ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 【年齢別】子連れのゲストのために何をした? “気遣い”ランキング
お金・常識
Share on>

【年齢別】子連れのゲストのために何をした? “気遣い”ランキング

小さな子どものいるゲストにとって、新郎新婦のどんな気遣いが嬉しいもの? 子どもたちの年齢によって、必要なこと、されて嬉しいことは少しずつ違うんです。そこで、先輩カップルと子連れゲストの声をもとに、特に気をかけてあげたい5歳以下の子どもにスポットを当てて、気遣いのポイントをご紹介します!

「子連れのゲストのために何をした?」ランキング

まずは、就学前の小さな子ども(0歳から5歳)を連れて出席するゲストのために、新郎新婦がどんな配慮をしたのかをランキングでご紹介。ここまでは最低限したほうがいいという目安として考えてみて。

【0歳~1歳】の子ども連れのゲスト向け

ベビーベッドで眠る赤ちゃん

1位 ベビーベッドを手配した(41%)
2位 授乳室を用意した(24%)
3位 離乳食の対応をした(10%)

この年齢の子どもを持つゲストにとって一番気になるのは「寝かせる場所」と「授乳」。ベビーベッドやクーハン(キャリー用のかご)をゲスト席の隣に置いて、常に目に入る状態にしてあげるのはもはや常識といえそう。授乳スペースのほか、ミルクなら調乳用のお湯のポットを用意すると喜ばれる。6カ月を過ぎると離乳食が始まる。ゲスト自身が持ち込みたい場合もあるので、会場に離乳食が手配できるかを確認した上でゲストにヒアリングを。なお「アレルギーの有無を確認した」という人は6%。

デキる花嫁はココが違う!「専用スペースの導線まで配慮」

「披露宴では、授乳のために外へ出やすいドア付近席を用意。『子どもが泣いたらすぐ出られて良かった』と言ってもらえました」(37歳・女性・会社員)

【これで完璧!】
席を外す時間が少しでも短く済むよう、授乳スペースはできるだけ会場に近い場所を。トイレに授乳やおむつ替えのスペースがある場合は、それも教えてあげよう。寝かしつけるためには静かな場所が必須なので、人の出入りがなくいつでも使える授乳専用の部屋を確保しておくと喜ばれる。

【2歳から3歳】の子ども連れのゲスト向け

美味しそうにご飯を食べる女の子

1位 子ども用の食事を用意した(47%)
2位 披露宴中に遊べるおもちゃを用意した(26%)
3位 子ども用の椅子を用意した(13%)

歩いたり走ったり、動き回るのが大好きなこの年頃の子どもたちは、披露宴でおとなしく過ごせるかが親ゲストの心配どころ。キッズメニューやおもちゃで関心をテーブル上に引きつけるのはもはや定番。子ども用メニューを用意する時に、あらかじめアレルギーや好き嫌いを確認する花嫁も多い。

デキる花嫁はココが違う!「子どもを飽きさせない」

「ポータブルのDVDプレーヤーを用意。披露宴中もぐずることなく、夢中で楽しんでいました」(37歳・女性・会社員)

【これで完璧!】
ゲストテーブルにあらかじめおもちゃを用意しておく人は多いけれど、披露宴中ずっとそれに興味を持ってもらえるかどうかは、その子次第。その点、引きの強い映像を繰り返し再生できるDVDプレーヤーを用意するのはさすが! あらかじめ好きなキャラクターやアニメについてヒアリングしておけば完璧。ただし、子どもゲストが何人もいる場合は、キッズスペースに1つ置くなどの工夫を。

【4歳から5歳】の子ども連れのゲスト向け

風船で遊ぶ子どもたち

1位 子ども用の食事を用意した(30%)
2位 披露宴中に遊べるおもちゃを用意した(23%)
3位 遊べるスペースを作った(9%)

この年頃の子どもたちは、大人との会話も十分できるようになり動きも活発に。一人前の大人と同じメニューを食べるのはまだ難しいので、やはり子ども用の食事を用意したという人が最多。おもちゃはパズルや折り紙など指先を使うもの、好きなキャラクターに関連するものが喜ばれるみたい。子どもたちが何人もいるなら、遊べるスペースを作ってしまうのも有効。

デキる花嫁はココが違う!「演出にも参加してもらう」

「挙式で、フラワーシャワーの代わりに、子どもたちにはシャボン玉を用意。楽しそうに遊んで、新郎新婦の登場を待っていてくれた」(36歳・女性・ 会社員)

【これで完璧!】
挙式が終わってからふたりが姿を現わすまでの待ち時間は、子どもゲストにはちょっと退屈な時間だったりします。フラワーシャワーの代わりにシャボン玉を持たせてあげれば、遊びながら待てるしフラワーシャワーとシャボン玉が同時に降り注ぐ素敵な演出に。 もう一工夫するなら、万が一飲み込んでも大丈夫なシャボン玉液にすれば、親ゲストも安心!

