ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 花嫁エステ、半年前から始めたい♪ 5つの理由
お金・常識
Share on>

花嫁エステ、半年前から始めたい♪ 5つの理由

仰向けで横たわってフェイシャルエステを受ける女性

「エステはウエディングドレスが決まってからでいい」とのんびりしている花嫁さんも多いけれど、たとえ3カ月間のコースでも、半年前から探し始めるのがオススメ。半年間エステを受ければさらに効果的です。逆にサロンをしっかり検討しないでエステを始めたり、式直前になって受けたりすると、肌トラブルが起きることも。この記事では「なぜエステを半年前から始めた方がよいか」、その理由を医師のアドバイスを含めてお教え。

1 肌トラブルがある場合、改善に3カ月以上要する

うつぶせて横たわった女性の背中にマッサージオイルがかけられている

古くなった角質が剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わる周期(ターンオーバー)は20代で28日、30代だと40日。
「肌は一定周期で新陳代謝が営まれ、日々生まれ変わっています。このリズムを円滑にすることにより、きめが整い、透明感が戻り、バリアー機能が強化されて美肌を取り戻すことができるのです」と教えてくれたのは皮膚科医の谷口由紀先生。
「肌の変化を期待するには数サイクルのメンテナンスが必要。例えば、日焼けした肌が元の肌色に戻るのも新陳代謝によるものですが、落ち着くまで3カ月くらいかかるので、健康な肌の方でも3カ月くらい前から施術を始めたいところ。施術期間が長いほど、よりメンテナンスの行き届いた肌になり、施術を止めても良い肌状態が長続きします」。
なるほど。では、肌にトラブルがある場合は?
「ニキビ跡などトラブルがある人が満足度の高い結果を得ようとすると更に長い施術期間が必要となります。ニキビ跡の色素沈着はエステでも改善は見込めますが、凹凸のあるニキビ跡は難しく、医療機関への受診が必要となるケースがあり、改善に6カ月以上の期間を要することも。なので、結婚式の日取りにかかわらず、出来るだけ早く医療機関を受診することをオススメします」。

2 自分の体質、肌質に合ったサロンをじっくり探せる

タオルとエステで使用するオイルなど

サロンによって期間、回数、費用、得意分野、施術方法、使っている化粧品などに違いがあり、たくさんある中から自分に合ったサロンやコースを見つけ出すのは大変。その点、受ける期間が3カ月間でも、半年前から探し始めれば、カウンセリングにも時間がかけられるし、じっくり比較もできます。また、エステを決める前に、アレルギー反応が出ないかチェックするパッチテストや体験エステ、お試しエステを受けたいところですが、体験やお試しでも、エステ初体験の人や肌が弱い人などは、赤味や湿疹などが出ることも。体験といっても肌に負担が掛かるので、次のサロンの体験を受けるまで1週間は空けたいところ。このように時間をかけることで、ベストなサロン&コース選びをすることができ、理想的な花嫁に近づく第一歩になるのです。

3 希望のコース、時間を予約しやすくなる

アンティーク調の置時計と鳥をデザインした置物

春秋の結婚式シーズン前の2~3カ月間はブライダルエステを受ける花嫁さんがたくさん。それに対して、各エステサロンが受け入れることができる人数は年間通して一定。そのため、エステを始める直前になってサロンに行くと、希望しているコースが取れないことも。また、早く申し込んだ人が土日や平日の夜など、行きやすい日の予約を一気に入れてしまうため、出遅れると、エステの予約を取るのも大変に。他の花嫁さんが動きだす前に行動を開始することが、スケジュール的にもオススメなのです。

4 ボディはドレス決定までに仕上げるのが理想的

ウエディングドレスを着た花嫁の後ろ姿。リボンでウエストマーク

半年前というと多くの花嫁が衣裳を選び始める時期。そして大概の人は、挙式3カ月前には決めてしまいます。その後、エステでシェイプアップして、スマートな体形になっても、胸元が緩くなるなど、ドレスが合わなくなってしまう可能性が。その場合、脇を詰めたり、パットを入れたりしてカバーすることもできるのですが、式当日胸元が気になったりして、落ち着きません。また、結婚準備で多忙になるのは挙式前の3カ月間。この時期に食事制限を伴うダイエットをすると、ストレスもたまって、パワーダウンしてしまいます。だから、できたら、衣裳を決める前にベストな体を作り、それに合わせてドレスを選びたいもの。シェイプアップ系のエステをするなら半年前から、人によってはさらに早くからスタートするのがオススメなのです。

5 記念写真の前撮りをする人も早めスタートがオススメ

陽光が降り注ぐ緑のガーデンで写真撮影している花嫁

昨今、プロフィールビデオなどの映像やプロフィールパンフレットなどに使うため、挙式2~3カ月前に記念写真の前撮りをする人たちが増えています。その撮影にもベストな肌コンディションで臨みたいと、撮影直前に初めてエステを受ける花嫁さんも多いのですが、逆に肌トラブルが起きて、撮影を延期したという実例も。花嫁向けのエステは顔、デコルテ、背中と露出する部分を中心に行うので、目立ってしまいます。前撮りを考えている人は、撮影日を基準にさかのぼってエステを始めるようにしたいですね。

監修:広尾プライム皮膚科 谷口由紀先生

1999年大阪市立大学医学部卒業。大学病院形成外科、都内レーザー専門クリニックを経て、2012年より広尾プライム皮膚科勤務。日本形成外科学会専門医、日本レーザー医学会専門医、日本レーザー医学会指導医、日本抗加齢医学会専門医。
「エステの施術はマイルドでトラブルは少ないものですが、副作用が生じる可能性もあるので、直前の施術は避けましょう。3カ月以上の施術の継続で、よりよい改善が期待できます。6カ月以上かかるような医療機関での加療の必要性も考慮して、余裕をもったプランを立てることをオススメします」

from編集部『美しい花嫁になるためのエステも先手必勝です』

「誰もがステキと思う人気のドレスは早い者勝ち」といわれるけれど、エステも早く始めることでベストなサロン選び、ベストなスケジューリング、ベストなお肌づくりができるんです。こうして式当日も前撮りもベストな状態で臨みたいですね。

取材・文/渡邊博美
※記事内に掲載の情報は2015年6月時点のものです

[花嫁エステを受ける際の注意点]
サロンやエステでの施術経験がない人は、万が一のトラブルの場合に結婚式当日に回復が困難な場合もあります。「お試しコース」等も含め、時間的余裕をもって施術をスタートさせましょう。肌が弱い人や妊娠している人は施術前にまず医師に相談しましょう。

  • 挙式半年前
  • エステ
  • アイテム検討期
  • きれい
  • 痩身(むくみ・ハミ肉対策)
  • ニキビ・ニキビ跡対策
  • 美白(くすみ・日焼け・赤み対策)
  • 肌質改善(乾燥肌・敏感肌対策)
エステ 痩身
Share on>

pagetop