ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. おしゃれで簡単♪ ゲスト写真の飾り方アイデア
演出アイテム等
Share on>

おしゃれで簡単♪ ゲスト写真の飾り方アイデア

タイトル画像

会場内やウエルカムスペースに飾る写真。せっかくだったら見ていて楽しいだけでなく、ゲスト同士が話すきっかけになる仕掛けを作ってみませんか? 今回は主役のふたりとゲストとの関係性が分かるディスプレイテクをご紹介。簡単でリーズナブルにできるものばかりだから、ぜひチャレンジしてみて。

カラフルな毛糸を使って作る★ゲスト相関図

カラフルな毛糸を使って作る★ゲスト相関図
カラフルな毛糸を使って作る★ゲスト相関図

新郎・新婦を中心にして、ドラマの相関図のように誰がどんな関係なのかがひと目で分かるディスプレイアイデア。材料も少なく簡単にできちゃうテクニックです。

材料)
ゲストの写真、毛糸、毛糸を留めるピン、木製クリップ、マスキングテープ

作り方)
1:毛糸とピンを使って、クモの巣のように少しずつ外側に広げて好きな形を作っていく
2:中心に花嫁・花婿の写真を置き、そこから関係する人の写真を相関図のようにクリップで順に留めていく。
3:写真が誰か分かるように「親」「姉・弟」「会社の同僚」などの属性と、名前をマスキングテープやシールに書いて貼っていく。

※制作の際は、壁に穴が開かないピンや、あとのつかない両面テープ、土台にコルクボードを使用するなど、作り方は色々あるので、どんなディスプレイにするかは会場に必ず確認を。

POINT:
ベースの毛糸を留めていく際、星やハートなどに形を整えながら作ると、見た目が可愛い相関図になるからおすすめ。

この人は誰?! めくって楽しい♪ ゲスト写真館

この人は誰?! めくって楽しい♪ゲスト写真館
この人は誰?! めくって楽しい♪ゲスト写真館

写真や名前のプレートをめくると、誰がどのゲストかが分かる楽しい飾り方。ウエイティングスペースに置いておくと、待ち時間も楽しいひとときになるはず。

材料)
ゲストの写真、麻の紐、木製クリップ、写真と同サイズの紙
作り方)
1:麻の紐を壁にくくりつける。
2:写真と同サイズの紙に、ゲストの名前や、出会った場所(●●高校○○部)等、想い出などを書き込む。
3:2を写真と一緒に木製クリップで挟む。

POINT:
来てくれたゲストからメッセージを書き込んでもらうと、さらに見ていて楽しいディスプレイに。

瓶のアルバムは、ころころ転がしながら見てね☆

ビン製のアルバムは、ころころ転がしながら見てね☆
ビン製のアルバムは、ころころ転がしながら見てね☆

家族、小学校の友達、やんちゃな時代の仲間、飲み友達、おけいこ事の仲間etc. グループごとにまとめて飾れるのが、瓶を使ったディスプレイ方法。ころころ転がしながらグループごとの雰囲気を見て楽しめるのが瓶のアルバムのポイント。

材料)
ゲストの写真、好きなデザインの透明な瓶、属性を記入するシール

作り方)
1:好きなデザインの瓶を数種類用意。リボンなどを用意して装飾しても可愛い。
2:「家族」「中学校の友達」「会社の仲間」など属性別に、瓶の側面に沿って外側から見やすいように詰めていく。
3:瓶の上に、属性が分かるプレートやシールなどを貼る。

POINT:
わざわざ瓶を用意しなくても、家にある大小のメイソンジャー使って作っても可愛く仕上がります。

ふたりとゲストの関係はつるして飾って年代順に

2人とゲストの関係はつるして飾って年代別に
2人とゲストの関係はつるして飾って年代別に
2人とゲストの関係はつるして飾って年代別に

数種類のリボンを使って簡単に可愛いく飾るワザ。生まれた時から今までのふたりとゲストの関係が分かるように、最初の1枚は生まれたての新生児の写真にすると分かりやすい。

材料)
ゲストの写真、太めの幅のリボン(幅5cm以上のものが貼りやすくてオススメ。新郎用・新婦用で少なくても2種類)

作り方)
1:どちらのディスプレイが、花嫁か花婿かが分かるように、あらかじめ花嫁(ブライズ)と花婿(グルーム)の台紙を作っておく。
2:両面テープを使い上から順番に、生まれた時から現在までの写真をリボンに貼り付けていく。
3:上からつるして飾る。

POINT:
★マスキングテープやシールを、ペンと一緒に置いておこう。メッセージや思い出のコメントを上から貼って書き込めるから、ゲストと共に盛り上がれる。

★新郎はグリーンやブルーの寒色系、新婦はピンクやオレンジ、イエローの暖色系と決めておくと、カラフルだけどまとまりのある空間に仕上がる。

年代で振り返る……ふたりとゲストの歩み

年代で振り返る……ふたりとゲストの歩み
年代で振り返る……ふたりとゲストの歩み

年表のように順を追って振り返られるのが年代を入れたディスプレイ方法。こんな時代もあったなぁ~なんて昔を振り返りつつ、ふたりがお互い歩んできた道と、出席ゲストとの関係をリンクさせられる。

材料)
ゲストの写真、麻のひも、カラフルクリップ、マスキングテープ、柄の台紙

作り方)
1:好きな柄の台紙にゲストの写真を貼る。
2:ふたりの年代のプレートを作る。(生まれた時から現在まで、5年刻みくらいであると◎)
3:麻のひもを壁にくくり付け、年代別にカラフルなクリップで挟んで並べていく。

POINT:
★昔の写真の横に、現在の写真を貼ってビフォー&アフターを見せてあげると会話も盛り上がる。

★写真と写真の間に、その時代に流行った懐かしのアイテムなどを挟み込んでも楽しい。

From 編集部

『他のゲストがどういう人かが分かると場の一体感もアップ!』

「あそこのテーブルのあの人って誰かな?」って気になるのはよくあること。でもこの写真の飾り方でゲストがどういう人かをあらかじめ紹介しておけば、事前に人となりが分かり「新婦と同じ部活だった●●さんですよね?」なんて話もしやすいはず。お互いの顔が分かると何だか会場に一体感も生まれるから、おすすめの演出です。

構成・文/滝 紀子 撮影/花盛友里 スタイリング/川島ゆき 写真協力/PIXTA
※掲載されている情報は2015年11月時点のものです

  • アイテム検討期
  • スタイル提案
  • もてなし
  • 細やかな気遣い
  • 意外性・驚き
  • ウエルカム演出
Share on>

pagetop