ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. BGM
  5. BGM選びのポイントは『入場』&『映像演出』にアリ!
演出アイテム等
Share on>

BGM選びのポイントは『入場』&『映像演出』にアリ!

楽譜と花びらのハート

披露宴を作る上で大事な要素であるBGM。「自分たちの思い出の曲を流したい」「好きなアーティストの曲を流したい」と、ふたりの希望はいろいろあるけど、ゲストはどんなふうに感じているのでしょう? ここでは結婚式に参列した経験のあるゲスト110人の印象に残ったBGMを調査。ここで挙がった声を参考に、みんなの心に残るBGM選びをかなえて。

『入場』と『映像演出』のBGM選びにはこだわろう

結婚式に出席したゲストにどんな場面のBGMが印象に残っているかを聞いたところ以下のような結果になりました。

<BGMが印象に残っているのは式のどんな場面?>
入場……18.2%
映像演出……9.1%

その他、歓談中のBGMや新婦の手紙の場面などの意見が上がったがいずれも少数。
つまり、披露宴でのBGM選びは『入場』と『映像演出』が肝で、この場面をおさえておけばOKということ!

入場前のシンとした雰囲気の中で突如流れる曲は、ほとんどのゲストがふたりの入場シーンに注目しているので印象に残りやすいよう。また、プロフィール映像などの映像演出も、画面に注目しているのでBGMが自然と心に残るみたい。
だから、この2つの場面のBGMは特にこだわって選んで。

では、どんなBGMが「ステキ!」でどんなBGMが「イマイチ……」と感じたのか、さらにゲスト聞いてみましょう!

ゲストの印象に残った「ステキBGM」

ステキBGMイラスト

ゲストに「あなたが招待された結婚式で『良かったなぁ』『ステキだったなぁ』と印象に残っているのはどんなBGMですか?」と聞いてみました。

「ふたりが好きな野球チームの応援歌が流れたときは『ふたりらしくていいな』と思いました。」(39歳・女性)

「お色直しの後、誰もが知っているテンポの良い曲でふたりがミュージカルのように踊りながら出てきたのがステキだった。」(57歳・女性)

「歓談のとき、ふたりが好きなアーティストの曲が流れていた。若々しい感じがして良かった。」(63歳・女性)

「定番の曲が流れたが結婚式らしいと思えたので、一番気分が盛り上がった。」(34歳・男性)


普段のふたりが感じられる曲や披露宴のテーマに合った曲が好印象。また、定番といわれる曲も「結婚式らしくていい」とゲストには好評価。

ゲストの印象に残った「イマイチBGM」

イマイチBGMイラスト

では、逆に「イマイチだったなぁ」と印象に残っているBGMはどんなものだったかも聞いてみました。
ほとんどの人が自分の出席した結婚式で印象の良くなかったBGMはないと回答してくれたけど、やっぱり気になる声もありました。

「当時はやっていたアーティストの曲が流れたが、しっとり落ち着いた新婦で招待客もそこそこ落ち着いた年齢層だったので、若い印象のアーティストの曲に違和感を感じた。」(29歳・女性)

「BGMが全てラップの曲だった。親世代としては親御さんのことが心配になった。」(44歳・女性)


ふたりの印象と違いすぎる選曲や、好みばかりに偏り過ぎた選曲はイマイチな印象を与えてしまいそう。また、中には「音楽は雰囲気づくりに大切。ふざけているように感じたり、自分たちや内輪だけが楽しく分かっているようなBGMは避けるべき」(58歳・女性)という意見も。
どうしても使いたいけどゲストの反応が心配という曲があれば、ゲストになぜこの曲を選んだのかというふたりの気持ちを司会者を通してでも伝えられるとベター。

「BGMを決めるときに注意したいこと」
●会場によって、音源の持ち込みができない場合や取り扱える音源に制限がある場合があります。事前に会場に相談、確認をしましょう。
●曲を購入する前に、会場での使用が可能かを事前に確認しましょう。
●会場によって、音源の再生タイミングの指定など、オペレーションの制限がある場合があります。事前に会場に相談、確認をしましょう。

from編集部『披露宴のテーマやどんな場面にしたいかをよく考えて』

アンケートの結果を見ると、結婚式という場にふさわしくてその場面やふたりの印象に合ったBGMが好まれる傾向なので、BGM選びの前にまずは披露宴のテーマやどんな場面にしたいかをふたりで決めておくことが大切。
もちろん「好きな曲をたくさん流したい!」という気持ちは大事だけど、内輪受けになり過ぎるような選曲や趣味を前面に押し出した選曲で最初から最後までを通すのは避けるのが無難。ゲストが注目する『入場』と『映像演出』にポイントを置きながら、誰もが知っているような定番曲も取り入れたりして、バランス良くステキなBGM選びをかなえて。

イラスト/腹肉ツヤ子 構成・文/小田真穂(編集部)
※記事内のデータおよびコメントは2015年7月に20代~60代の男女110人が回答したマクロミルアンケートによるものです
※掲載されている情報は2015年9月時点のものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 演出・アイテム
  • 写真・ビデオ
  • 打ち合わせ開始期
  • 入場演出
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
  • エンディング演出
Share on>

pagetop