ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. ロマンチックに包まれる ナイトウエディングの魅力10
結婚式スタイル
Share on>

ロマンチックに包まれる ナイトウエディングの魅力10

ロマンティックで幻想的なウエディングに憧れる花嫁におすすめなのが、夕方から夜の時間帯に挙げる「ナイトウエディング」。でも、今まで参列した経験もないし、ゲストに喜んでもらえるか心配……という声も。そこで、実際に体験した先輩花嫁の実例から、昼間の結婚式では叶わない、ナイトウエディングならではの魅力10個を厳選して紹介します。

[1]美しいイルミネーションにテンションアップ

loveのイルミネーションオブジェ
ナイトウエディングの中できらめくイルミネーション
ナイトウエディングの中できらめくイルミネーション

夕景から夜景へ刻々と変わる空を背景に、輝きを増していくイルミネーションにうっとり! 外観やガーデンなど、美しくライトアップされた会場は、昼とはガラリと違う幻想的な雰囲気で、ゲストの気分を盛り上げてくれます。会場と相談して、ふたりオリジナルのキュートなイルミネーションをプラスしても素敵。

【1枚目】会場内の照明を少し落とすことでガーデンのイルミネーションが美しく引き立ち、ふたりの誓いのシーンもドラマチックに盛り上がった(稲葉典子さん)

【2枚目】お開き後にイルミネーションの中で記念撮影。この景色の中で結婚式を行いたくて、あえて11月の挙式を選んだのだそう(小林紗緒里さん)

【3枚目】ガーデンにLOVEの電球入りオブジェをディスプレイ。絶好の撮影スポットに(渡邉香さん)

[2]キャンドルの演出がロマンチックに叶う

ナイトウエディングでのキャンドル装飾
ナイトウエディングでのキャンドル装飾
ナイトウエディングでのキャンドル装飾

昼間の披露宴で行われる華やかなキャンドルサービスとは違い、シンプルなキャンドルをたくさん置いて、その光と影の美しさを味わうのがナイトウエディングならではの楽しみ方。ゆらゆらと優しく揺れる明りが、会場をロマンチックかつ神聖な雰囲気で満たしてくれます。ゲストの心もホッと和んで、会話も盛り上がりそう。

【1枚目】会場のあちこちに大小さまざまなキャンドルが。「キャンドルの温かな灯に包まれた結婚式がしたい」という花嫁の憧れが叶った(北口茉莉江さん)

【2枚目】テラスにシンプルなキャンドルをたくさん並べただけで、一気にロマンチックな雰囲気に(飛田祐美さん)

【3枚目】ゲスト卓の装飾の主役をたくさんのキャンドルに。夜のウエディングなら違和感がなく、大人の華やぎを演出できる(稲葉典子さん)

[3]生演奏を大人の雰囲気で楽しめる

生演奏を大人の雰囲気で楽しめる
生演奏を大人の雰囲気で楽しめる

ナイトウエディングはライトやキャンドルの演出でゲストをうっとりさせることができるので、派手な演出を入れないほうが大人っぽく楽しめます。そして、おしゃれなジャズの生演奏や迫力満点のゴスペルなど、音楽の演出とは好相性。光の演出に包まれて、おいしい料理やお酒を楽しみながら聴くことで、より一層盛り上がります。

【1枚目】パーティの途中で、クワイヤ(聖歌隊)に所属している新婦が仲間と美しく迫力のあるゴスペルを披露。会場のテンションがぐっと高まった(松葉瀬さやかさん)

【2枚目】軽快なジャズの生演奏。パーティがさらに大人っぽく華やかな雰囲気に包まれ、ゲストにも好評の演出に(YUMIさん)*画像はイメージです

[4]美しい夜景が心ときめくおもてなしに

美しい夜景が心ときめくおもてなしに

会場からきらめくような夜景が見えれば、ゲストの心も浮き立つはず。自然光がまぶしい昼間のウエディングに慣れているゲストには、「夜景を見ながら結婚式」というシチュエーション自体が新鮮で、特別感のあるおもてなしに。「乾杯の瞬間、カーテンが開いて美しい夜景が!」など、夜景を主役にした演出も盛り上がります。

【1枚目】夜景の見えるデッキから、サプライズでお色直し入場。ゲストから大きな歓声が(いゆさん)

[5]ライトアップされたガーデンは写真映えも抜群

ガーデンでリラックスできる
ガーデンでリラックスできる

ライトアップされたガーデンも、ゲストへの大切なおもてなしのステージ。美しい光に包まれて、非日常を楽しみながら、心地よい時間が過ごせます。夕方から夜にかけて、外の景色が変わっていくのを眺められるのも贅沢。ガーデン挙式やウエルカムドリンク、デザートビュッフェなど、ふたりらしく活用して。

【1枚目】和の会場でのナイトウエディング。お色直し後は、ライトアップされた庭園の大きな桜の木を囲んで、くつろぎながら会話を(松永麻美さん)

【2枚目】ライトアップが幻想的な夕暮れのガーデン。新郎新婦とゲストがリラックスして、会話や写真撮影を楽しむのにもってこい(上野李奈さん)

