ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエディングケーキ
  5. パティシエ本澤 聡 a tale of cake12「作品例:不思議な生物」
コラム・連載
Share on>

パティシエ本澤 聡 a tale of cake12「作品例:不思議な生物」

スイーツショップ「アニバーサリー」のパティシエがお届けする、おしゃれでおいしくて感動しちゃうウエディングケーキの話。
第12回目は、実際にオーダーを受けて作ったウエディングケーキをピックアップ。そこに込められた新郎新婦の希望や思いも併せてご紹介します。
今回は……何やら謎の生物らしきものが載った茶色のケーキ。そこには新郎新婦が日々取り組んでいる仕事への情熱が込められていました。

生物のふんをケーキに!? 常識離れのこだわり

実例1

ギザギザと鋭利な歯を持つ大きな頭。一方の赤いほうはエビ? 端のぐるぐるしたクリームは一体……謎めいた物体の数々から目が離せないケーキ。

実はこのオーダー主は、共に生物の研究者というおふたり。新郎はアナジャコという甲殻類とゴカイのふん、新婦は恐竜時代の爬虫(はちゅう)類と、専門もそれぞれマニアック。ふたりの思い入れのあるもので、特別なケーキを作りたいという思いを受け、その研究対象を象徴するようなデザインに仕上げました。

ふたりらしさの象徴にゲストもにっこり

実例2

ベースはモンブラン。長方形のケーキを栗のペースト入りのクリームで覆い、その上にブラックチョコと赤のプラチョコで生物を載せました。
何といってもインパクトがあるのはゴカイのふん。同じ栗のクリームで忠実に絞り出したそれは、一見ベースのケーキとなじんでいるようで、独特の存在感を放っていませんか。ちなみに披露宴では、お互いの研究内容をスライドで発表したのだそう。日々の仕事内容を知った上で味わうリアリティー満載のケーキは、ゲストの方からも面白いと大変好評だったようですよ。

アニバーサリーとしても、ふんをデコレーションしたのは初めての体験。一生に一度の思い出となるケーキ、このくらい思い切った再現もアリだなと思った印象深い作品です。

Profile

本澤 聡 ウエディングケーキを主体としたスイーツショップ「アニバーサリー」早稲田店パティシエ。2005年に入店。

ケーキ、引菓子、プチギフトなどの製作を手掛けるほか、青山店で開催するお菓子教室の講師も担当。デザイン性豊かな同店のケーキは、たびたびゼクシィ誌面のイメージビジュアルに登場し話題となっている。
http://www.anniversary-web.co.jp/

構成・文/伊藤佳代子
※掲載されている情報は2015年11月現在のものです

  • 打ち合わせ開始期
  • 遊び心のある
  • 個性的
  • 自由
  • フルオーダー
  • 洋菓子
Share on>

pagetop