ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. 何持ってく? 今どきの「嫁入り道具」TOP5
演出アイテム等
Share on>

何持ってく? 今どきの「嫁入り道具」TOP5

「着物や桐のタンスといった伝統的な嫁入り道具は聞いたことあるけど、それって今でもそうなの?」そんな疑問を持つ花嫁さんのために“今どきの嫁入り道具(結婚をきっかけに購入した、親に買っておらったもの)”を調査。
今どきをよく知るファッションスタイリストの林さんには選び方のアドバイスを、マナー講師の岩下宣子先生には各アイテムの活用法を教えていただきながら「今どきの嫁入り道具」のトップ5をご紹介します。

【1位】一連のパールネックレス&ピアス

パールネックレスの写真

フォーマルシーンで活躍するパール。「母が祖母から受け継いでいたことを知っていたので、温かみがあり嬉しかった(宮城県30歳)」と、大切な節目に譲り受けたという先輩花嫁も。「結婚するとお付き合いの範囲が広がります。一連のパールネックレスは冠婚葬祭時の必需品ですよ(岩下先生)」。

【stylist`s advice】
値は張りますが、真珠は本真珠を。着ける際の特別感や品のあるフォルムに違いが出ます。また、ネックレス、ピアス(イヤリングでも)の玉の大きさは8ミリ真珠がお薦め。今も年齢を重ねても使えるので便利です。

アコヤパールネックレス21万6000円、アコヤパールピアス5万5080円/共にヴァンドーム青山(ヴァンドームヤマダ)

【2位】毎日の食を支える洋食器&和食器

食器
和食器写真

結婚を機に料理を作るモチベーションが上がっていて、新たに揃えよう考える花嫁さんが多い様子。「和食器は値が張ってもいいものを! 心が豊かになりますよ(岩下先生)」。洋食器は「セットで購入した食器だと料理の見栄えがよくなって、料理が上手になったみたいで嬉しい(徳島県27歳)」という声も。

【stylist`s advice】
食器選びは、毎日の食卓をイメージして“よく作るお料理“がおいしそうに見えるかどうかが一番大切。一方で、結婚はテーブルコーディネートを意識したり、料理の盛り付けにも美しさを見いだすよいチャンス。ぜひ意識した食器選びを。

洋食器/クロスやお花で遊びやすく、テーブルコーデのトータルイメージが壊れないワンカラーの食器をセットで購入するのがお薦めです。

和食器/家庭の和食料理は地味な色合いのメニュ―が多いこともあり、和の模様が美しいものをこの機会に購入するのも手。茶わん&和皿両用わんはグッドデザイン賞を受賞している森正洋さんデザインのもので、初心者でも美しく盛り付けられるのでお薦めです。

[写真上]直径19.5cmのプレート2000円、直径21cmのプレート2300円、ボウル2200円、マグカップ2200円/すべてPILLIVUYT 、キッチンタオル2300円/「+S」Linen Me(全てスパイラルマーケット)

[写真下]ひら茶碗各2700円/森 正洋(ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館)

【3位】来客用のカップ&ソーサー

カップ&ソーサー

義理の父母、彼の会社の関係者など、結婚を機に丁寧な対応をしたい来客が増えることで購入に至る様子。「ベーシックカラーの上品なデザインならどんなお客さまにも出しやすい(山口県26歳)」
「定番のアイテムなら買い足せるのでお薦めです。ゲストの人数を考慮して2~4セット程度そろえておくといいでしょう(岩下先生)」。新生活を想像しながら購入することがポイントに。

【stylist`s advice】
好きなデザインを選ぶのはもちろんですが、古くから愛される「定番」のアイテムは、どんな世代のお客様にも好印象です。主張し過ぎないのにデザイン・実用性、共に優れた北欧のブランド「アラビア」のカップ&ソーサーは長く使えるのでお薦め。

カップ&ソーサー各8100円/アラビア フィンランド(ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館)

【4位】大人のたしなみとしてのフォーマル・ワンピース

ワンピース写真

大切なシーンに欠かせないワンピースはやっぱり黒。「こういう機会がなければ買わないものだから、ちょうどよかった(福島県30歳)」
「持っていないと恥をかくことも! 黒のバッグ、布の靴もあるといいですね(岩下先生)」と、結婚を機に買いそろえる花嫁が多数です。

【stylist`s advice】
フォーマル用として購入するのなら光沢があるもので透ける素材はNG。また、肌を露出し過ぎないよう襟ぐりは浅く、丈は膝下。季節を問わない七分袖などにも気を配るとよいでしょう。
とはいえ、好みではないものを購入してもたんすで眠ってしまうだけ。そこで、例えば20~30代女性の支持を集めるケイト・スペードのアイテムはいかがでしょう? 結婚を機に、憧れのブランドで仕立てのよいワンピースを1枚購入するのも楽しい思い出になると思いますよ。

ブラックドレス4万6440円/ケイト・スペード ニューヨーク(ケイト・スペード ジャパン)

【5位】さりげない輝きを添えるダイヤモンドジュエリー

ダイヤモンド写真

「ちょっとしたお出掛けにも、高級店でも着けていける(埼玉県25歳)」という先輩花嫁のコメント通り、幅広く使えるダイヤ。長く愛用できるプラチナとの組み合わせが人気です。「1つあると夜のパーティや観劇でのおしゃれとしても活躍します(岩下先生)」。

【stylist`s advice】
本来ダイヤモンドは夜、身に着けるものですが、昼間でも身に着けられるように小ぶりのものを選ぶと、使用機会も増えるので満足感も高いはず。ここでは、派手な印象のないプラチナチェーンのものをセレクトしましたが、手持ちのアクセサリーに合わせてゴールドを選んでも。

プラチナダイヤモンドネックレス24万3000円、プラチナダイヤモンドブレスレット10万8000円/共にヴァンドーム青山(ヴァンドームヤマダ)

【そもそも“嫁入り道具“って何でしたっけ?】

昔から一様ではなく、それぞれの身分、生活程度に応じて定められていたそう。しかし、時代と共に着物を入れる葛籠(つづら)や桐のたんすは少数派となり、儀式的な調度品は省略するカップルが増えています。
現代では「結婚を機に購入するもので、家族が増えることを意識でき、新たな生活を後押ししてくれるようなアイテム」と考えてよいのではないでしょうか。(岩下先生)

<Shop List>
ヴァンドームヤマダ TEL03-3470-4061
ケイト・スペード ジャパン TEL03-5772-0326
スパイラル マーケット TEL03-3498-5792
ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館 TEL03-3479-8176

from編集部 『嫁入り道具選びも、結婚準備の楽しみの1つ』


今回の調査で、ライフスタイルの変化に合わせて「新生活の記念になるもの」、「日常使いでも長く使えるもの」など自由に“嫁入り道具“を揃えるという花嫁さんが増えていることが判明しました。昔と形は変わってもきっとこの機会に購入したものは、一生の思い出に残るはず。今回、スタイリストさん&マナーの先生にはアイテムを選ぶコツやその意味についてもアドバイスをうかがえたので、是非使うたびに新婚気分がよみがえる、「My嫁入り道具」選びに生かして、楽しんで選んでくださいね。

取材・文/高崎麻衣、小林有希 撮影/田村昌裕 スタイリング/林 かよ 構成/小林有希(編集部)
※掲載されている情報と商品の価格は2015年10月時点のものです。

  • 新婚生活
  • 新婚生活始めたて
  • 常識・マナー
  • 大人っぽい
  • 大人きれい
  • おしゃれ
  • 定番
  • 食器棚・キッチン収納
インテリア 食器棚・キッチン収納
Share on>

pagetop