ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 転職・派遣・フリーランス組のゲスト選び
お金・常識
Share on>

転職・派遣・フリーランス組のゲスト選び

今後のお付き合いもあるし、結婚式のゲスト選びは何かと気を使いますよね。そんな中、「転職したばかりだけど、前の職場の上司に主賓をお願いしても大丈夫?」「派遣先の人たちをお招きしても迷惑じゃない?」など、職場の事情に悩む花嫁も結構いるようです。そこで今回はいろんなケースにどうやって対応すればいいのか、先輩花嫁やマナーの先生のアドバイスを交えながら、じっくりお教えします。

【転職組】前の職場と今の職場、どちらの人たちをメインで誘う?

招待状の前に並ぶミニチュアの新郎新婦とゲスト

【前の職場の人がメイン】
★転職して間もない会社の上司を呼ぶかどうか迷いましたが、結果的には声を掛けませんでした。というのも、彼との出会いが前の職場ということもあり、そちらからの出席者が大半だったため。現在の職場の上司には素直に状況を話し、お招きできないことを謝りました。(神奈川県・女性)

★転職先の関係者は一切呼びませんでした。まだ勤め始めたばかりだったし、人数合わせと思われるのが嫌だったので。(福岡県・女性)

【今の職場の人がメイン】
★新しい職場の人たちはこれからもずっとお世話になるので、上司3名と仲良しの同僚2名をご招待。前の職場の人は、特に親しく付き合っていた同僚のみ。そのほかは、いずれの職場の方々も二次会にお招きしました(京都府・女性)

「今後もこの関係を続けたい」と思えるかどうかで判断を

「人それぞれ、相手とのお付き合いの度合いは異なるので一概には言えませんが、重要なのは前の職場・現在の職場という分け方ではなく、あなたが『この関係を今後も大事にしていきたい』と思える人を選ぶということです。人生の師とも呼べる人、好きな人、そう思える人は誰なのかを考えるとおのずと答えは出てくるはず。迷ったら、自分の心にきちんと聞いてみましょう」(岩下先生)

【転職組】誰に主賓を頼む? 席次や肩書きはどうする?

披露宴会場のテーブルセット

【この人に主賓を依頼】
★どちらの上司に主賓を頼むべきか迷いましたが、在籍期間が長く、かわいがってくださった転職前の会社の上司にお願いすることにしました。それなりにエピソードもありますし、周囲から見ても違和感はなかったと思います。(東京都・女性)

★主賓には在籍期間が長く最もお世話になった会社の上司しか思い当たりませんでしたが、退職から何年もたっていて、お願いするのに気が引けました。その後何度か転職をし、式には今の会社の上司も呼びましたが、まだ日が浅いため、結局主賓スピーチは新郎側だけ行うことに。(兵庫県・女性)

【肩書きはこうやって解決】
★長く勤めていた会社の先輩と後輩を招待。2年以上も前ということですでに転職している人もいたので、社名は出さず「元会社」にしました。(愛知県・女性)

★私は「元上司、元同僚」という「元」という言葉を使わず、席次表の肩書きは全員「友人」にしました。職場を辞めた現在でも、プライベートでお付き合いが続いているので。もちろん上司には事前に許可を取りました。(東京都・女性)

「本当にお世話になった方」に主賓を頼むのが礼儀

「主賓は本当にお世話になった方に頼みたいもの。職場でのこれからの立場を考えて、というのも一理ありますが、深いお付き合いのあった方が同席されているにも関わらず、転職して間もない職場の方に頼むのも微妙な感じです。現在の上司に対しては、『前の職場で大変お世話になった方がいらっしゃるので、そちらにお願いしようと思っています』とひと言ことわりを入れておけば何の問題もないはず。それで気を悪くする人はいないと思いますし、逆に『ご縁を大切にする人なんだな』と好感を持って受け止めてもらえるはずです」(岩下先生)

【派遣組】派遣先の会社の人をご招待しても迷惑じゃない?

