ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. ハワイより愛を込めて5 小林直子が贈る「ブライズメイドの大切な役割」
コラム・連載
Share on>

ハワイより愛を込めて5 小林直子が贈る「ブライズメイドの大切な役割」

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子より、現地のオシャレなウエディングアイデアをお届け♪ 今回は、日本人のカップルも取り入れることが増えたブライズメイド&グルームズマンについて。写真を見ると、おそろいの衣裳を着た友人たちがふたりを囲んでとっても楽しそう。でも、大事なのはその役割。“楽しい気分”だけで終わらないよう、ちょっと耳を傾けて。

ハッピーなふたりを悪魔から守るために誕生

花嫁と、ほんのり淡いグリーンのドレスをまとったブライズメイドが並んで、おそろいのブーケを手にしている

その昔、ヨーロッパでは、新郎新婦の幸せをねたむ悪魔の目をくらませるため、ふたりと同じ衣裳を着た男女がウエディングに立ち合いました。これがブライズメイド&グルームズマン(アッシャーともいう)の始まりといわれています。未婚の家族や友人にお願いするのが一般的ですが、親しさを優先し、欧米でも既婚者を選ぶことが増えているようです。例えばブライズメイドは3人、グルームズマンは1人、と人数のバランスが崩れても大丈夫。大事なのは、その役割。

その起源にならうと、ブライズメイドも花嫁と同じ白ドレスを着ることになるけれど、だんだんと状況は変わってきている。それに、テーマカラーにそった衣裳を着たほうが断然華やか♪ ブーケやブートニアはふたりと同じ花材やカラーを取り入れるのがおすすめ

“マリッジブルー”に寄り添うのも、ブライズメイド

祭壇の上にブライズメイドとグルームズマンも上がって、挙式をサポートしている

欧米では、ブライズメイド&グルームズマンはウエディングの準備からふたりをしっかりサポート。会場選びから始まり、招待状を出したり、ドレスを一緒に選んだり。花嫁がマリッジブルーになったときに寄り添うのも、ブライズメイド。その名の通り、ブライズ(花嫁)の、メイド(お手伝いさん)なのです。
とはいえ海外ウエディングの場合、遠方からお金と時間を費やしてふたりのために参列するゲストに大きな負担を掛けることはできません。式中にブーケを持ってもらったり、ギフトを配ってもらったり。無理のない範囲で、できることをお願いしましょう。本来の役割もちゃんと伝えておけば、たとえちょっとしたお手伝いであっても、ブライズメイド&グルームズマンの心持ちは変わってきます。

厳かな歴史ある教会で執り行われたキリスト教式。ふたりを見守るように、ブライズメイド&グルームズマンは挙式をサポート。新郎新婦それぞれを先導してバージンロードを歩いたり、指輪交換のときにブーケを持ってあげたり。ゲストとして参列するのとは違った緊張感と感動があり、彼らにとっても忘れられない瞬間になる

親しい笑顔に包まれて、リラックス♪

テーマカラーであるイエローのワンピースを着たブライズメイドたちが、花嫁を囲んで楽しくおしゃべり。支度をしたホテルの部屋で、リラックスしたワンシーン

ブライズメイド&グルームズマンがサポートするウエディングシーンはとっても華やかで、素敵な写真を残すことができます。また親しい人たちに支度を手伝ってもらえば、ふたりも自然にリラックス。限られた時間の中で、みんなと触れ合う時間も増えますね。このように多くの“スペシャル”をもたらしてくれるブライズメイド&グルームズマンですが、忘れてはならないのは、ふたりにとってもゲストにとっても“負担”にならないこと。「オシャレだから、やってみたい!」という安易な発想は控えてくださいね。みんなが笑顔のウエディングになるよう、じっくり考えましょう。

テーマカラーであるイエローのワンピースを着たブライズメイドたちが、花嫁を囲んで楽しくおしゃべり。支度をしたホテルの部屋で、リラックスしたワンシーン

from Naoko
『小物を統一するだけでも素敵』

海外ウエディングの参列者は少人数のことが多いので、プランナーである私から「ブライズメイドをつけましょう」と提案することはありませんが、それでも近年はブライズメイド&グルームズマンのいるウエディングを希望されるカップルが増えています。衣裳はふたりからプレゼントしたり、一緒に買いに行ったり。式後も着られるものを選ぶことも多いようですね。手持ちの洋服でカラーを統一し、リボンやタイだけおそろいにするだけでも、十分に素敵ですよ。

Profile

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子。Wedding Scenes代表。愛あふれる“アロハスピリッツ”を大切に、ハワイのおしゃれでリラックスしたウエディングスタイルを提案。現状、手掛けている結婚式の9割がハワイ婚だが、日本国内のウエディングもプロデュースしている。著書に『Wedding Scenes 世界一素敵なウェディングシーンのつくり方』。

海外ウエディングのためのゼクシィ発売中!

世界中の挙式会場選びから準備のしかた、気になるお金やゲスト周りのことまで、この1冊があれば大丈夫。 憧れの海外ウエディングが叶うヒントがいっぱいです!

ご購入はこちらから↓

取材・文/千谷文子 
※掲載されている情報は2015年6月時点のものです

  • 挙式・披露宴
  • アイテム検討期
  • ゲスト
  • きちんとしている
  • おしゃれ
  • 一体感
  • 海外ウエディング
Share on>

pagetop