ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新婚旅行
  4. ハワイより愛を込めて2 小林直子が贈る「自由席」
コラム・連載
Share on>

ハワイより愛を込めて2 小林直子が贈る「自由席」

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子より、現地のおしゃれなウエディングアイデアをお届け♪ 今回はくつろぎ空間について。パーティをプランニングするときに、最も大切にしているホスピタリティ。遠方から駆け付けてくれたゲストが心地良く過ごせるよう、ふたりが自然体のままにスマートなおもてなしができるよう、野外の空間にちょっとした仕掛けを。それは、リラックスと楽しい会話が生まれる「自由席」。

芝生にエレガントな家具をレイアウトしたグリーンラウンジ

緑の芝生の上に、小さなテーブルとゆったり座れるチェアを並べて、まるでラウンジのよう。野外だけど、パーティに似合うエレガントな家具をチョイス

日本ではガーデンパーティの季節がどうしても限られてしまうけれど、ハワイは1年中ベストシーズンです。なるべく日差しが強い日中は避けて夕刻から開宴、心地良い潮風を肌で感じながらディナーを楽しめるようタイムスケジュールを組んでいます。その開放感、夢見心地なリラックス感に浸るスローな時間こそが、ハワイのガーデンパーティの醍醐味。個々の席とは離れた場に小さなテーブルとチェアを並べた“自由席”を設ければ、ふたりもゲストも席に縛られず思い思いに過ごして、一層リラックスした時が流れます。野外であっても、ウエディングのテーマに合わせてドレッシーで落ち着いた家具をセレクトするのもいいですよね。

「おおらかで、ゆったりとした雰囲気が理想」というカップルのために選んだ会場は、何もない海沿いの広大なガーデン。テントを張ったパーティ会場のそばに、座り心地の良いチェアをレイアウトしてラウンジを設けると、自然にゲストが集まってくつろぎと談笑の間に。ユーカリのガーランドも飾った

木の枝とファブリックでしつらえるDen(隠れ家)

木の枝を利用し、ファブリックを吊して生まれた、隠れ家のような空間。地べたにクッションを置いてペタンと座って一層リラックス

国際結婚のふたりのケースです。アメリカ本土から参列するゲストも多かったので、“カチッとするよりもユニークなものが喜ばれるのではないか”と思い立って提案した空間が、こちらのDen(デン)。Denとは“巣穴”や“隠れ家”の意味で、不動産の世界ではこじんまりした趣味の部屋などを指す言葉。会場のガーデンに木々が枝葉を広げているのをヒントに、ファブリックを掛けて“隠れ家”をしつらえました。靴を脱いで地べたにペタンと座るスタイルも好評でしたよ。

テーマカラーのマリン&アクアブルーのリボンが揺れて、潮風を愛でるDen。星形ランタンもファンタジックで、新婦もゲストも童心に帰ってワクワク。国際結婚のため両家が言葉でコミュニケーションを取ることが難しかったことから、“この場で自然に交流できるよう……”との願いも込めてセッティング

甘い香りが漂うファイヤーピットを囲んでso happy!

日が沈んだら、焚き火タイム。スティックに差したマシュマロを火にかざして熱し、チョコレートと一緒にしてグラハムクラッカーに挟んで食べる

これは、目の前にビーチが広がるアンティークな邸宅でのガーデンパーティでした。日が沈むころにはファイヤーピットにまきがくべられて、たき火の始まり! ゲストたちはすぐに席を立って、ウエディングとは思えない新鮮な演出を楽しまれていましたよ。波音を聞きながら炎をぼんやり眺めたり、おしゃべりをしたり。アメリカの野外キャンプの定番スイーツ、スモア(焼きマシュマロ)があればso happy!

スティックに差したマシュマロを、ふたりからゲストに配るとおもてなし感もアップ。マシュマロは火にかざして熱し、チョコレートと一緒にグラハムクラッカーに挟めば、おいしいスモアのできあがり

秘密基地のようなティピーに、子どもゲストは大はしゃぎ!

花を飾った三角のテント、ティピー。子どもゲストは出たり入ったり、中でゴロンと横になったり。お気に入りの“秘密基地”になること請け合い

お子さんのゲストがいらっしゃるときにおすすめしているのがティピーです。ティピーとはネーティブアメリカンの住居の一つで、日本ではキャンプ場などで見かけることも。ガーデンパーティの片隅に小さなティピーをセッティングすれば、子どもたちはもちろんのこと、大人ゲストも“秘密基地を発見!”のワクワク気分で、出たり入ったり^^ ロケフォトのワンシーンに使ってもかわいいですよ♪

花で飾った三角のテント、ティピー。夜になるとランタンに火が灯り、ロマンチックな雰囲気に。レースをあしらったり、中にクッションを置いたり。パーティのテーマに合わせて、ティピーのデコレーションも楽しんで

from Naoko
『“自由席”を自由に楽しんでもらう、ひと言』

一人一人のゲスト席とは別の場所にセッティングするくつろぎ空間“自由席”は、実は海外のガーデンパーティではよくみられるもの。みんな思い思いにその空間を楽しみます。でも日本ではなじみがないので「飾りかな?」「入ってもいいの?」と遠慮してしまうことも。ですからふたりから「どうぞ自由にくつろいで」とナビゲートしてください。そして遠方からのゲストに、ハワイのスローな時間を楽しんでもらいましょう♪

Profile

ハワイ在住のウエディングプランナー・小林直子。Wedding Scenes代表。愛あふれる“アロハスピリッツ”を大切に、ハワイのおしゃれでリラックスしたウエディングスタイルを提案。現状、手掛けている結婚式の9割がハワイ婚だが、国内ウエディングもプロデュースしている。著書に『Wedding Scenes 世界一素敵なウェディングシーンのつくり方』。

取材・文/千谷文子 撮影/桐生 真(ファイヤーピット)
※掲載されている情報は2015年5月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • ゲスト
  • ナチュラル
  • おしゃれ
  • 憧れ・夢
  • 海外ウエディング
  • ガーデンウエディング
ガーデンウエディングを探す
Share on>

pagetop