ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. ハワイより愛を込めて7 小林直子が贈る「名脇役なプチ演出」
コラム・連載
Share on>

ハワイより愛を込めて7 小林直子が贈る「名脇役なプチ演出」

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子より、現地のオシャレなウエディングアイデアをお届け♪ 今回は、招待状を送る前に日取りを知らせる「Save the date card」や、大人数の会場で役立つ「Escort card」など、日本ではまだ広く知られていない“プチ演出”をご紹介。どれもさりげない存在なのにゲストのワクワクをちゃんと高めてくれる、ハワイウエディングの名脇役です。

「Save the date card」で、日取りをアナウンス

ピンクのカードに、イラストで2台の自転車を描いたsave the date card。
エレガントなフォントとフラワーを描いた、上品なsave the date card。
カードをひもで縛って小包のように。名前とメッセージを入れたラゲージタグもついている

欧米では、結婚式の日取りと会場が決まると、多くのカップルが「Save the date card」を発送します。「この日は空けておいてね」と知らせるプレ招待状です。日本ではメールや電話で行うことが多いけれど、やっぱり「紙」というのは温かな気持ちまでお届けできるもの。ギフトを頂いたときにLineでお礼を伝えるよりも、お礼状を出した方が、たとえ同じ文言でも伝わり方は全然違いますよね。それに「紙」なら自由にデザインできるので、ウエディングテーマやふたりの雰囲気に合ったものにすれば、早くもプチ演出を始められるのです。思い出の場所でエンゲージメントフォトを撮影し、婚約中の写真をデザインにプラスするのもいいですよ。

[1枚目]『2013年6月1日を空けておいてね!』のメッセージを届けた「Save the date card」。サイクリングが好きなふたりなら、こんなふうに自転車のイラストを添えても

[2枚目]書体も繊細でちょっとクラシック。エレガントなふたりにお似合いのデザイン

[3枚目] 小包をイメージしたかわいいアイデア。こちらは招待状だけれど、「Save the date card」にアレンジしてもOK。ゲスト名入りのラゲージラグを添えれば、渡航の時に使ってもらえる

受付からテーブルまで案内する「Escort card」

扉をモチーフにしたライトブルーのオブジェに、エスコートカードがたくさん差してある。ブラインドにカードが差してあるイメージ
カードにはテーブル名と名前が書いてある。愛らしいピンクと特徴あるフォントで、文字だけでもおしゃれ
小さな円形のオブジェの蓋を開けると、中はコンパス。裏蓋に名前が書いてあり、コンパスに付けたリボンにテーブル名が書いてある

ゲストが25名以上の大人数なら、「Escort card」が大活躍! まずゲストは受付で自分の名前入りカードを受け取り、そこに記されているテーブルナンバーを見ながら自分の席へ向かうんです。つまりカードがゲストをエスコートするというわけ。ほんのちょっとのことだけれど、なんだかワクワクしますよね。モチーフはカードでなくても、ウエディングテーマに合ったスイーツでもおもちゃでも何でもOK。一人一人にメッセージを添えることもできるから、ふたりが居なくてもお出迎えのおもてなしになります。

[1枚目]グレーッシュなライトブルーの扉モチーフに、「Escort card」を並べて。受付の人や、他のゲストと一緒に名前を探すのも楽しい時間

[2枚目]「Escort card」には、ゲストの名前とテーブル名が書いてある。真っ白なカードに文字だけのシンプルなデザインだけれど、フォントや色を選ぶことでこんなにもオシャレ

[3枚目]マリンをテーマにしたふたりは、コンパスを「Escort card」に。名前は裏ぶたに、テーブル名は望遠鏡やかじをイラストにしてご案内。旅やふたりの出航をイメージするコンパスは、ハワイウエディングのモチーフにぴったり

男性ゲストも心躍る「Cheese&Nuts Bar」

チーズやドライフルーツなどを並べたバー。背景のグリーンに、木製のメニューボードがよくお似合い。小さな花も飾っている

カラフルなキャンディーやマカロンを並べたスイーツバーもかわいいけれど、ちょっと渋めの「Cheese&Nuts Bar」をご用意することも増えました。アルコールのお供になるのでパーティの最初から最後まで楽しんでもらえるし、男性ゲストも手に取りやすいですよね。チーズやナッツの他には、ドライフルーツやポップコーンもオススメ。また日本からのゲストは遠慮してしまうことが多いので、ふたりから「どうぞ自由に召し上がってくださいね」とご案内も忘れずに。

グリーンの背景に、ウッドのメニューボードがよく映える。チーズやパン、ドライフルーツなどでおもてなし

from Naoko
『おもてなしの心をちりばめて』
今回ご紹介した『Save the date card』、『Escort card』、『Cheese&Nuts bar』などの演出アイテムと、ゲストが触れ合う時間は、ほんの少しです。でもどれも“おもてなしの心”がちゃんと込められています。だからきっと、ハワイウエディングの思い出のワンシーンになるような素敵な仕掛けになると思います。

Profile

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子。Wedding Scenes代表。愛あふれる“アロハスピリッツ”を大切に、ハワイのおしゃれでリラックスしたウエディングスタイルを提案。現状、手掛けている結婚式の9割がハワイ婚だが、日本国内のウエディングもプロデュースしている。著書に『Wedding Scenes 世界一素敵なウェディングシーンのつくり方』。

海外ウエディングのためのゼクシィ発売中!

ゼクシィ海外1508発表紙

世界中の挙式会場選びから準備のしかた、気になるお金やゲスト周りのことまで、この1冊があれば大丈夫。 憧れの海外ウエディングが叶うヒントがいっぱいです!

ご購入はこちらから
『ゼクシィ海外ウエディング』

取材・文/千谷文子 
※掲載されている情報は2015年7月時点のものです

  • アイテム検討期
  • ゲスト
  • おしゃれ
  • もてなし
  • 海外ウエディング
  • ウエルカム演出
Share on>

pagetop