ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. デザイナー小杉麻希の手作りウエディングvol.08 ハンドメイドイニシャル
コラム・連載
Share on>

デザイナー小杉麻希の手作りウエディングvol.08 ハンドメイドイニシャル

センスの良いペーパーアイテムを発信するブランド「vanillawhite(ヴァニラホワイト)」のデザイナー小杉麻希さんが、ウエディングを素敵に彩るDIYを紹介する連載企画。分かりやすいHOW TO付きで思わず作りたくなるアイテムが満載です!

好きな布でハンドメイドイニシャル

完成したハンドメイドイニシャル

ロビーや受付にふたりのイニシャルを飾ったり、「LOVE」「SMILE」などの単語を作ってフォトプロップスにと、大きなアルファベットはウエディングの雰囲気作りに大活躍。厚紙に好きな布を貼るだけと、材料も作り方もとってもシンプル。どの布を使うか考えただけでわくわくしちゃう!

用意するもの

作りたい文字を原寸大で印刷した紙、好みの布、厚紙、カッター、木工用接着剤

<材料>
●作りたいアルファベットを原寸大で印刷した紙
(文字は太めがおすすめ)

●好みの布
(作りたいアルファベットより少し大きめのサイズで用意)

●厚紙
(厚さ2mmの「イラストボード」という厚紙が加工しやすくおすすめ)


<道具>
●カッター

●木工用接着剤

[1]厚紙をアルファベット状にカット

厚紙にアルファベットを印刷した紙を貼り、アルファベットの形に沿ってカッターで切り抜いている様子。

厚紙にアルファベットを印刷した紙をざっと貼り、アルファベットの形に沿ってカッターで厚紙ごと切り抜きます。

[2]厚紙に布を貼り付ける

アルファベットより二回りほど大きくカットした布に切り込みをいれ、厚紙に貼っている様子。

切り抜いた厚紙の表面に木工用接着剤を薄く塗って布を貼り(布がしわにならないよう貼るのがポイント)、アルファベットより二回りほど大きくカットします。布のカーブ部分に切り込みを入れ、しわにならないように貼り付けたら完成。

MAKI’S VOICE

コツはしわにならないように布をぴったり貼るだけ。直線が多いアルファベットほど作るのは簡単。カーブが多い場合は布に細かめに切り込みを入れると、きれいに貼れます。厚紙の代わりに段ボールを利用するときは一枚だと折れやすいので、2~3枚重ね貼りすると頑丈な作りに。完成した文字は紙製なので軽く、両面テープなどで壁にディスプレイすることもできます。さて、あなたならどう使う? ぜひウエディングを楽しんで♪

小杉麻希さんの顔写真
Profile

小杉麻希 「vanillawhite」主宰
http://vanillawhitework.blogspot.jp

自身のウエディングで実現できなかったアイテムの数々を未来の花嫁のために作りたいという思いで立ち上げた「vanillawhite(ヴァニラホワイト)」にて、2004年より招待状やウエルカムボードなどのデザインや、制作販売を開始。現在はウエディング広告、雑誌の撮影小物制作やロゴ制作なども手掛ける。皆の思いを一つにして、どんなウエディングにしようかと思いをはせる時間が大好き。

制作・文/小杉麻希 撮影/飯貝拓司 構成/磯部 彩
※掲載されている情報は2015年11月時点のものです。

  • 挙式1ヶ月前
  • 打ち合わせ開始期
  • スタイル提案
  • カジュアル
  • ふたりらしい
  • ハンドメイド
  • ウエルカム演出
Share on>

pagetop