子どもの年齢別「親ゲストの声」

ここでは、0歳から5歳の就学前の子どもの特徴と、どんな気配りが嬉しいのかというゲストの生声をご紹介。子連れゲストのためにどのようなことを配慮すればよいのか、ヒントにしてみて。
※子どもの成長には個人差があるので、あくまで目安としてお考えください。

【0歳から1歳】の子ども連れの親ゲストから

赤ちゃんのイメージカット

<この年頃のおもな特徴>
・生後3カ月くらいまでは人の多い場所への長時間外出は避ける傾向
・6カ月くらいから歯が生え始め、離乳食がスタート
・1歳くらいでつかまり立ちやハイハイ、早い子はよちよち歩きも
・おむつ交換は1日10回以上
・食後(授乳後)など、十分に寝る必要あり

<親ゲストの「嬉しい!」生声>
「ベビーベッドを用意してもらっていたので、結婚式の最中寝かしておけたのが助かりました」(41歳・男性・会社員)

「ミルク用のお湯を用意してくれていて、花嫁のさりげない気遣いに感激しました」( 23歳・女性・パート/アルバイト)

「優しく声をかけてくれた。小さな子どもを連れている親は周囲に迷惑をかけることが一番心配なので、それだけでも嬉しかった」(27歳・男性・会社員)

【2歳から3歳】の子ども連れの親ゲストから

2歳児のイメージカット

<この年頃のおもな特徴>
・大人との会話ができるようになる
・乳歯がだいたい生え揃う
・おむつはまだ必要
・3歳にもなると、着替えなど自分でやってみたくなる
・お昼寝をする

<親ゲストの「嬉しい!」生声>
「娘が新郎新婦に花束を渡す役割をさせてもらい、お礼にバルーンをもらうというかわいいシーンを見せてもらった」(35歳・女性・パート/アルバイト)

「子ども用のお菓子が、最初からテーブルの上にメッセージと共に用意されていました」(39歳・女性・専業主婦)

「何かあった時のために空き部屋を用意していると教えてくれた。使わなかったが、その気持ちが嬉しかった」(29歳・男性・ 自営業)

【4歳から5歳】の子ども連れの親ゲストから

ケーキを見つめる子どもたち

<この年頃のおもな特徴>
・ボキャブラリーが増える
・大好きなキャラクターやテレビ番組がある
・食べ物の好き嫌いが出てくる
・おむつは外れているかトイレの練習中
・人見知り、甘えん坊が出てくる子も
・大人と同じように扱ってもらいたがる

<親ゲストの「嬉しい!」生声>
「食事は大人用とお子様の中間に。キッズプレートをメインに、ジュースはフリードリンクでデザートは大人と同じタイミング。もりもり食べてくれたそうです」(花嫁・24歳・会社員)

「入場のきっかけになる鐘をならす役を、小3の兄と5歳の弟が一緒にさせてもらった。披露宴に出ている子どもたち全員がプレゼントをもらったので、子どもたちも公平に感じたのではないでしょうか?」(41歳・女性・専業主婦)

「スタッフさんがよく声をかけてくれた。新郎新婦と触れ合える時間は少ない分、スタッフさんたちに話が伝わっているようで安心できた」(29歳・男性・会社員)

【チェックリスト】子連れのゲストのためにしたいこと

花嫁と手をつなぐ子どもたち

最後に、子連れゲストのために何を準備すればよいのかを「会場にお願いすること」と「ふたりが工夫すること」の2つに分けたチェックリストで確認を。子連れゲストとその子どもたちの年齢や人数によって必要なことを選んでみよう。

<会場に手配可能か確認すること>
□ 授乳・おむつ替えスペースの有無
□ 紙おむつは標準装備されているか
□ ベビーベッドの有無、ゲストテーブルに配置できるか
□ ベビーカーの貸し出しは可能か
□ 子ども用椅子の有無と種類
□ 子ども用メニューの種類
□ アレルギー対応してもらえるかどうか
□ ミルク用のお湯の手配について

<ふたりで考えて工夫すること>
□ 子どもたちも参加できるような演出
□ 飽きさせないためのおもちゃやお菓子
□ 子どもたちにもスポットが当たるセレモニー
□ 料理やおもちゃをどのタイミングで出すか
□ プレゼントを渡すタイミング

from編集部『必要なことを確認しながら気配りを』

花嫁の優しい気持ちを、小さな子ども連れのゲストはきっと喜んでくれるはず。ただし、子どもの成長度合や年齢によっては、それほど必要のないことも。直接リクエストを聞いてみて、それにプラスαな気配りを工夫するのがベスト。結婚式までの準備や当日を、まずはふたりが楽しむことも忘れないでくださいね。

構成・文/田中英代(Blue Ladybird)
※掲載されている情報は2015年8月時点のものです
※記事内のデータおよびコメントは、2015年6月に「マクロミル」のモニタ会員209人が回答したアンケートによるものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 挙式・披露宴
  • 演出・アイテム
  • 式直前1カ月前
  • 常識・マナー
  • ランキング
Share on>

pagetop