ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. パーティ前からテンションUP!な“会場外”演出
演出アイテム等
Share on>

パーティ前からテンションUP!な“会場外”演出

パウダールーム

意外にもゲストの印象に残りやすいのは、会場以外の演出って知ってた? 席に座り受け身の状態の披露宴や挙式とは違い、ウエルカムスペースなどでは自由に動き、伸び伸びと楽しむ余裕がある。この場所でゲストの心をつかむおもてなしをすれば、ステキな式を印象づけられるはず。

ふたりの気持ちじゅわっと伝わるBEST HIT演出ランキング!」を発表

「ありがとう」が伝わった演出 ベスト5

1位 ウエルカムスペースなどがきれいに飾られていた
2位 フラワーシャワーをした
3位 席札にふたりからの手書きメッセージが書いてあった
4位 ゲスト卓ごとに記念撮影した
5位 ブーケトスを受けた


「よろしくね」が伝わった演出 ベスト5

1位 ふたりがゲスト卓を回り挨拶や会話をした
2位 プロフィールビデオが上映された
3位 花嫁の手紙があった
4位 ふたりで考えた「誓いの言葉」で結婚を誓った
5位 ウエルカムスペースなどがきれいに飾られていた


「楽しんでね」が伝わった演出 ベスト5

1位 ウエルカムスペースなどがきれいに飾られていた
2位 会場コーディネートに統一感があった
3位 席札にふたりからの手書きメッセージが書いてあった
4位 フラワーシャワーをした
5位 ふたりがゲスト卓を回り挨拶や会話をした

*ランキングは『ゼクシィ』2015年12月号掲載の「Be Happyをお約束★ゲスト500人に大調査! ふたりの気持ちじゅわっと伝わるBEST HIT演出ランキング!」より抜粋

実は重要な“披露宴会場”外のスペースに注目!

ゼクシィの調査によると、気持ちが伝わる演出ランキングの上位に、ウエルカムスペースなどの演出がランクイン。じつは重要なこの場所で、先輩花嫁が実際に行ったステキな演出を見てみよう。

たくさんの写真を飾れば、受付後の待ち時間もあっという間

受付後の待ち時間にゲストが退屈しないようにと用意したのは、たくさんの写真。
ウエルカムスペースのテーブルには、ふたりの歴史と共に、ふたりの写真や両家の写真をおしゃれなフレームに入れて飾った。窓辺に貼ったのは前撮りの写真。シーンを追うように並べたら、スタイリッシュで見てるだけで楽しい気分に。腰掛けて見てもらおうとアルバムを置いたのは、ベンチ風コーナー。
楽しく写真を眺めるうちにふたりの式に参列する実感が湧き、期待感が高まっていった。(@wedding.5sさん 挙式地:大阪府)

ふたりのLOVEストーリー

↑アルバムは座れるコーナーに。気軽に手に取れるように、表紙にはFREEの文字と日付を手書きし、ハート形案内板も添えた

窓辺の前撮り写真

↑ふたりの写真、イニシャルオブジェ、ふたりの歴史をまとめたLOVE STORY、両家顔合わせの時の集合写真は、雑貨店のフォトフレームでしゃれた雰囲気を演出。

窓辺の前撮り写真

↑みんなに楽しく見てもらおうと、窓辺には前撮り写真をピンナップ。飾り方一つでこんなにステキに

ふたりの歴史やプロフィールをおしゃれに紹介すればステキな演出に

ふたりの紹介を兼ねてウエルカムスペースに置いたアイテムは、苦手なパソコンを使わず手書きで仕上げた。プロフィールシートは、クラフト紙に家族の紹介を温かみのある手書きで。くるくる丸めてひもで結んで立てて置くため、外側にも見える部分に文字を印刷し雰囲気づくりも。黒板にまとめたのはふたりの歴史。フリーハンドとは思えない見事な出来栄えが評判に。ゲストに感謝を伝えることを重視した式らしく、存在感のあるThank youオブジェも飾った。(まどかさん 挙式地:千葉県)

プロフィールシート

↑ふたりの歴史をつづったラブストーリー。たくさんある記念日を一つのボードに詰め込んだ

thank youオブジェ

↑プロフィールシートはクラフト紙と手書きの文字でムードある仕上がりに。くるくる丸めて置いたのもポイント

プロフィールシート

↑ウエルカムスペースでも感謝の気持ちをストレートに伝えようと、Thank youの文字をオブジェにして手作り

メッセージ入りのおしゃれな写真は自分宛てを探す時間も宝探し気分に

ゲストがワクワクする仕掛けがあれば、楽しく過ごしてもらえるはず。思いついたのは、ゲストとの思い出の写真に名前とメッセージを書き、通路に飾るアイデア。ゲストがトイレに行く際、自分宛ての写真を探して持ち帰ってもらう趣向だ。インスタントカメラ風の写真は、見た目もおしゃれ。自分の写真を探すのは宝探し気分でみんながワクワク。写真を見ながら一緒に過ごした懐かしい思い出を振り返る機会にもなり、うれしいサプライズプレゼントとして喜ばれた。(まいさん 挙式地:福岡県)

