ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ネイル
  5. プロが自分の結婚式で選んだ『究極の花嫁ネイル』って!?
ビューティー
Share on>

プロが自分の結婚式で選んだ『究極の花嫁ネイル』って!?

指輪交換のセレモニーをはじめ、花嫁の指先にまで注目が集まる結婚式では、ネイルにもこだわるのが大正解なんです。中でも、ネイルのプロが自分のウエディングでどんなデザインを選んだかも気になるところ。そこで今回は、ネイリストもこうしたいと本気でほれ込む“究極の花嫁ネイル”をご紹介!

花嫁の「手元」。意外に見られているって、知ってた?

指輪交換のシーンはもちろん、誓約書へのサイン、披露宴でのテーブルラウンド、そして、プチギフトを手渡しする送賓時……。花嫁の手元は、ゲストと触れ合う際には至近距離で視線を浴び、アップで写真に映る機会も意外に多いのです。指先まで手入れが行き届いていれば、ふとしたしぐさも美しくしなやかに見えるもの。また、ウエディングドレスからお色直しまで、どんな衣裳にも映えるネイルデザインを選べば、コーディネートもいっそうすてきに! そう、美嫁の総仕上げに欠かせないのは、実はネイルなのです。

数々の賞に輝いたネイリストが、自分の結婚式で選んだネイルがコレ!

ネイル
ドレス
ドレス

ネイリスト歴10年で多くの賞を獲得し、現在ネイルサロンのオーナーを務める野口恵理さんが自身の結婚式で選んだのは“フレンチスカルプチュア”。「ネイリストになったころから、自分が結婚式を挙げるときには、プロ中のプロに完璧なフレンチスカルプチュアを着けてもらうのが夢でした。中でも、ホワイトフレンチにしたのは、花嫁のイメージが“白”というのもありますが、白とクリアのくっきりとした境目がどんなカラーより美しく際立ち、シンプルなだけに最もごまかしが利かないから!」と、野口さん。上品かつシャープな仕上がりは衣裳を問わず似合い、爪はもとより指先全体をきれいに見せてくれる。これ以上の花嫁ネイルはないとプロも大満足。一番難しい技術といわれているフレンチスカルプチュアはプロにとっても憧れの的。ネイリスト自身が選ぶ花嫁ネイルといえばホワイトフレンチともいえるほど、断然人気なのだそう。

[写真1枚目]野口さんが結婚式で着けた実際のネイルがこちら。ホワイトのフレンチスカルプチュアでシンプル美を極め、左手の薬指だけクリアベースに白小花とラインストーンをちりばめ、サムシング・ブルーのアクセントもプラス

[写真2枚目]挙式のドレスは総ビージングのスマートなAライン。品良くシャープなホワイトフレンチとの相性もぴったり

[写真3枚目]お色直しのドレスは白とミントカラーのバイカラー。薬指に利かせた“サムシング・ブルー”とさりげなくリンク

優雅な手元を演出! 指をスラリときれいに見せるフレンチスカルプチュア

ネイル
ネイル

続いて、野口さんおすすめの花嫁ネイルを4つのデザインでご紹介。花嫁ならではの特別感を味わいたいなら、いつもとはひと味違う優雅なロングデザインでスラリと伸びた美しい指先を演出してみては。長さはもちろん、地爪の形そのものを整えながら強度も高められるのは、スカルプチュアだからこそ。深爪や爪の亀裂など、爪や指にコンプレックスがある人でも、十分な長さを出せるので、手元をエレガントに彩りたい花嫁はロングタイプのホワイトフレンチに挑戦を。

[写真1枚目]ホワイトフレンチの爪先をほんの少しクリアにしておき、ホログラムを利かせることで透明感がアップ。マーメイドなどの大人顔ドレスに映え、よりクールでスタイリッシュなイメージに

[写真2枚目]シンプルなスクエアのホワイトフレンチなら長さがあっても上品。薬指にバラのデザインスカルプチュアをあしらえば、大人クラシカルな印象に。和装にもおすすめ!

