ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. フリーのウエディングプランナーに頼むとイイこと4
結婚式スタイル
Share on>

フリーのウエディングプランナーに頼むとイイこと4

ウエディングプランナーには会場の担当者の他に、フリーランスで活動している人も。でもフリーランスのメリットって? そこで、今回はフリーのウエディングプランナーをしている福田早穂さんと、荒井さやかさんのお二人の話を交えて、フリーならではのイイことを紹介します!

フリープランナーは花嫁をまるっとサポート

フリーのウエディングプランナーは特定の会場に所属せず、独立した立場でパーティを作り上げる、結婚式の専門家。海外ではまずフリープランナーに依頼し、面談しながら会場やパーティの中身を決めていく。日本では会場決定後でも依頼は可能。総合プロデュースの場合、プランニング料は約20万~30万円が相場。プログラムの作成やアイテムの選定など一部を依頼する場合は内容によって金額設定が。最初の面談は無料で、相性を見極めてから契約できる。「私たちはふたりの弁護士のような存在。会場の担当者と協力して希望を最大限叶えるのが仕事です」(荒井さん)

【イイこと1】場所やプログラムの選択肢が広がる

船上ウエディング

結婚式会場以外で式をしたい場合や、人とは違った演出をしたい場合、フリープランナーはベストな協力者。会場との交渉から凝った演出の準備まで、一手に引き受けてくれる。面談しながらテーマを絞り込んでいくので、最初はあいまいでもOK。「彼が本好きと聞き、図書館を模したセッティングにしてBOOKウエディングに。また豪華なヨットを借りた船上パーティも好評でした」(福田さん)。「珍しい場所としては、キャンプ場での結婚式。自宅の庭で行う結婚式の依頼を受けたこともあります」(荒井さん)

クルーズウエディング後のパーティは、海のモチーフでコーディネート。天候不良で出航できない場合に備え、別パターンの進行も用意(福田さん提供)

【イイこと2】独自のネットワークを使ってアイテムをセレクトしてくれる

アイテム選び

イメージに合うアイテムが会場では手に入らない場合、フリープランナーの幅広いネットワークに頼るのも手。「ギフトだけ、ドレスだけのセレクト依頼も歓迎です。ウエディング向けとして流通していない物でも探せます」(福田さん)。「持ち込み料が掛かる場合は、ふたりにとって持ち込み料を払ってでも持ち込んだほうが良いか、別のアイデアで補えるかなど、カップルにとって一番良い形を探します」(荒井さん)

雑貨屋を周ったりインターネットで探して集めた装飾の数々。アンティークのはしごに札幌を代表する花、ライラックを飾って(荒井さん提供)

【イイこと3】得意分野を生かし、予算に見合う工夫を考えてくれる

お金

予算が限られている場合、フリープランナーなら予算内で希望が叶う会場を探したり、アイテムを見つける努力をしてくれる。会場との金額交渉や、独自のネットワークを駆使して仕入れることでリーズナブルになることも。「ふたりの希望を叶えることが仕事の目的なので、最大限アイデアを考え抜きます」(荒井さん)。「私は装花や空間装飾を自身で手掛けるので、その分の上乗せを抑えられます」(福田さん)

生花と造花をミックスしたテーブル装花。ペーパーアイテムやアートフラワーを組み合わせて、コストを抑えつつ華やかな雰囲気に(福田さん提供)

【イイこと4】結婚準備全般の精神的な支えになってくれる

悩み

フリープランナーは最初から式当日までふたりに寄り添ってくれるため、家族との意見の相違など、さまざまな相談ができるのが心強い。「式の準備はふたりが夫婦になっていく過程の時間。ナーバスになりがちな時もしっかり話を聞き、心身ともにサポートします」(荒井さん)。「ふたりが直接言いにくいことを伝える役目も引き受けます。専門知識を持つ者として、いつもふたりの味方に」(福田さん)

公園でのウエディングを叶えたカップルと。管理者の市役所との交渉が難航し、挫けそうなふたりを励ましながら当日にこぎつけた(荒井さん提供)

福田早穂さん

ニューヨーク、ロンドン、パリで空間デザインとフラワーデザインを学ぶ。帰国後1998年にフラワーショップを設立。海外で培った知識に国内でのウエディングの経験をプラスし、結婚式のトータルプランニングを展開。横浜市在住。

荒井さやかさん

5年間の結婚式場でのプランニング経験を活かし、2011年よりフリーランスに。これまで手掛けてきた結婚式は500組以上。「ふたりらしさ」を大切にし、参加者全員の心に残るオーダーメイドの結婚式を創作し続けている。札幌市在住。

From 編集部

結婚式に迷いのある人におススメ

これまでの結婚式がどれもピンと来ない、どんなスタイルがいいのか分からないなど、結婚式に迷いがあるカップルは、フリープランナーに会ってみては? その経験とアイデアがふたりを幸せに導いてくれるはず。

取材・文/稲垣幸子
取材・写真協力/福田早穂(株式会社ガーランドフェア)、荒井さやか(Coco style WEDDING)
※掲載されている情報は2015年11月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚式場検討期
  • ダンドリ
  • スタイル提案
  • 先進的
  • 自由
  • ふたりらしい
  • 安心したい
Share on>

pagetop