ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエディングケーキ
  5. パティシエ本澤 聡 a tale of cake3「作品例:ふたりの未来のお店を乗せて」
コラム・連載
Share on>

パティシエ本澤 聡 a tale of cake3「作品例:ふたりの未来のお店を乗せて」

スイーツショップ『アニバーサリー』のパティシエがお届けする、おしゃれでおいしくて感動しちゃうケーキの話。
第3回目は、実際にオーダーを受けて作ったウエディングケーキをピックアップ。そこに込められた新郎新婦の希望や思いも併せてご紹介します。
てっぺんのおうちと大きなリボンが印象的なこのケーキ、その主は果たして……。

新郎新婦が将来持つケーキ屋さんをシンボルに

ケーキ全体

4段重ねの土台にリボンやハートの飾りがいっぱいの、スイートな印象のケーキは、パティシエのカップルのために作られました。かわいいものが大好きな新婦のイメージで、ケーキ表面はフリルをイメージした立体的な生クリームでデコレーションし、ピンクの大きなリボンでセンターを飾っています。子どもを含めた3人家族の顔を中心に、イチゴやハートなどのキュートな飾りをたっぷりまぶしました。
上の2段のケーキは、パティシエとして働く新郎新婦が、将来夢見るお店をイメージしたもの。ここだけシュガークラフトなので、式後は家に飾っておくことができます。

応援してくれるスタッフの心遣いに感動

ケーキ拡大

お察しのとおり……実はこれ、私の結婚式のケーキなんです。作品例の初回ということもあり、まずは自分のケーキをご紹介させていただきます。

私たちが結婚式を挙げたのは、婚姻届を出してから3年目。彼女も同僚のパティシエールなのですが、結婚直後は何かとバタバタしており、そのうちに子どもも生まれ、ようやく実現した式でした。
ケーキは、アニバーサリーのオーナー本橋に“おまかせ”でオーダーしました。なので当日までは私たちには完全サプライズ。スタッフみんなで知恵を絞り、私たちを象徴するデザインを考えてくれたと後から聞きました。

全体のラブリーでかわいいイメージは、彼女がリボンやフリルが好きなのを知っている同僚スタッフがデザインを起こしてくれたそう。プラチョコでできた飾りは、スタッフ一人一人がデコレーションしてくれたらしいです。一番上に載ったお店は、以前お酒の席で、将来は独立して自分たちの店を持ちたいという夢を語ったことをオーナーが覚えていてくれたようです。

一生に一度のケーキに、自分たちのことを理解し、そのイメージを形にしてくれたスタッフには、心から感謝の気持ちがあふれました。シュガークラフトのお店は、玄関に飾って楽しめたので、式後もその感動が続いています。

<CAKE DATA>
ゲスト人数:70人 式場タイプ:ゲストハウス

本澤 聡プロフィール

ウエディングケーキを主体としたスイーツショップ『アニバーサリー』早稲田店パティシエ。2005年に入店。ケーキ、引菓子、プチギフトなどの製作を手掛けるほか、青山店で開催するお菓子教室の講師も担当。デザイン性豊かな同社のケーキは、たびたびゼクシィ誌面のイメージビジュアルに登場し話題となっている。
http://www.anniversary-web.co.jp/

構成・文/伊藤佳代子 
※掲載されている情報は2015年8月現在のものです

  • 挙式半年前
  • 打ち合わせ開始期
  • ふたりらしい
  • フルオーダー
  • セミオーダー
  • 洋菓子
Share on>

pagetop