ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. キャンドルで彩る演出アイデア by Candle JUNE
演出アイテム等
Share on>

キャンドルで彩る演出アイデア by Candle JUNE

温かな光で一味違う雰囲気を演出できるキャンドルを、結婚式に取り入れたいと思っている人は多いのでは? ここでは、キャンドルアーティスト・Candle JUNE(キャンドル ジュン)さんによる結婚式の会場演出をご本人へのインタビューも交えてご紹介!
キャンドルが創り上げる幻想的な空間をあなたの結婚式にも取り入れてみて。
ただし、キャンドルの持ち込みや演出ができない会場もあるので事前に会場に確認してね。

キャンドルの魅力は「非日常感」

キャンドルで教会を飾る

まず、キャンドルアーティストとして幅広く活躍されているCandle JUNEさんに、結婚式におけるキャンドルの魅力を伺いました。

「キャンドルの最大の特徴は『生(本物)の火』であること。“緊張感”や“安心感”を持つ『生の火』を使うことで非日常の空間や時間を創り出すことができます。そして、その非日常の場にゲストが身を置くことによって、『式に招待された意味』をあらためて感じることができ、セレモニーとしての格式が高まると考えています」

大切なのは主役、アイテムをいっそう引き立てる明かり

Candle JUNEさんが装飾や演出のときに一番大切にしているのは「安全第一」であること。
その上で新郎新婦、ゲスト、装花や料理が引き立つように、会場の照明とのバランスも含めて考えているそうです。

ではさっそく、Candle JUNEさんが手掛けたウエディング実例を、飾る場所ごとに見ていきましょう! Candle JUNEさんからのアドバイスも参考にしてくださいね♪

【エントランス】ウエルカムスペースまでの空間から始まるおもてなし

桜並木のようにキャンドルを飾る
テントやキャンドルを使って空間演出

会場内へと続く通路やウエルカムスペースなどのちょっとした空間もキャンドルによってゲストがあっと驚くものに変身! 木や花びらも使ってまるで桜並木を歩いているような演出をしたり、空間をテントなどのアイテムと共にデコレーションしたり。これから始まる結婚式への期待も自然と高まります♪

<Candle JUNEさんからのアドバイス>

「ゲストの歩きやすさを確保することがポイントです。洋服や荷物に火があたらないように、人が通る場所から少し離して置いたり、会場の照明をキャンドルの火があることに一目で気づいてもらえる明るさにするといいですよ」

【ガーデン】屋外も使って会場全体を幻想的な雰囲気に

ガーデンをキャンドルで飾る
ガーデンをキャンドルで飾る
ガーデンをキャンドルで飾る

ガーデンをキャンドルでデコレーションすれば、屋外で行う演出もぐっとおしゃれに。また、窓からガーデンが見える会場では、ガラス越しにキャンドルの光が見え、会場内が神秘的な雰囲気に包まれます。

<Candle JUNEさんからのアドバイス>

「再入場のときやムービーを見終わってカーテンを開けたときなど、シーンが変わるタイミングに合わせてキャンドルに火を灯すようにすると、景色が変わってより印象的になります」

【メイン卓】注目の的となる場所だからこそ印象的にデコレーション

高砂をキャンドルで飾る
高砂をキャンドルで飾る
高砂をキャンドルで飾る

新郎新婦が座るメイン卓はゲストの注目を集める場所の一つだから、特にこだわりたいもの。色鮮やかなキャンドルや高さの違うキャンドルを並べ、印象的な空間に仕上げています。

<Candle JUNEさんからのアドバイス>

「受付でゲストにキャンドルを渡してメイン卓に飾ってもらい、キャンドルがすべて並んだら新郎新婦が入場するという演出もおすすめです。そのキャンドルをゲストに引出物として持ち帰ってもらえば、その日の思い出が形に残ります(写真2枚目)」

【ゲスト卓】皆が集う場所もキャンドルで一工夫

ゲストテーブルをキャンドルで飾る
ゲストテーブルをキャンドルで飾る
ゲストテーブルをキャンドルで飾る

ゲスト卓は、ゲスト同士が会話をしやすく、新郎新婦の顔もよく見えるように低めのキャンドルを並べるのがおすすめ。また、バーカウンターなどゲストが集う場所にさりげなくキャンドルをあしらうのもおしゃれ。温かな光に包まれてゲストの会話も弾むはず♪

<Candle JUNEさんからのアドバイス>

「親族、友人など、テーブルごとにキャンドルの色を変えるのもいいですよ。料理を心から味わってもらえるよう、キャンドルの香りが強過ぎないかということも気に掛けると良いです」

【お見送りスペース】最後までゲストにサプライズをプレゼント

退場時もキャンドルで彩る

パーティが終わり、ゲストをお見送りするときもキャンドルを使って感動的に演出。帰るタイミングに合わせて出口をキャンドルで彩り、来たときとは違う風景を創り出すことで、ゲストが喜ぶサプライズに。

<Candle JUNEさんからのアドバイス>

「ゲストが退場するタイミングに合わせて炎を灯し、あっと驚くサプライズを演出。こうした空間演出によって最後までおもてなしの心を表すことができます」

【番外編】Candle JUNEさんがプロデュースした会場実例

キャンドルウエディング
キャンドルウエディング
神前式キャンドルウエディング

[写真1・2枚目]
歴史ある教会にキャンドルを灯すことで、幻想的な世界が広がっています。堂内に足を踏み入れた瞬間のインパクトは大きく、「わぁ、すごい!」というゲストの声が多く聞かれたそう。 

宮の森フランセス教会(北海道・札幌市) TEL011-633-1111
(Candle JUNEさんコーディネートは2012年~2014年のもの)


[写真3枚目]
神社での式にもキャンドルの明かりはぴったり。無数の光に照らされた神社が神聖な雰囲気に包まれ、結婚という節目をあらためて見つめることができそうですね。

気多大社(石川県・羽咋市) TEL0767-22-0602

Candle JUNEさん

*Candle JUNEさんプロフィール*

1994年からキャンドルの製作を始める。ギャラリーやサロンなどでエキシビションを開催し、さまざまなファッションショーや大型フェスティバル、ライブステージの空間演出を行っている。2001年に広島で「平和の灯」を灯してからは、「Candle Odyssey」と題し、悲しみの地を巡る旅を始める。
2004年の新潟中越地震後は震源地の長岡市で「SONG OF THE EARTH フェスティバル」を開催。そして2011年3月11日に起こった東日本大震災を受け、MINMI、湘南乃風 若旦那と社団法人LOVE FOR NIPPONを立ち上げ、現在も毎月東北へ通い、精力的な活動を行っている。

from編集部『キャンドルが創り上げる幻想的な空間と時間で、みんなの心が一つに』

Candle JUNEさんによるキャンドル演出実例はいかがでしたか? 生の火だからこそ感じる美しさによって特別感ある世界が創り出されていました。会場全体をキャンドルで彩ることが難しい場合は、卓上など部分的に取り入れるのもおすすめ。
キャンドルを使ってどのような演出や飾り方ができるか、会場のプランナーさんに相談してみてくださいね。

文/木村 結(ミューズ・コミュニティー) 取材・写真協力/Candle JUNE  構成/赤松理恵(編集部)
※掲載されている情報は2015年9月時点のものです

  • 挙式
  • 挙式・披露宴
  • 結婚準備全体
  • スタイル提案
  • 大人っぽい
  • ふたりらしい
  • 挙式演出
Share on>

pagetop