ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.91「ゲスト向けドレスコードのすすめ」
コラム・連載
Share on>

[連載]ウエディングデザイナー立原綾乃vol.91「ゲスト向けドレスコードのすすめ」

ウエディングデザイナー立原綾乃のオシャレで使えるWedding idea。
今回は、出席者にも楽しんでいただけるゲスト衣裳についてご紹介します。

ゲストに素敵なドレスコードを

ゲストに素敵なドレスコードを

最近、本当にオシャレな結婚式が増えてきました!
自分のウエディングカラーやテーマを決めて、一生懸命準備されている花嫁さまの姿がとても愛しく見えます。これからもっともっとオシャレな結婚式が増えることを私も楽しみにしています。

そんな熱心な新郎新婦の皆さまへ、今回はゲスト衣裳について。
ブライズメイドやグルームズメンの衣裳をコーディネートされる方も増えてきましたが、オススメしたいのはゲストの方にもテーマを取り入れてもらうアイデアです。
ゲスト向けドレスコードという文化は、まだ日本では浸透しているとはいえないので、難しく思う方もいるかもしれません。でも、何か一色だけだったり、アイテム一つだけ、など誰でも取り入れやすい簡単なことでOKです。

写真は、先日私たちがハワイでプロデュースさせていただいた邸宅ウエディングの様子です。
ゲストのみなさんさんも、テーマカラーのサーモンピンクや淡いピンクなどいろいろなピンクを衣裳に取り入れてくださっていました。

いつ、どうお知らせする?

サーモンピンクを取り入れたドレスコード

では、いつどうやってドレスコードの案内をするか?
一番良いのは、招待状を送るタイミングで、「私たちはこんな結婚式を準備しているので、ぜひこんな格好でいらしてください」と率直にお伝えすることだと思います。
堅い文章の招待状に書き加えたところで、内容が伝わりにくいこともあると思いますが、電話で説明をしたり、サンプルになるような洋服の写真を実際に見せて説明できれば、とても親切ですね。

ゲストの皆さんまでもが素敵なコーディネートを楽しんでいただけるとそれだけで会場は華やかな空気に包まれ、周りで見ているだけでとても嬉しい気持ちになります。
写真は、パーティに参加したゲストのおふたり。新郎新婦は、事前にゲストの皆さんにもテーマをお伝えし、男性にはテーマカラーのネクタイを贈られていました。

どこを切り取っても絵になる風景

どこを切り取っても絵になる風景

ゲスト衣裳を素敵にコーディネートできると、お客さまもその世界観を心から楽しんでいるように見えます。
会場の雰囲気とも、テーブルデコレーションとも、統一感が出て、ゲストだけが集まった何げない会話の時間のどこを切り取っても素敵なワンシーンに。

海外のウエディングが美しく見えるのは、プロデュースを手掛けている人や新郎新婦おふたりの努力だけでなく、ゲスト一人一人の衣裳が本当にオシャレだからということが一目瞭然ですね。
ふたりがせっかく頑張って作り上げる一日なので、ゲストの皆さんにも同じくらい楽しんでいただきたいですよね。

ぜひ、取り入れてみてください。
それでは、また次回もお楽しみに!

PROFILE

立原綾乃 atwd.ayanotachihara.com
TRUE Wedding代表
「結婚式という時間そのものをデザインする」という新しい発想で、日本のウエディングデザイナー第一人者として活動。
特定の会場を持たず、軽井沢・ハワイの大自然を舞台にした、ふたりらしさを大切にしたウエディングプロデュースを手掛ける。
ウエディングアイテムなど自らでデザインし、作り上げるアーティストとしての活動を行うほか、結婚式準備をもっと楽しめるようにと花嫁向けのワークショップ「花嫁アトリエ」をスタート。
抜群のセンスと経験を生かした仕事は、ウエディングにとどまらずライフスタイルにおいても多くの女性から人気を集め始めている。 
著書『立原綾乃の手作りウエディングBOOK』

取材・文/立原綾乃(ウエディングデザイナー)
※掲載されている情報は2015年10月時点のものです

  • 挙式2ヶ月前
  • ゲストへの依頼
  • 打ち合わせ開始期
  • おしゃれ
  • ピンク
  • 海外ウエディング
赤・ピンク系のドレスを探してみる
Share on>

pagetop