームに分けて運営

最終的に総勢30人となった運営メンバーは、それぞれが普段の仕事などで発揮している得意分野を軸にチーム分け。式に向けてチームごとに準備をスタートさせた。

[チーム構成]
■プロジェクトマネージャチーム2人
■コンテンツチーム5人
■司会チーム2人
■フードチーム7人
■デザインチーム5人
■移動&宿泊チーム2人
■音響チーム2人
■前日お助けチーム4人

装飾や必要な物は材料を集めてイチから手作りも!

作業をする男性
竹取りをする男性
竹割り風景

会場を飾るガーランドはリレー方式で制作。デザインチームが仕様決定と購入を担当した布を、新郎新婦と挙式チーム、デザインチーム合同で布を切り出し(約600枚)。ミシンを持つ花婿同僚が切り出した布を縫い付け、コンテンツチーム、デザインチームが合同でロゴを印刷。デザインチームを中心にひも通し、飾り付けした。

プログラムとして用意したそうめん流し用の竹も準備。栃木県にあるメンバー宅の裏山に、フードチームメンバー2人と新郎新婦で竹取りに。竹割り、下準備をして、後日会場まで郵送した。

[写真1枚目]一枚一枚手作りされたガーランド

[写真2、3枚目]竹取り、竹割り作業中の様子。この後一度新郎新婦宅に持ち帰ったものの、湿気でダメになってしまったため、後日また取りに行ったそう

前日入りして、式直前までチーム一丸となって会場準備

スピーカーの点検をする人たち
打ち合わせ
バスに乗り込む人たち

運営メンバーは式前日から会場入り。式直前までチームごとの担当分野の準備を整えていった。

[写真1枚目]音響チームは用意した機材の確認、マイクチェックなどを

[写真2枚目]前日、全体ミーティングで作業の確認

[写真3枚目]朝5時着、ゲストが乗ったフェリーをお出迎えする移動&宿泊チーム。約140人のゲストを迎えた結婚式。会場への移動には大型の貸し切りバスを準備

レタスの入った鍋を持つ女性
打ち合わせをする女性たち
新郎新婦

[写真1枚目]ランチのタコライス用としてフードチームが準備したレタスの山。この量を洗って切って盛り付けます

[写真2枚目]現地での準備は時にはチームの垣根を超えて

[写真3枚目]式当日、準備の合間に友だちに囲まれて幸せいっぱいの挙式リハーサルも

いよいよ当日。オールハンドメイド、友だちと作った結婚式のはじまり!

踊る女性たち
人前式
指輪交換

メンバーの手によって準備の整えられた会場に、フェリーや高速船で到着後、思い思いに島を楽しんだゲストが続々と到着。正午過ぎ、弘樹さん、南菜さんの結婚式がついにスタートした!

[写真1枚目]新郎新婦入場前に、司会チームが「挙式入場ダンス」を披露。お揃いのTシャツ、サングラスでキメた他メンバーとともに会場を盛り上げます!

[写真2枚目]人前式スタイルを取った今回の結婚式。ふたりの後ろに、運営メンバーがずらりと並んで式を見守ります

[写真3枚目]ブーケを持ったり、リングボーイを務めたりと、司会チーム以外のメンバーも式をサポート

楽しいプログラムが盛りだくさんのアウトドアパーティ!

配膳をするスタッフ
そうめん流し
地面に横たわる女性たち

運営メンバー考案のさまざまなアウトドアならではのプログラムやイベントが用意されたふたりの式。運営メンバーもゲストといっしょに楽しみながら式を進めます。

[写真1枚目]ランチのタコライスは、ゲストがお皿を持って移動することで出来上がっていくスタイル。配膳には運営メンバー以外のゲストもお手伝い

[写真2枚目]フードチームと新郎新婦が調達した竹でのそうめん流し。賑やかなプログラムに運営メンバーも思わず笑顔!

