ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエディングケーキ
  5. パティシエ本澤 聡 a tale of cake9「作品例:ラブリーがいっぱい」
コラム・連載
Share on>

パティシエ本澤 聡 a tale of cake9「作品例:ラブリーがいっぱい」

スイーツショップ「アニバーサリー」のパティシエがお届けする、おしゃれでおいしくて感動しちゃうウエディングケーキの話。
第9回目は、実際にオーダーを受けて作ったウエディングケーキをピックアップ。そこに込められた新郎新婦の希望や思いも併せてご紹介します。
今回は「ラブリー」がテーマのケーキ。職人が技術と愛を込めたフリルのバリエーションをぜひ堪能してください。

ピンクのフリル&ハートがいっぱい

ケーキ全体

かわいいものが大好き、そしてアニバーサリーが大好きという花嫁さんのオーダーで生まれたケーキのテーマは「ラブリー」。打ち合わせを経て、「フリル」と「ハート」という2つのモチーフをたっぷり使うデザインに決まりました。

今回は、生クリームと、ディテールがきれいに表現できるバタークリームの両方を使用。1段目は小花レース柄、3段目はビッグフリルを飾り、2、4段目はピンクの総フリルと、交互にイメージを変えてデコレーションしました。
色はピンクのグラデーション。ピンク色のクリームは、イチゴのフレーバーで香り付けしてあります。バタークリームがつややかで、繊細なレースのコントラストを引き立ててくれました。
さらに、リボンでおめかししたハートのマカロンをトッピング。スティック型にしたことで、立体感が出てよりにぎやかな印象に仕上げています。

その他、バタークリームで絞ったお花と生花を合わせたり、イチゴはあえて内側に敷き詰めることで、メインモチーフを引き立てるよう計算。キャラクターモチーフを入れなかったこともあり、大人かわいいおしゃれな雰囲気が演出できました。

写真映えする華やかさはタワー型ならでは

ケーキ拡大

新婦さんがこだわったのは、とにかく華やかでみんなの心が浮き立つケーキにしたいということ。そこで今回は、「柱」と呼ばれるプラスチックの台を2カ所に入れ、計4段のゴージャスなケーキが出来上がりました。すべての段が生ケーキです。
後日花嫁さんから、ケーキに高さがあったおかげで、ハイライトであるケーキカットのシーンがとても写真映えしたと、大変うれしい感想を頂きました。

最近は1段のかわいらしいケーキも人気ですが、ゲストが多めで会場の規模も大きいパーティでは、やはりケーキは数段あった方が写真映えします。ケーキの形や段数を考えるときは、ぜひケーキカットの写真をイメージしてみてください。

シュガークラフトで会場装飾オブジェも

シュガードール
シュガーねこ
シュガーケーキ

今回、ウエディングケーキにはキャラクターを使用しませんでしたが、その代わり会場装飾用にシュガークラフトのお人形を製作しました。

一つは、新郎新婦のミニチュアドールです。着ている衣裳は、お色直し用のスーツ&ドレスを忠実に再現。花嫁さんが試着のときにひと目ぼれしたご自慢のドレスなのだそう。試着の写真をお借りして花柄の雰囲気などを忠実に再現しました。
もう一つは、愛猫のオブジェ。ふたりのミニチュアの中にも入っていますが、ウエルカムコーナー用に1匹だけの人形も製作し、招き猫ポーズでゲストをお出迎えしてもらいました。

どちらもシュガークラフトなので、新居に大切に飾っていただいているようです。ウエディングの余韻が自宅でも楽しめるのは、シュガークラフトならではの楽しみ方ですね。

さらに、装飾用にもう一つ大きなシュガークラフトケーキを製作しました。こちらもピンク色がベースですが、生ケーキよりは少し大人っぽいイメージ。入口に飾ってゲストを華やかにお迎えできたそうですよ。

本澤 聡プロフィール 

ウエディングケーキを主体としたスイーツショップ「アニバーサリー」早稲田店パティシエ。2005年に入店。ケーキ、引菓子、プチギフトなどの製作を手掛けるほか、青山店で開催するお菓子教室の講師も担当。デザイン性豊かな同店のケーキは、たびたびゼクシィ誌面のイメージビジュアルに登場し話題となっている。
http://www.anniversary-web.co.jp/

構成・文/伊藤佳代子
※掲載されている情報は2015年10月現在のものです

  • 挙式半年前
  • 打ち合わせ開始期
  • 花嫁実例
  • 大人かわいい
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
  • 洋菓子
Share on>

pagetop