ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエルカムボード
  5. 和のエッセンス薫るウエルカムボードが素敵!
演出アイテム等
Share on>

和のエッセンス薫るウエルカムボードが素敵!

突然ですが、「和風のおしゃれなウエルカムボードってなかなか見つからないなぁ……」とお悩みではありませんか? 「和」を取り入れたおしゃれなアイテムのポイントは、結婚式のテイストに合わせた「和のエッセンス」が程よい割合でプラスされていること。今回はハンドメイドマーケット『minne(ミンネ)』で活躍する作家さんに、上手に「和のエッセンス」を取り入れたオシャレなウエルカムボードを提案してもらいました!

【和のエッセンス20%】ナチュラルなリースに和素材をプラス

ウエルカムリース
つまみ細工のかざり
水引のかざり

木の枝をまとめたナチュラルなリースに花をあしらった、一見洋風のウエルカムリースには、よく見るとちりめんのつまみ細工や水引で和のアレンジが。洋風の会場で、お色直しの衣裳や演出で結婚式に少しだけ和の雰囲気を取り入れようと思っているなら、こんな風にウエルカムアイテムにも少しだけ和のエッセンスをプラスしてみて。使用する花の色や種類によってイメージをガラッと変えることも可能。

[写真1枚目]洋風の会場やコーディネートにもすっと調和するデザイン。和のあしらいのさりげなさがオシャレのポイント

[写真2枚目]つまみ細工の先には小さな鈴が。揺れるたびにかわいらしく鳴る音色もアクセントに

[写真3枚目]水引が控えめながらも凛(りん)とした存在感をアピールし、洋と和の絶妙なバランスを作り出している


制作:Harunowa

【和エッセンス50%】ウエディングツリーを松の木で

ウエディングツリー
指紋スタンプアップ
ペーパークイリング

ゲストの指紋を木の葉に見立ててスタンプしてもらうことで1枚の絵が完成する、今人気の「ウエディングツリー」もアレンジ次第でこんなに和の雰囲気に。木の幹や両側にあしらわれた花は、よく見ると色とりどりのペーパーをくるくると丸めて花を形作ったもの。繊細な細工にゲストからも歓声が上がりそう!

[写真1枚目]コーディネートも和と洋のミックスを意識して。テーブルクロスを和のモチーフが入ったものに変えるだけで、ぐっとまとまり感が出てオシャレ

[写真2枚目]指紋を押してもらうスタンプは、薄い緑、濃い緑など数色用意すると見栄えが良くなる

[写真3枚目]紙をくるくると巻いて組み合わせる「ペーパークイリング」というヨーロッパ発祥のアート。繊細な技術で和の雰囲気たっぷりの梅の花を表現

制作:Iris Shelly

【和のエッセンス80%】杉の木目が美しいウエルカムボード

杉の板のウエルカムボード
ウエルカムボード文字アップ
ウエルカムボード角アップ

和風の会場や料亭で和の結婚式をするなら、ウエルカムボードも素材からこだわってみて。日本で古くから使われている杉の板に「縁を結ぶ」という意味を込めて結び目のモチーフをプラス。このモチーフをふたりの結婚式のシンボルとして招待状や席札にあしらえば、ふたりの気持ちがもっとゲストに伝わるはず。ふたりの名前でなく家紋を入れることで、いっそう和の雰囲気に。

[写真1枚目]ボードが主役のシンプルなコーディネート。とことん和にこだわった結婚式でも、少しだけ洋風の要素を取り入れることで上級のオシャレに。

[写真2枚目]文字をよく見ると、木目が透けるように薄く色を付けている。「抜け」を作ることで重くなり過ぎない絶妙なバランスが生まれる。

[写真3枚目]逆に縁にはしっかり色を乗せて全体をキュッと締める。この足し算、引き算がシンプルな色使いを引き立たせるポイント。

制作:HOME FAB

【Information】
アクセサリーやバッグ・雑貨・家具など、世界に1つだけのハンドメイド作品を販売・購入できる、ハンドメイドマーケット『minne(ミンネ)』。100万点を超える手づくり作品の中から全国の作家さんの作品を購入できます。今回ご紹介した作家さんもここから検索が可能。
https://minne.com/

『minne(ミンネ)』アプリ版
■iOS
App store> ライフスタイル > minne

■Android
Google play > ショッピング >minne

From編集部『「イメージにピッタリ」が必ず見つかるはず!』

ウエルカムボードだけでなく、ウエディングアイテムはたくさんあって迷ってしまうけど、もし、ウエディングに「和」を取り入れたいと思っているなら、「和のエッセンス」をどのくらい取り入れるかを意識してアイテム選びをしてみて。「和」と「洋」の上手なMIXがオシャレウエディングのカギ!

撮影/園田賢史 スタイリング/松下綾子 構成/小田真穂(本誌) 取材協力/minne
※掲載されている情報は2015年7月現在のものです

  • 打ち合わせ開始期
  • 和風
  • 頑張りたい
  • 自慢したい
  • 神前式
  • 仏前式
  • 和婚
  • ウエルカム演出
Share on>

pagetop