ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. 新居選び 間取りの失敗ワースト6
お金・常識
Share on>

新居選び 間取りの失敗ワースト6

ラブラブ新婚生活を送るために重要なポイントの一つが、新居の間取り選び。そこで、新生活スタート済みの先輩たちに「間取りで困ったこと」を聞きました(複数回答)。一人暮らしで物件選びを経験したことのある人も、ふたりで住むとなると事情が変わることもあるから、先輩たちの声を参考に!

【間取りの失敗 ワースト1】 間取り全体 63.3%

全体

先輩たちの6割以上が困っているのが、間取り全体に関すること。「全体的に狭い」「部屋数が足りない」「部屋と部屋の行き来が不便」などの声が上がっています。

●「家に仕事を持ち帰るから、本当はLDKと寝室のほかにもう1部屋欲しかったが、家賃の都合で断念。リビングの、彼女がテレビを見ている近くで仕事をしないといけない」(岐阜県・男性)

●「廊下がなく、部屋と部屋が引き戸でつながっている間取り。窓も多いので、家具を寄せて置ける壁が少なく、家具のレイアウトに悩む」(千葉県・女性)

●「憧れの一戸建てだけど、2階の寝室から1階のトイレまでが遠い。寝ているときにトイレに起きると、階段途中でやばい思いをすることが何度も……」(東京都・女性)

【間取りの失敗 ワースト2】 玄関 53.6%

玄関

先輩たちの半数以上が困っているのが、玄関に関すること。「狭い」「暗い」「収納が少ない」などのエピソードが数多く挙げられています。

●「部屋が広い割に玄関が狭い。靴の収納も少ないので、狭い玄関に靴が脱ぎっ放し状態となってしまい、遊びに来た友達に驚かれる」(大阪府・女性)

●「玄関が北側で暗く、ジメッとしている。忙しい朝はいちいち照明をつけていられないほど時間がないので、左右で違う靴を履いて出掛けてしまったことも」(神奈川県・男性)

●「玄関の備え付けの収納が少な過ぎる。ロングブーツの置き場所に困り、突っ張り棒2本を天井に渡してぶら下げているが、お義父さんが物珍しそうに見ていて恥ずかしかった」(広島県・女性)

【間取りの失敗 ワースト3】 キッチン 48.3%

キッチン

キッチンで困っている先輩たちも半数近く。「狭い」「配置が悪い」などが主なものですが、キッチンも今や女性だけのものではなく、男性からの不満も多く挙がっているのが特徴的です。

●「キッチンの通路が狭過ぎて、ふたりで立つことが難しい。週末には一緒に料理をしたいと思うけど、お互いにイライラするから、結局お任せになってしまう」(茨城県・男性)

●「シンクの前に立ったときにリビングが見える対面式キッチンに憧れていたけど、独立型だったので暗くて寂しい空間に。テレビを見ながら料理できない」(愛知県・女性)

●「キッチンに冷蔵庫を置いたら、残りのスペースが幅40cmしかない。電子レンジの棚を置きたかったけど、そのスペースはとてもないので、電子レンジはダイニングテーブルの上に。邪魔だし、運転音の大きさも気になる」(茨城県・男性)

【間取りの失敗 ワースト4】 浴室・洗面室 46.3%

浴室

浴室・洗面室に関する困ったエピソードも、半数近くの先輩たちから挙がっている。帰ってきてからゆっくりお風呂に浸かりたいからか、特に男性からの不満の票が多いようです。

●「とにかく狭い。彼の帰りが遅いので、お風呂に一緒に入って会話をしたいけど、シャンプーが浴槽に入ったり、肘鉄をくらいそうになったりして大変」(長野県・女性)

●「浴槽が小さい。足を伸ばしてのんびり浸かりたいので、近くの健康ランドに行くことが多くなってしまった」(神奈川県・男性)

●「洗面室がなく、お風呂に洗面ボウルが付いているだけ。実家では洗面室でお化粧していたので困ってます」(千葉県・女性)

【間取りの失敗 ワースト5】 スイッチ・コンセント 46.0%

コンセント

半数近くと意外に多くの票を集めたのが、スイッチやコンセントに関すること。「位置が悪い」「数が足りない」などの声が挙がっています。

●「コンセントが欲しい場所になく、使わない場所にたくさんある。食卓から最も近いコンセントは、キッチンへの通路なので、足を引っ掛けて危ないし!」(山口県・女性)

●「玄関の照明スイッチが、室内に入って数歩の場所にあるから、帰ってきて最初にすることは『どこだ、どこだ』と手探りで照明スイッチを探し当てること。ある日、彼が落とした手袋をネズミと間違えて悲鳴を上げたことも……」(静岡県・女性)

【間取りの失敗 ワースト6】 トイレ 37.9%

トイレ

「一人暮らしのときには困らなかったのに」という、ふたりならではの悩みも出てくるのが、トイレに関すること。「音や臭いが気になる」「ドアを開けるとぶつかる」などの声が上がっています。

●「トイレがリビングに近いのは便利でいいなと思うこともあるけど、静かなときは音が聞こえるのが気になる。テレビのボリュームを上げてから入ったりする」(群馬県・女性)

●「トイレが玄関のすぐそば。用を足した後に宅配便が届いたりすると、臭っていないかな、などと心配」(東京都・女性)

from編集部『ふたりで暮らすことをイメージしながら間取りをチェック』

新居選びのときは、間取りのチェックも大事。実際に下見ができないときも、間取り図があったら、そこで暮らすことを頭の中にイメージしてみよう。朝起きてから出掛けるまで、帰ってきてから寝るまでのふたりの動線をよくイメージし、広さは十分か、収納スペースには持ち物が全部入るか考えて、後悔のない新居選びを!

「家具・インテリアを探す/首都圏・東海・関西」

取材・文/前川ミチコ イラスト/村澤綾香
※記事内のデータならびにコメントは2015年9月に既婚男女310人が回答したマクロミル調査によるものです
※掲載されている情報は2015年10月現在のものです

  • 新居・家具
  • 新婚生活
  • 新婚生活始めたて
  • ダンドリ
  • 悩み解決
Share on>

pagetop