メッセージフォト

↑写真をインスタントカメラの写真風に印刷できるパソコン用フリーソフトで、写真用紙に印刷。一人一人へ手書きのメッセージを書き、トイレへ向かう通路にクリップ留めにして飾った。数枚残ったトイレに行かなかった人の分は、お見送りの時にプチギフトと一緒に手渡し

フォトフレーム

↑花嫁から女性ゲストへのメッセージ。自分宛てのメッセージ付き写真を探して、持ち帰っての言葉が。新郎の友人は写真が揃わないため、用意したのは花嫁の友人分だけ

マリー・アントワネットの世界感と心配りでトイレがおもてなし空間に

トイレに来たゲストを驚かせて、喜んでもらいたかった。そこで、式のテーマ、マリー・アントワネットの世界感をここにも取り入れようと、飾りとアメニティにもこだわった。用意したのは、ゲストの立場で考えて必要なアメニティ。しかも見た目もかわいいものを厳選し、種類も豊富に揃えた。ピンク色の花びらとキャンドルも飾り、かわいらしさをプラス。鏡には自分で考えたメッセージを書き、華やかに。細やかな心配りとしゃれた演出でステキなおもてなし空間に。(KCOさん 挙式地:東京都)

パウダールーム2

↑箱の中には、慣れないヒールでの靴擦れ用に絆創膏、秋の夜の式なのでカイロ、さらに綿棒と爪楊枝、口内洗浄液は衛生的な個包装と、ラグジュアリーホテルのようなアメニティが

パウダールーム

↑鏡に書いたメッセージ「Thank you for coming TODAY!!」は男女とも共通で、女性用の広い鏡には「Just Married」や挙式日とふたりのイニシャルも

スタイリッシュな黒板アートのブースで待ち時間からワクワク気分

ハワイ挙式でふたりの写真はたくさん撮影したので、お披露目パーティではゲストの写真を残したかった。そこでウエルカムスペースの中心にしたのが、フォトブース。海外サイトで見たステキな黒板アート風にしたくて、会場に相談。3枚をつなげた巨大な黒板に、デザイナーが描いてくれた。「こんなスゴイもの見たことない」とゲストに大好評。手前に置いたトランクには、手作りした約200本のフォトプロップスも。期待通り、ここで撮影したゲストの写真がいっぱい。(橋本 香さん 挙式地:東京都)

フォトブース

↑存在感たっぷりのフォトブースを彩る白黒の小物コーディネートで、スタイリッシュな雰囲気に

フォトブース

↑フォトプロップスはゲスト1人に2本ずつを目安に、半分は無料素材を利用し、半分はオリジナルの吹き出しを手作り。フォトプロップスを手にして撮影をするのは初めてのゲストも多く、ワクワクのテンションでとびっきりの笑顔に

from編集部『スペースの上手な活用でゲストの印象に残るおもてなしを』

ゲストへの「来てくれてありがとう」の感謝や「楽しんでね」「これからもよろしくね」などの気持ちを伝えたいなら、ウエルカムスペースなどのおもてなしスペースに注目。ココを上手に活用すれば、ふたりの思いを印象づけやすいのです。アイデアや工夫を凝らした先輩たちのセンスが光る演出、ぜひ参考にしてくださいね♪

ゲストの気持ちに立った演出ランキングは必見! 『ゼクシィ』12月号

ゼクシィ12月号表紙

『ゼクシィ』2015年12月号では「Be Happyをお約束★ゲスト500人に大調査! ふたりの気持ちじゅわっと伝わるBEST HIT演出ランキング!」と題して、ゲストの印象に残る演出を大紹介。老若男女500人に聞いた印象的だった演出を紹介しているので、ゲストの気持ちに立った本当に喜ばれる演出を目指す花嫁は必見!

『ゼクシィ』最新号をチェック!

取材・文/稲葉浩美 構成/真坂千稔(編集部)
*記事内のデータならびにコメントは2015年8月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー203人が回答したアンケートによるものです
*掲載されている情報は2015年10月時点のものです

  • 挙式・披露宴
  • 演出・アイテム
  • 写真・ビデオ
  • アイテム検討期
  • 温かい
  • ふたりらしい
  • アットホーム感
  • ウエルカム演出
Share on>

pagetop