ハネムーンや仕事もOK! デイリーに映えるショートフレンチ

ネイル
ネイル

カーブや厚みなど、全体のフォルムを整えられるフレンチスカルプチュアなら、長さは控えめでも爪の美しさは際立つもの。バーチャルスカルプチュアという技法を用いれば、地爪のピンクの部分を大きく見せることもできるため、ピンクとフレンチの部分をベストバランスに整えることも可能。横に広い爪をスラリ縦長に、色がくすんでいる爪を健康的に見せたい、そんな願いが叶うのも大きな魅力。

[写真1枚目]立体的なピンクの花モチーフやカラーストーンは、スイート派に大人気。短めのラウンドデザインは指先の動きを妨げないので、スカルプチュアが初めてでも安心

[写真2枚目]フレンチの部分はブルー×ホワイトのマーブル。ナチュラルなドレスや、サムシング・ブルーを取り入れたい人におすすめ。薬指のラインストーンで主役のきらめきもプラス!

編集部員が体験! ネイルの力でしぐさまで女性らしく

ネイル BEFORE
ネイル AFTER

百聞は一見にしかず、ということで、ネイルサロンにあまり行かず、スカルプチュアも初の編集部員が、フレンチスカルプチュアにトライ!「野口さんが、ネイルをして『さて、いよいよだ』と思われる花嫁さんが多いとおっしゃっていましたが、挙式を控えてない私でさえ、まさにそんな気分! 気持ちが引き締まり、きれいにケアしているということが自信にもつながり、振る舞いまで少し丁寧になったり。横に広めの爪や小さくて短めな指がスッときれいに見え、人前で堂々と手を出せるようになりました」(編集部/赤松)

[写真1枚目]Before/普段から深爪なだけに、まちまちな爪の形も余計に目立ちがち

[写真2枚目]After/シンプルで品のあるホワイトのフレンチスカルプチュアが完成。形も均整がとれ、つややかに。「施術中も大事にされている感じがして、この癒やしが結婚式当日の花嫁の笑顔にもつながるのではないかなと、思えました!」

自分でも手軽にできる! きれいな指先をつくるホームケア

甘皮ケア
オイルケア

10日で約1mm伸びるといわれる爪は、サロンでケアするなら3週間周期が理想的。挙式当日にベストなコンディションで迎えるためには、前日か、少なくとも2~3日前にはネイルサロンに行きたいところ。サロンで仕上げをする前に、日頃から自分でケアをしておくことで地爪や指自体の状態も変わるもの。よりきれいな手元を目指すなら普段のセルフケアからスタートを。

[写真1枚目]お湯に指先を浸けてふやかしてから、コットンを薄く巻き付けたスティックにお湯を含ませて甘皮を押し上げて。甘皮がないと爪がすっきり見える上、ネイルをした後の持ちも良くなるそう

[写真2枚目]乾燥は美爪の大敵。爪の周囲にオイルをたっぷりなじませて、マッサージしよう。爪の先の裏側にも浸透させて

取材に協力してくださったのは、ネイリスト・野口恵理さん。2013年にプライベートサロンを開いた後、2014年に現在のネイルサロン「machErie Nail」をオープン。ネイルエキスポ2013 全日本ネイリスト選手権のプロフェッショナル部門・フレンチスカルプチュアで第3位に輝いたほか、NPO法人日本ネイリスト協会本部認定講師としても活躍中。
【machErie Nail(マシェリネイル) TEL0480-23-1123】

from編集部『シンプル・イズ・ベストのフレンチネイルで、手元を上品に彩って』

爪自体はもちろん、指先から手元までがきれいに見えることが花嫁ネイルの絶対条件。
また、結婚式のゲストは年齢層も幅広いので、誰からもステキと思われることが大切。パッと見はシンプルでも、どんな衣裳にも品良く決まり、好感度も高いフレンチネイルなら、いつどこから見られても自信が持てるはず! 
また、地爪にコンプレックスがあったり、普段とはひと味違う長さで特別感のある指先を演出したい人は、フレンチスカルプチュアにもトライしてみて。

取材・文/大平美和 撮影/石田祥平 構成/赤松理恵(本誌)
※掲載されている情報は、2015年5月時点のものです

  • 挙式・披露宴
  • 式直前1カ月前
  • スタイル提案
  • 大人きれい
  • 定番
  • ヒロイン気分
  • 憧れ・夢
  • 自慢したい
ブライダルネイルを探してみる
Share on>

pagetop