[魅力6]クライマックスは花火で華やかに

クライマックスは花火で華やかに
クライマックスは花火で華やかに
クライマックスは花火で華やかに

パーティのクライマックスに花火を打ち上げるのも、夜だからこそ叶う人気演出です。間近で見る花火の迫力と美しさは圧巻。ふたりからの感謝の思いも伝わりゲストの心に残るフィナーレに。再入場時や新郎新婦退場直後など、一番盛り上がりそうなタイミングを考えて。

【1枚目】お開き後、ガーデンに集まったゲストへのサプライズは打ち上げ花火。感謝の気持ちを伝える役目も(上野季奈さん)

【2枚目】「口下手だけどゲストにお礼を伝えたい」という新婦父の意向から、新郎父の音頭で花火を打ち上げ。その迫力にみんな大喜び(鶴田琴依さん)

【3枚目】中座後はガーデンから入場。ふたりの希望で花火を取り入れたら、お色直しシーンが華やかに盛り上がった(佐藤広佳さん)

[7]夜にふさわしい「テーマ」があればさらに盛り上がる

夜にふさわしい「テーマ」があればさらに盛り上がる
夜にふさわしい「テーマ」があればさらに盛り上がる

夜のムーディーな雰囲気と相性のいいテーマを考えて、ゲストの記憶に残るオリジナルのウエディングを叶えるのも素敵です。たとえば、「ナイトクルーズ」「ハロウィン」「クリスマス」など。「夜」というシチュエーションが雰囲気づくりに大きな役割を果たしてくれます。

【1枚目】非日常のロマンチックな空間でゲストをもてなすためにもてなすために「トワイライトクルーズ」をウェディングテーマに。大きく取られた窓から東京湾のきらめく夜景が一望でき、ゲスト同士の会話も弾む(村瀬樹太郎・あゆ美さん)

【2枚目】結婚式のテーマは「ハリー・ポッター」。魔法使い=夜ということで、ナイトウエディングにしたら、狙い通りのいい雰囲気になったそう(稲葉典子さん)

[8]贅沢なディナーをゆっくり味わってもらえる

贅沢なディナーをゆっくり味わってもらえる

昼間の結婚式と違い、普段の休日と同じ時間帯でディナーをいただけるので、お酒や料理もよりおいしく楽しめます。結婚式のスタートが夕方からなので、ゲストのスケジュールを一日丸々空けてもらわずに済むのもメリット。贅沢なディナーに招かれたような気分で来てもらえます。

【写真】ガーデンでの食事というのはゲストにとっても新鮮だったようで、みんな喜んでくれました。パーティ中の食事シーンは勿論、どこを撮ってもフォトジェニックでロマンチックな写真を収められたことにも満足しています(J.M ・K.Mさん)

[9]ふたりもゲストも当日も慌てずゆっくり準備ができる

画像

ナイトウエディングだと、朝早起きして準備をしなくて済むから大助かり。前の日に結婚式の準備で少しぐらい夜更かししても、睡眠時間がたっぷり取れるから気持ちにも余裕が。結婚式の前にゆっくり記念撮影を楽しんだり、婚姻届を出したり、時間を有効活用できるのもうれしいポイント。エステやヘアサロンに立ち寄る時間もあるから、おしゃれをゆっくり楽しみたい女性ゲストにも喜ばれるはずです。

【写真】結婚式が夕方からなら、その前に結婚式と同じ衣裳を着て、スタジオでゆっくり前撮りをすることも可能。遊び心のある凝った写真も撮れました(飛田祐美さん)

[10]希望日に結婚式ができる可能性がアップ

希望日に結婚式ができる可能性がアップ

気候のいい季節の土日祝日の結婚式を希望する場合、人気の会場は1年以上前から予約が埋まっていることも珍しくありません。夕方以降の時間帯にずらせば、人気の日取りの予約が取りやすいことも。希望日が限られている人は、夕方からのナイトウエディングで空きがあるか聞いてみるのも手です。

彼の仕事の都合で結婚式が可能な日取りが限られていたので、予約がいっぱいだと言われたときは困惑。挙式時間を夕方にずらしたら、人気のある希望日でも予約が取れ、想像以上に素敵な結婚式が叶い大満足な式に(たーさん)

from編集部『ナイトウエディングならロマンチックな大人ウエディングが叶う!』
ナイトウエディングには、夜ならではの素敵な演出ができて、時間が有効に活用できるという大きなメリットが。結婚式当日はロマンティックな雰囲気に酔いしれて、飛び切り素敵な夜を過ごせるのも楽しみ。ふたりのウエディングの選択肢として、前向きに考えてみて!

取材・文/笠原恭子 構成/真坂千稔(本誌)
※掲載されている情報は2015年8月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは2015年6月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー119人が回答したアンケートによるものです

  • 挙式・披露宴
  • 演出・アイテム
  • 式イメージ収集期
  • スタイル提案
  • 大人かわいい
  • 大人きれい
  • アットホーム感
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
Share on>

pagetop