ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. 衣裳小物・アクセサリー
  5. フラワーデザイナー落大造のFlower Tips 1「花嫁を彩るお花」
コラム・連載
Share on>

フラワーデザイナー落大造のFlower Tips 1「花嫁を彩るお花」

フラワーデザイナーの落大造がブライダルフラワーにまつわるお役立ち情報をお届けします! 連載第1回目は花嫁を彩るお花について。花嫁が身に着けるお花といえばヘッドドレスが一般的ですが、他にもいろいろあるんです。

やっぱり人気! 花嫁を可憐に見せる花冠

クレマチスや矢車草を使った爽やかな花冠
スカビオサやライラックでピンク系にまとめ、愛らしい雰囲気に
クリスマスローズとサンキライでグリーン主体のナチュラルなイメージに

ヘッドドレスの中で特に人気があるのが花冠。ボリュームたっぷりで存在感を出すことも、ナチュラルな雰囲気に仕上げるのも可能ですから、どんなイメージに仕上げたいか、しっかり伝えましょう。最近の人気はナチュラルなイメージのもの。大ぶりの花よりはスカビオサやクリスマスローズなど平面的な花の方がお勧め。バラを使う場合は一重咲きのものを選んでください。ビバーナムやライラックなど細かなニュアンスのある花やツタなどを入れると動きが出て、軽やかな印象になります。

[写真1枚目]クレマチスや矢車草を使った爽やかな花冠

[写真2枚目]スカビオサやライラックでピンク系にまとめ、愛らしい雰囲気に

[写真3枚目]クリスマスローズとサンキライでグリーン主体のナチュラルなイメージに

手元を華やかに彩るフラワーブレスレット

バラ、ホワイトスター、ワックスフラワーで華やかな印象に
クリスマスローズとホワイトスターでシンプルかつ清々しいイメージ
グローブにあしらうのもすてき。アジサイとライラックを添えて可憐な雰囲気に

フラワーブレスレットはブーケと一緒に持ってもいいし、ブーケの代わりにあしらってもOK。結婚式の雰囲気やドレスのデザインなどに合わせて、いろいろな使い方ができます。お勧めの花材はライラックやアジサイのような小さくて愛らしいもの。反対に、大きな花は手を動かしづらい上、やぼったい印象になるので、あまりお勧めしません。なお、ブーケと一緒に持つ際には、花材や色みを揃えるようにしましょう。

[写真1枚目]バラ、ホワイトスター、ワックスフラワーで華やかな印象に

[写真2枚目]クリスマスローズとホワイトスターでシンプルかつすがすがしいイメージ

[写真3枚目]グローブにあしらうのもすてき。アジサイとライラックを添えて可憐な雰囲気に

後ろ姿がこんなに印象的に! バックコサージュ

バラをメインにアジサイとレースフラワーを組み合わせた印象的なバックコサージュ
バラとドライフラワーの組み合わせでしっとりとした雰囲気に
背中に垂らしたリボンにアーティフィシャルフラワーのアジサイとバラをあしらって

結婚式では花嫁の後ろ姿が意外に注目されるもの。バックにお花をあしらって、印象的に見せましょう。飾る位置は腰の辺りがお勧め。小花の集合体よりは、バラやダリアなど大輪の花を数輪着ける方がインパクト大。また、チョーカーリボンを後ろに長く垂らしてアーティフィシャルフラワー(造花)で飾ったり、ヘアパーツとして長いガーランドを髪から下げて後ろに垂らしたりするのもすてき。なお、お花はピンで留めることになるので、レンタルドレスの場合は事前にピン留めOKかどうか確認しておきましょう。

[写真1枚目]バラをメインにアジサイとレースフラワーを組み合わせた印象的なバックコサージュ

[写真2枚目]バラとドライフラワーの組み合わせでしっとりとした雰囲気に

[写真3枚目]背中に垂らしたリボンにアーティフィシャルフラワーのアジサイとバラをあしらって

ドレスからちらりと見えるのがすてき シューズフラワー

ブルーのアジサイをあしらって。さりげなくサムシングブルーのアイテムに

最近は、靴にこだわる花嫁も増えています。ブランドのシューズもいいですが、こんなふうにコサージュをあしらっても、印象的な足元になります。アジサイやビバーナムなど小花系が飾りやすく、エレガントな雰囲気でお勧め。ガーベラなど花の形がはっきりし過ぎているものは子どもっぽくなるので注意! ヘッドドレスやブーケなどとコーディネートするとすてきです。

ブルーのアジサイをあしらって、さりげなくサムシングブルーのアイテムに

フラワーデザイナー/落 大造(おち だいぞう)

大手フラワーショップで8年の経験を積んだ後、独立して自由が丘に花と雑貨を扱う「les Deux(レ・ドゥ)」を開店。ブライダルフラワーを中心に、誕生日や結婚などお祝いのお花も手掛ける。『ゼクシィ』をはじめ、さまざまな雑誌で活躍し、繊細なセンスと個性的なアイデアで多くのファンを獲得している。

構成・文/粂 美奈子
※掲載されている情報は2015年5月現在のものです。

  • 挙式半年前
  • ドレス・衣裳
  • 打ち合わせ開始期
  • おしゃれ
  • ふたりらしい
  • アクセサリー
  • ヘッドドレス
Share on>

pagetop