[写真3枚目]自然の中でのリラックス感漂う結婚式。食事を満喫したゲストは次々と地面にゴロリ

式の目玉、コンテンツチーム渾身の冒険プログラム!

ゲストをアテンドする男性
写真を見る人々
ジャンプする人たち

トレッキングとフォトギャラリーがいっしょになった、コンテンツチーム渾身の冒険プログラム「プロフィールビデオ風フォトトレッキング」。
新郎新婦とメンバー数人は、7月と8月に計3回、下見のため現地に。コンテンツチームはこの下見の際に、トレッキングコースの距離を測定するなど準備を整えていた。

[写真1枚目]メンバーのアテンドではじまった冒険コンテンツ

[写真2枚目]コースには運営メンバーが飾りつけたふたりの写真が。主要箇所では運営メンバーが写真の解説も

[写真3枚目]トレッキングの途中地点には海! 大はしゃぎするゲストの姿に、これまでの努力が報われたと目頭を熱くしたメンバーがいたとかいないとか

夕食、夜のプログラムでもメンバーの作業は続きます! 宿泊はテントで

食材の準備をする人たち
コンロに火を入れる人
キャンプファイヤーに添加する新郎新婦

ゲスト全員がキャンプでテント泊という、1泊2日に渡ったふたりの結婚式。日が暮れてからも、夕食の準備・提供に夜のプログラム運営とメンバーは動き続けます!

[写真1枚目]夕食は名付けて「まるごとBBQ」。トレーに丸ごと載せられた野菜はゲスト自らがカット、調理していただきます!

[写真2枚目]ゲストが集合後すぐ調理できるよう、バーベキューコンロに火を入れてスタンバイ

[写真3枚目]夜プログラムの目玉、キャンプファイヤーの点火も、新郎新婦の隣で運営メンバーがしっかりサポート

結婚式を終えて:プロジェクトマネージャチームまもりさん、新婦・南菜さん

新郎新婦を囲むゲスト

まもりさん……
「それぞれ仕事のやり方も、生活時間も違い、顔を合わせたことのないメンバーもいる中、仕事の合間を縫って準備を進めていくのは想像以上に大変でした。前日には、3カ月掛けて詰めてきた進行、コンテンツ、スケジュールが都合により白紙に戻るというハプニングも。
しかしふたりやご家族・ご親族、ゲストが全員この上ない笑顔で楽しんでいる姿には、メンバー全員が報われたと感じたと思います」

南菜さん……
「友だちとイチから手作りする結婚式は、予想していた以上に大変でしたが、間違いなく人生で一番幸せな時間になりました。
パートナーはもちろん、大切な友だちと一つのものを全力で作り上げるこんな経験はなかなかできないことだと思いますし、絆を深められたなと実感しています」

弘樹さん、南菜さん結婚式プロフィール

新郎:弘樹さん
新婦:南菜さん
挙式日:2015年9月22日・23日
挙式会場:伊豆大島・海のふるさと村キャンプ場
ゲスト人数:約140人
スケジュール:
12:30 挙式
13:00 タコライスランチ
15:00 プロフィールビデオ風フォトトレッキング
18:00 バーベキューディナー
20:00 キャンプファイヤー

From 編集部

友だちと力を合わせて結婚式を作り上げることで深まった友情の絆

「日常生活では感じることのできない感情を、大切な人と共有し合えたことはとても幸せなことでした」とは南菜さん。
一生に一度の結婚式。今回のカップルのような、ここまで大掛かりなことはできなかったとしても大切な友だちにお手伝いをお願いしてみたり、いっしょに何かを手作りしてみませんか。そうすることで、よりふたりらしいオリジナリティのある結婚式に、また友だちとの友情の絆を深めるきっかけになるかもしれませんよ。

撮影/齋藤海月 構成・文/松隈草子(編集部)
※掲載されている情報は2015年11月時点のものです

  • 式イメージ収集期
  • 花嫁実例
  • スタイル提案
  • 先進的
  • ワイワイ
  • テンションあげたい
  • 人前式
Share on>

pagetop