ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 写真・映像
  5. 秋のロケフォト 先輩のステキSNAP集<洋装編>
演出アイテム等
Share on>

秋のロケフォト 先輩のステキSNAP集<洋装編>

秋はロケーション撮影のベストシーズン。色彩豊かな秋の自然をバックに、純白のウエディングドレス姿は、いっそう艶やかに見えるはず。先輩カップルの実例SNAPを基に、ゼクシィで長年活躍するフォトグラファー清水知成さんが撮影のテクニックについて解説。秋のステキなロケーション撮影のイメージを膨らませてみて!

秋の低い光を生かし、幻想的で美しく

ガーラントを持って木の下に座るふたり

木の下に座るふたりのリラックスした表情から、心地よい秋風が感じられる。秋らしい低い光がふたりを優しく照らし出し、柔らかな光に包み込まれたふたりの幸せな気持ちが伝わってきそう。

撮影/ONELIFE

【プロの視点】意外に難しいドレスでの座り写真

素人では難しいのがドレスでの座りポーズの写真。ドレスの汚れを気にしたり、裾を広げる人が必要だったり、何かと手がかかるため、プロによる撮影ならではの一枚です。低い光を逆光で捉えたことで、爽やかさと温かさをうまく出しています。(清水さん)

秋の空の高さと広さを表現

太陽の光を受けて芝生の上で離れて立つふたり

秋の高い空の晴れ渡った様子と澄んだ空気感が伝わってきそう。眩しいほどの強い光がふたりを照らし、まるで舞台の上でスポットライトを浴びているかのようなインパクトのある写真。

撮影/ONELIFE

【プロの視点】クリアな影から澄み切った空気を感じる

広角レンズを使用し、秋の高く広い空をうまく表現している一枚です。ポイントは秋の光が生み出す特有の長い影。逆光でふたりの影を強く映し出すことで、ダイナミックでありながらも、うまく余韻を残しています。(清水さん)

紅葉とふたりがつくり出す世界観

色付いた紅葉の木にもたれかかるふたり

秋の夕暮れ時ならではの光から、柔らかでありながらも、どことなくはかなげな印象が伝わってくる。色鮮やかな紅葉ではないが、それが逆にふたりの大人っぽい雰囲気にピッタリ!

撮影/ONELIFE

【プロの視点】光の柔らかさでアンティークな雰囲気に

紅葉した葉を手前にぼかすことで、ふたりが紅葉に包まれている雰囲気を作っています。望遠レンズで手前をぼかすことで、フォトグラファーの存在を消して、ふたりだけの世界観を出しています。(清水さん)

芝生と落ち葉で季節感を表現

紅葉した木々をバックに芝生の上に立つふたり

枝の色、オレンジの葉の色、芝生の緑、その中に全身の立ち姿のふたり。すべてがひとつになって静かな秋を表現しているよう。足元の落ち葉もアクセントに。

撮影/ONELIFE

【プロの視点】静かな秋を思わせる色調

並木で奥行きを出すことで、ふたりが浮き立つような構図になっています。色付いた葉だけでなく、芝生の緑を入れることで、よりモミジの艶感が感じられるように。曇天のよさを生かした一枚です。(清水さん)

高い秋空の下、あるがままのふたりを

高く広い空と街並みをバックに立つふたり

リラックスした自然な笑顔から、ふたりが住んでいる町で撮影したことがよくわかる。空の高さと雲の感じから季節がごく感じられる、日常のワンシーン。何度でも見たくなっちゃう写真かも。

撮影/シキラマグラフィー

【プロの視点】空の表情から秋を感じる

建物の高さとふたりの顔の位置を揃え、空の面積を増やすことで、秋の高い空をうまく表現しています。真正面からふたりを撮影することで表情がより生き生きして見えます。(清水さん)

落ち葉が彩る映画のワンシーンのように

初秋の木々の中にある階段で向き合うふたり

映画のような色調でとてもロマンチック。衣裳もナチュラルで、旅の途中でさりげなく撮影したような雰囲気で、額装して飾っておきたいと思うような写真。

撮影/シキラマグラフィー

【プロの視点】ふたりの配置が奥行き感を醸し出す

階段の上にふたりが立ち、空を入れずに足元の階段を入れることで、雰囲気のある写真になっています。赤が入っていなくても、階段に落ちた葉を手間にぼかすことで、季節感が伝わる洒落た構図です。(清水さん)

紅葉とはひと味違う秋の表情を出す

一面のススキの中で向かい合うふたり

色鮮やかな紅葉のイメージとは真逆のススキ。秋風に揺れる穂の中のふたりの表情から通い合う心が伝わってくる。さりげない中にも幸せ感あふれるショット。

撮影/elle pupa

【プロの視点】彩度を落として大人っぽい雰囲気に

一面のススキ野原の斜面をうまく生かした構図です。明度も彩度も落としたことで、逆に目を引く写真に。ともすればわざとらしさを感じるポーズでも風にゆれるススキがいいバランスを作り出しています。(清水さん)

秋の池をメインに雰囲気重視で

池に浮かぶボートに乗るふたり

広い池に浮かぶ一隻のボート。背景は一面の紅葉。山の木々と、池の水とのコントラストで独特な世界観を展開。よく見るポーズでもロケーションが違うとこんなにステキに。

撮影/elle pupa

【プロの視点】乗り物は印象を変えるポイント

ロケーション撮影のアクセントとなるのが乗り物です。船を使ったことで、ふたりの門出というストーリーも作り出しています。遠目に見える紅葉の山とその先の空へと続く写真の抜け感が、雄大な自然をうまく表現しています。(清水さん)

from編集部『紅葉だけじゃない、撮影スポット』

秋のロケーション撮影というと紅葉が思い浮かぶが、空の高さや影の長さなどから秋を感じることもできる。カジュアルな洋装なら、日常の生活空間やふたりにとっての思い出の場所でなど、自然いっぱいの場所にこだわらずに自由に撮影してもらうと、撮影している時間も思い出に残るはず。

取材・文/真下智子 写真協力/シキラマグラフィー、elle pupa、ONELIFE  監修コメント/清水知成
※掲載されている情報は2015年8月時点のものです。

  • 打ち合わせ開始期
  • おしゃれ
  • ふたりらしい
  • 思い出の場所で撮影
  • 自然の中で撮影
  • 街中で撮影
  • 公園・庭で撮影
  • 別撮り
Share on>

pagetop