ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.97『冬のウエディングに使いたいDIY席札』
コラム・連載
Share on>

[連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.97『冬のウエディングに使いたいDIY席札』

ウエディングデザイナー立原綾乃のオシャレで使えるWedding idea。
本日は、DIYレッスン『スノーフレイク席札』をご紹介します。

用意するもの

用意するもの

冬のウエディングに向けて、手作りアイテムの制作を頑張っている花嫁さまも多くいらっしゃると思います。
今日は、冬のウエディングにもぴったりなアイテムの作り方をご紹介します。
粉雪をちりばめたような、ギフト用のタグとしても使えるスノーフレイクデザインの席札です。
まず用意するものは、画用紙、席札のサイズにしたい丸いもの(瓶のフタなどでOK)、鉛筆、消しゴム、ハサミ、穴開けパンチ、柄の付いた紙、のり、麻ひもです。
柄の付いた紙は、雪の模様になる紙ですので、色はクリームやゴールドがオススメです。(写真は、クリーム地にゴールドの絵柄を選びました)

作り方

作り方
名前を書きましょう
穴あけパンチでスノーフレイクを作りましょう

1.はじめに、画用紙に席札サイズの型を当てて、鉛筆で円を描きます。(写真1枚目)
2.線の上をカットし、人数分の丸いカードを用意します。
3.ゲストの名前を書いていきましょう。
切り取った丸いカードの中に、ゲストの名前を手書きします。
ローマ字でも漢字でも、お好みに合わせて選んでください。(写真2枚目)
一度鉛筆で下書きをしてもOK!
水にぬれてもにじまない油性などのペンで仕上げるととても綺麗です。下書きをした場合はインクがしっかりと乾いた後に、消しゴムで消しましょう。

4.スノーフレイクを作ります。
柄の紙を穴開けパンチでランダムに開けて、粉雪をたくさん作ります。紙を何枚かに重ねるか、折り曲げると一度にたくさんできるので効率が良いですが、あまり厚くすると、カットするときに紙が曲がりやすいので注意してください。(写真3枚目)

5.スノーフレイクを貼付けていきます。
雪をちりばめたい場所に、のりをほんの少しだけつけて、その上にパンチで作った雪をちりばめていきます。ポイントはランダムな間隔で貼っていくことです。
のりやボンドは、出る口が細ければ細いほど使いやすいです。

仕上げに

仕上げに
完成!

席札タグが完成したら、穴を開けて麻ひもを通せば、完成!
小瓶やプチギフト、ワイングラスやカトラリーなど、テーブルの上に置くアイテムに結んだり、使い方は自由です。
ゲストの名前だけでなく、「THANK YOU」などのメッセージにしても良いですね。
今回は麻ひもを使いましたが、リボンでももちろん大丈夫!
台紙の紙を白でなく、色が入ったものにする場合は、穴開けパンチで作る雪用の紙は真っ白でもかまいません。
リボンの素材を変えるだけで、違った印象になると思いますので、あなたのウエディングにピッタリな材料を使って、ぜひお試しくださいね。

それでは、次回をお楽しみに!

立原綾乃
Profile

立原綾乃 TRUEwedding代表

「結婚式という時間そのものをデザインする」という新しい発想で、日本のウエディングデザイナー第一人者として活動。
特定の会場を持たず軽井沢・ハワイに特化したオリジナルのウエディングプロデュース「TRUEwedding」を手掛ける。
また結婚式準備をもっと楽しめるようにと、花嫁向けのワークショップ「花嫁アトリエ」をスタート。
抜群のセンスと経験を生かした仕事は、ウエディングにとどまらずライフスタイルにおいても多くの女性から人気を集め始めている。 
著書『立原綾乃の手作りウエディングBOOK』
公式サイト:atwd.ayanotachihara.com

取材・文/立原綾乃(ウエディングデザイナー)
※掲載されている情報は2015年11月時点のものです

  • 演出・アイテム
  • アイテム検討期
  • ガーリー
  • かわいい
  • ハンドメイド
Share on>

pagetop