ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. 忙しい花嫁の会場探しを効率良く行うゼクシィ活用テク
トップ
Share on>

忙しい花嫁の会場探しを効率良く行うゼクシィ活用テク

おめでた婚や転勤などで結婚式の準備期間があまりない人、仕事などで忙しくなかなか結婚式準備に手が付けられないという人にとって、手間のかかる会場選びは悩みの種。時間がなくても、忙しくても、ゼクシィを上手に使ってふたりにぴったりの会場を簡単に見つける方法を教えます!

会場選びの負担を少なくする方法ってある?

ハートの印がついた手帳

会場選びのステップは、ふたりで結婚式の希望を出し合い、イメージを固めてから、会場候補をリストアップ。各会場に資料請求をしてさらに絞り込み、ブライダルフェアや下見に出かける……というステップを踏むのが一般的。

でも、遠距離やおめでた婚などさまざまな事情で忙しい人にとっては、なかなかハードルが高いもの。そんな花嫁は自分だけで何でもこなそうとせずに、プロの力を借りることを考えて。そうすることで、負担はできるだけ軽くしつつも、妥協しない会場選びが叶います。

[方法1]ゼクシィのアプリやサイトでイメージづくり

美しく飾られた会場

結婚式のイメージを膨らませるのに役に立つのがゼクシィのアプリやwebサイト。公式アプリはスマートフォンでいつでもどこでも簡単にチェックでき、移動時間などを有効に活用できるので、忙しい人にまさにぴったり。

イメージが固まったら、希望の会場をピックアップ。アプリやサイトならエリアや会場タイプ、予算、ゲスト人数など、ふたりの条件に合わせて会場を検索でき、会場への問い合わせや資料請求、見学予約もラクラク! 

隙間時間を有効に利用するならアプリ、少し落ち着いて時間が取れるのならパソコンでサイト検索というように使い分けるのもお勧め。さらに、ゼクシィ花嫁カフェでは、同じ立場のプレ花嫁さんたちとも情報交換ができ、不安や悩みを相談できるのも心強い。

[方法2]急がば回れ、ゼクシィ相談カウンターのプロに頼ろう!

テーブル装花と新郎新婦

忙しい花嫁にもう一つお勧めしたいのはゼクシィ相談カウンター。プロのアドバイザーがふたりの要望をしっかりと聞き出し、ふさわしい会場をアドバイス。自分たちであれこれ探す手間が省けるはず。紹介軒数は約2600会場に上り、ゼクシィ相談カウンターにしかない特別なプランや最新プランの情報もある。 

また、手間のかかる見学予約も代行してくれる上、都合で行けなくなった場合は予約のキャンセルもしてくれる。さらに、気後れする仮予約後のキャンセル連絡も代行してくれるのは嬉しい。

相談カウンターに足を運ぶのは面倒くさいと思うかもしれないけれど、行ってしまえば会場の絞り込みから見学予約まですべて済んでしまうので、自分たちでコツコツ行うよりは効率的! 忙しくて会場選びに手が付けられないと悩んでいるのなら、思い切ってプロを頼ることで、すんなりと問題が解決するはずです。

先輩花嫁voice「私たちもゼクシィ相談カウンターを活用しました」

「何も決めていない状態でお邪魔したのですが、丁寧な説明なおかげで自分たちの希望が整理できました。お勧めの会場を提案してもらい、早速見学にも行けることができたのが、ありがたかったです」

「会場の候補を出したり、見学の予約を入れたり、自分たちだけではこんなにスムーズにできなかったと思います。とても助かりました!」

「自分でネットなどで調べるよりも、さまざまなことをより詳しく知ることができました。本当に来て良かった♪」

※コメントは2015年4月にゼクシィ相談カウンターを利用した方が回答した調査によります。

from編集部『忙しくて準備が滞っている人こそゼクシィ活用がお勧め』

忙しいのに何でも一人で頑張ろうとすると、結婚式自体が重荷になってしまいます。結婚式準備を楽しんで行うためには、遠慮しないで周りの人の協力を仰ぐことも必要。もちろんゼクシィも忙しい花嫁をバックアップ。会場探しだけではなく、準備のダンドリやアイテム選びなどについても、ゼクシィシリーズを活用すると便利です。

構成・文/粂 美奈子
※掲載されている情報は2015年8月現在のものです。

  • 挙式半年前
  • 結婚式場検討期
  • きちんとしている
  • ふたりらしい
  • もてなし
  • 安心したい
Share on>

pagetop