リボンの付いたインビテーションカード

★派遣社員だからと深く考えずに、呼びたいと思う人全員に声を掛けました。喜んで来てもらえました。(福岡県・女性)

★派遣先である職場の人を招待するかどうか悩みましたが、「派遣先だから」ということではなく、「今後も付き合っていく方々かどうか」を優先させて考えると気持ちがすっきり。結果的に誰も招待しませんでしたが、その後の仕事への支障は全くありません。(東京都・女性)

★派遣元と派遣先、どなたを招待するか悩みましたが、よく考えると結婚式に招待するほど深い繋がりの人はいないし、逆に迷惑に思われるかなとちょっぴり躊躇(ちゅうちょ)。彼とも相談し、仕事関係者は誰も呼ばず、友人メインの人選をしました。(愛知県・女性)

きちんと来てほしい理由を説明した上でお声掛けを

「雇用主は派遣元である派遣会社だけど、実際に勤めているのは派遣先。そういう理由もあり、招待をためらってしまう人は少なくないようです。でもどうしても呼びたい人がいるなら、『人生の師と思っており、これからもご指導をお願いしたいので』と、来てほしい理由を熱く伝えることで、嬉しい返事を頂けるはず。ただし『仕事関係者も呼ばないと格好がつかない』というような、体裁を整えるためだけのお声掛けはなるべく控えたいもの。ご祝儀を包んで頂いたり、大事な時間を割いて来てもらうことも肝に銘じておきましょう」(岩下先生)

【フリーランス組】フリーで仕事をしているけど、取引先の人って呼ぶ?

★複数の取引先がある中、誰かを呼べば呼ばれていない方が複雑な思いをするのが分かっていたので、プライベートなお付き合いがある人以外、仕事関係者はほとんど招待しませんでした。(群馬県・女性)

★取引先の人は他の招待客と繋がりがなかったので、招待しても単独出席では迷惑ではないかなと思いました。とはいえ誘わないのも失礼だし、声を掛けるだけ掛けてみて、出欠は本人の判断に委ねることに。(大阪府・女性)

★取引先の上役を主賓としてお招きしてもいいか迷いましたが、最終的には主賓として招待。直接お会いして、ご本人と相談させていただきました。(福岡県・女性)

取り巻く人間関係にも配慮しながら検討を

「これも取引先との関係性が人それぞれ異なるので、ケース・バイ・ケースですね。ただ、誰かを呼んで誰かを呼ばないということで、そのコミュニティーの人間関係を悪くする恐れがあるなら、それはとても申し訳ない話だし、今後の仕事に差し障りが出てくることもないとはいえません。きちんと報告とごあいさつさえしておけば、無理に結婚式への招待にこだわらなくてもいいのでは?」

岩下宣子先生 プロフィール

1985年、「マナーのことを分かりやすく伝えたい」という思いから、現代礼法研究所を設立。代表を務める傍ら、マナーデザイナーとして「思いやりの心」をテーマに、企業や学校、商工会議所、公共団体で指導・研究・講演などを行っている。マナーに関する著書も多数。

from編集部『今後のお付き合いも視野にじっくり検討を』

友人とは違って、気が合う人だけ呼ぶわけにもいかないのが職場関係者のご招待。迷ったら、「今までのお付き合いの深さ」と、「これからも親しくしていきたいかどうか」をポイントにじっくり考えてみましょう。その思いは働き方にかかわらず、きっと相手にも伝わるはずです。

構成・文/南 慈子 取材・監修/岩下宣子
※掲載されている情報は2015年10月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは、2015年9月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー122人が回答したアンケートおよび、2015年8月に既婚女性515人が回答したマクロミル調査によるものです
※写真はすべてイメージです

  • ゲスト選び・席次決め
  • アイテム検討期
  • 人間関係
  • 花嫁実例
  • きちんとしている
  • 細やかな気遣い
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop