ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 「お金がない!」ふたりに贈る結婚式のお金攻略法
お金・常識
Share on>

「お金がない!」ふたりに贈る結婚式のお金攻略法

「結婚式ってお金がすごく掛かりそう」。「貯蓄もないし、諦めようか」……結婚式はしたいけれど、お金がなくて諦めモードなふたりはちょっと待って! たとえ予算少なめでも、貯蓄があまりなくても、結婚式の夢はきっと叶います。その可能性を実証するために、結婚式のプロ『ゼクシィ相談カウンター』でリサーチ。「結婚式はしたいけど、私たちお金がないんです~(涙)」そんなふたりは、まずは読んでみて!

「お金がない」なら、まずは、結婚式のお金の仕組みを理解しよう

なんとなく高そうで「お金が掛かる」イメージがある結婚式。けれどそんなイメージと今のお財布の中身だけで、諦めムードになっちゃうのはとても残念なこと。そこでまずは、結婚式に掛かるお金の仕組みを知ることからスタート。先輩花嫁たちのリアルな数字からまずは見てみましょう。

〇挙式・披露宴に掛かった費用総額/平均354.8万円

○ご祝儀総額/平均230.7万円

○ふたりの負担金額/平均142.9万円

すべてがふたり『だけ』の負担ではありません

つまり、挙式・披露宴に掛かった「費用総額」から、ご祝儀としてゲストからもらえる金額を引いた差額が、ふたりの「自己負担」となる費用に。総額350万円ほどの結婚式も「自己負担」は140万円ほど。どうです? これなら少し手が届く感じが出てきませんか?

「お金がない」から「少人数」にする前に一考を! 必ず掛かる固定費とは?

「お金がないから少人数のウエディングで」「費用を抑えたいから内輪だけで」……実はコレって、カップルがついつい陥りやすい考え方。実は、招待人数が少ないからといって、「自己負担金額」が抑えられるとも限らないのです。その理由を、挙式・披露宴に掛かる「総額」の内訳となる、「固定費」と「変動費」の仕組みから解説しましょう。

○固定費(ゲスト人数にかかわらず掛かる固定の費用)
挙式・衣裳・ブーケ・ヘアメイク・写真など

○変動費(出席人数によって変わる費用)
料理・飲物・引出物・引菓子・ペーパーアイテムなど

このように結婚式の費用には、ベースとなる「固定費」と、ゲスト人数によって変わる「変動費」とが存在。予算を抑えるべくゲスト人数を絞った場合、一見総額は抑えられているようですが、そもそもの「固定費」は、平均的な結婚式とあまり変わらないのが実情。むしろゲスト人数がある程度多い方が、いただけるご祝儀も増えるので、結果「自己負担」は減る場合が多いのです。

ゲスト人数が多い披露宴の方が自己負担金額少なめってホント!?

招待人数30名と70名の平均費用比較

《30名の場合》
総額228万円-(ご祝儀98万円)=自己負担130万円

《70名の場合》
総額334万円-(ご祝儀228万円)=自己負担105万円

招待人数30名と70名のケースを掛かった平均費用で比較するとこのような結果に! 招待人数が増えると、平行してご祝儀総額も増える傾向があるのも事実。つまり、「多人数の結婚式」イコール「高い」とは言い切れないのです。

「お金がない」からこそ、初回総額見積りのもらい方にひと工夫

会場から出してもらえる、結婚式の費用が記載された見積書。この見積書に関しても「お金がない」ふたりにオススメしたいもらい方があります。結婚式でやりたいことがまだ明確でない初回は、他のカップルたちがよくやっている演出やアイテムを会場の担当者に聞いて、それらをすべて盛り込んだ内容で出してもらいましょう。
通常見積りは、打ち合わせが進むたびにやりたいことやしたいことが出てきて、結果総額がアップしてしまいがち。このやり方なら、初回見積りからふたりにとって不要な演出やアイテムを削るなどの調整をしていくことになるので、総額が大きくアップする可能性は低めに。これなら、ふたりの結婚式達成へのモチベーションアップも期待できます。

2種類の見積りを出してもらうのもアリ

たとえば、料理にこだわるべきかどうか迷っているふたりなら、料理の費用が高めのものと、抑えたものの2種類出してもらってみては。数字を並べることで比較しやすくなり、予算の検討がクリアに。掛けたいところ、抑えたいところを明確にしていくことが、最大の秘訣です。

「お金がない」からこそお金を大切に。抑えるべき予算downポイント

さてここからは、見積り金額をさらに具体的に抑えていくポイントをご紹介。ちょっとした考え方一つで、削れないと思っていた部分が予算downに繋がるので必読です。

〇ドレス(1着平均予算26万円)/衣裳は白ドレス1着のみにして、お色直しは小物やヘアスタイルなどのプチアレンジ&イメージチェンジで見積り予算down♪
〇ブーケ(平均2個準備する人が多く平均予算3万円×2個)/白ドレス&カラードレス、両方で使えるブーケ1個にして見積り予算down♪
○新郎衣裳(タキシード1着平均予算13万円)/花嫁のお色直しに合わせてもう1着というところを、シャツをチェンジ&小物をプラスするなどで見積り予算down♪

この他、日程をオフシーズンなど比較的会場費用が手頃な日にしたりするなどでも予算downは見込めます。

こだわる部分、削る部分のメリハリが大切です☆

「お金がない」からと、やみくもにあれもこれも削っていくと、ゲストにとっても、ふたりにとっても、なんだかもの足りない結婚式になってしまうことも。こだわりのある部分はしっかり予算を掛けて、不要な部分はさっぱり削るなど、メリハリが大切。お金がないからこそ、掛けるポイントをしっかりふたりで見極めましょう。お互いの親へも事前に相談し、了解を得ておくこともお忘れなく!

from編集部『お金がなくても結婚式は諦めないで!』

結婚式はしたいものの予算不足で迷って悩んでいるふたりに贈る「お金の攻略法」いかがでしたか? 「自己負担金」のこと、「見積書」のもらい方、「予算」の抑え方などを事前に知っておくことで、「これならできそう」と思ってもらえれば幸いです。「お金がない!」状態からでも大丈夫。ぜひ素敵な結婚式をかなえてくださいね♪

文/後藤康子 取材協力/多田麻美(ゼクシィ相談カウンター) 構成/松隈草子(本誌)
※この記事に掲載のデータは「ゼクシィ結婚トレンド調査2017(全国推計値)」によります
※掲載されている情報は2015年5月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚決まりたて
  • お金
  • 自己負担・費用分担
  • お金の疑問
  • 安心したい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop