ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. ハワイより愛を込めて4 小林直子が贈る「happy cake」
コラム・連載
Share on>

ハワイより愛を込めて4 小林直子が贈る「happy cake」

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子より、現地のオシャレなウエディングアイデアをお届け♪ 今回は皆さんお待ちかね、ケーキについて。近頃の“ハワイの気分”を感じさせる素朴なデザインや、おなじみシュガーケーキ、そして親へのギフトになるサプライズケーキなどラインアップ。上手な選び方のコツは、驚くほどシンプル!

今、ハワイの気分はラスティック♪

3段のタワー型ケーキスタンドの上段に、チョコレートスポンジと生クリームを交互に重ねたホールケーキ。中段と下段にチョコレートスポンジのカップケーキ。トッピングはかわいいベリーたち
チョコレートスポンジと生クリームも何層にも重ねた3段のケーキ。トップのホールケーキだけ、生クリームを全面に塗ってホワイトに。その上にはピンクドットやレモンイエローのフラッグたち

ウエディングケーキの選び方のコツはとっても簡単、「ふたりが好きなもの」でOK! 会場のスタイルも、テーマカラーも、アイテムのニュアンスも全て忘れて自由にセレクトしましょう。だって、ケーキを選ぶ時間は、とっても楽しいものだから。もちろん、コンセプトに合わせるのも素敵。コーディネートをあれこれ考えるのもワクワクしますものね。とにかく、ふたりが楽しければALL OKなんです。ちなみに近頃ハワイの気分は“ラスティック(飾り気がなく素朴な感じ)”“オーガニック”といったワードがしっくりきます。ケーキもナチュラルなものが人気です。

[1枚目]現地のライフスタイルマガジンでも紹介された、ビターなチョコレートスポンジのケーキ。表面にクリームなど何も塗らないシンプルなデザインは、アメリカ本土でもはやっている

[2枚目]チョコレートのスポンジと生クリームを積み重ねた、温かみのあるデザイン。潮風に揺れるようなフラッグは、ビーチを眺めるレストランウエディングにぴったり

ほれぼれ、大人トーンのシュガーケーキ

真っ白なシュガーケーキ。よく見るとまるでレースのような花模様やイニシャルがデザインされている
ライトグレーと白を組み合わせた、3段のシュガーケーキ。下段はアーガイル模様になっていて、トップにはケーキトッパー

ハワイのウエディングケーキといえば、デコラティブなシュガーケーキを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。デザインも色も自由自在のシュガーケーキですが、大人のふたりなら、あえて飾りすぎず、ナチュラルに仕立てるのも素敵です。真っ白なボディにちょっとこだわりのデザインを施したり、ケーキでは考えられないようなグッと落ち着いた色合いにしてみたり。トーンをコントロールできるのも、シュガーケーキの魅力です。

[1枚目]ハワイのグリーンに映える、真っ白なシュガーケーキ。よく見るとまるでレースのような花模様やイニシャルがデザインされている

[2枚目]なんとライトグレーを取り入れた、3段のシュガーケーキ。下段のアーガイル模様もオシャレ

アイキャッチがポイント、ゲストへの“サプライズケーキ”

笑顔あふれる両家親による、サプライズのケーキ入刀。ふたりとは別のウエディングケーキを用意した
両家親のためのケーキは、ジュエルボックスをモチーフにしたもの。淡いピンクのギフトボックスに、大粒の宝石をのせたリングがデザインされている
新郎新婦のために用意されたのは、淡いピンクの二段重ねのケーキ。トップにはエレガントなバラを飾って

ケーキセレモニーは新郎新婦だけでなく、家族や友人にサプライズで参加してもらうことも多いようです。例えば親御さんの結婚20周年、30周年にあらためて誓いを交わす“バウ・リニューアル”を行い、プチ演出としてケーキセレモニーを取り入れるのもいいですよね。さてこのとき、ふたりのウエディングケーキとはまったく異なるデザインを用意すると、よりスペシャルなギフトになります。大事にしたいのはアイキャッチ! 時間にするとほんの一瞬なので、プレゼントを選ぶように、印象に残るデザインを考えましょう。

[1枚目]素敵な笑顔に包まれた、両家親によるサプライズのケーキセレモニー。ジュエルボックスをデザインしたチャーミングなケーキが登場すると、「わっ!」と歓声が

[2枚目]
淡いピンクのボックスに、大粒の宝石がキラリ輝くリングのデザインは、まさにギフトのよう。アイキャッチもばっちり

[3枚目]ふたりのために選んだウエディングケーキは、淡いピンクの二段重ね。トップにはバラを飾ってエレガントに

from Naoko
『ケーキ選びの思い出ノートを作りましょう』

こだわりのデザインを作ってもらっているケーキショップは、甘い香りに包まれて夢いっぱいのかわいい空間。一歩お店に入れば、花嫁でなくてもワクワクは止まりません。マガジンやサイトでケーキを探しているときも、きっと同じ気分ですよね。準備期間中のこの気持ちは、ウエディング後も忘れられない宝物……。画像を切り抜いてノートに貼っておくと、資料として役立つだけでなく、大切な思い出になります。

Profile

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子。Wedding Scenes代表。愛あふれる“アロハスピリッツ”を大切に、ハワイのおしゃれでリラックスしたウエディングスタイルを提案。現状、手掛けている結婚式の9割がハワイ婚だが、日本国内のウエディングもプロデュースしている。著書に『Wedding Scenes 世界一素敵なウェディングシーンのつくり方』。

取材・文/千谷文子 
※掲載されている情報は2015年6月時点のものです

  • 演出・アイテム
  • 結婚準備全体
  • おしゃれ
  • ふたりらしい
  • 憧れ・夢
  • 海外ウエディング
Share on>

pagetop