ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 【彼のホンネ大公開】結婚準備中に彼女から聞きたくなかったひと言
お金・常識
Share on>

【彼のホンネ大公開】結婚準備中に彼女から聞きたくなかったひと言

結婚式の準備が本格化してくると、やることが増えて「間に合うのかなぁ」と不安になることもありますよね。ふたりが言い合いになってしまったり、ちょっとしたひと言で彼を傷つけてしまう可能性が高まるのも、この頃なんです。そこで今回は、既婚男性にアンケートを実施。結婚準備中のどんな彼女の言葉に「マジで凹んだ」のか、今だから言えるホンネを聞いてみました。

【ケース1】「何もしてくれない」と言われても、これ以上はムリっす!

顔の前でバツを作って無理と言っている彼のイラスト

●結婚準備中に資格試験の勉強をしていたら「何もしてくれない」と言われた。彼女は理解してくれていると思っていたのに……。(29歳・会社員) 

●自分は準備に積極的に参加しているつもりだったのに、それに反して「あまり協力してくれない」と言われてしまった。(33歳・会社員)

●仕事が忙しく、準備を任せてしまっていた。自分が「何もせずサボっている」かのように非難された。(36歳・会社員)

男のホンネを解説!

今回のアンケートで最も多かったのがこの手のひと言。決してやる気がないわけではなくて、「自分なりに精いっぱいしている」という自覚のある彼ほど、彼女から非協力的という烙印(らくいん)を押されてしまうのは納得がいかないのです。もし彼が不機嫌になってしまったら、実は頑張っていてくれたんだと思って、あなたから歩み寄ってあげて。

【ケース2】「急いで」「遅い」「早く」って、そうせかすなっつーの!

汗を飛ばして焦っている彼のイラスト

●結婚式が近づき、いろいろ切羽詰まっていたときに「とにかく早く決めてほしい」と言われた。(30歳・会社員)

●会場担当者との打ち合わせで、じっくり考えようとしたら「もっと早くしてよ! 私ばかりに決めさせないで!」と、彼女がイライラ。(45歳・自営業)

●自分たちで全部準備したいと考えていた彼女。仕事があって平日も準備をすることはできないと伝えていたのに、私の準備のスピードが遅いことに対して文句を言ってきた。(32歳・会社員)

男のホンネを解説!

やろうと思っている矢先に親から「勉強しなさい」と言われて、すっかりやる気がそがれてしまった……という経験はない? 男性は女性のように複数のことを同時に処理することが苦手な生き物。ちゃんと時間をつくって取り組みたいけれど、それができずにいる時に、せかしてしまうのは逆効果。「どこまで進んでる?」「困っていることはない?」と気遣う態度で、進んでいない理由を彼が言い出しやすい雰囲気をつくりましょう。

【ケース3】「ちゃんと考えて」と言われても、正直よくわからない!

「わかんねぇ」という顔つきの彼のイラスト

●指輪選びのときに「真剣に考えてる?」(40歳・会社員)

●思い付きでアイデアを言ったときや、そろそろ結論を出そうとしたら「あなたは何も考えていない」と言われた。(31歳・会社員)

●「優柔不断ね」と言われたけど、引出物はゲストのことを思うと簡単には決められなかった。(35歳・会社員)

●「こうしたい」「こうじゃなきゃダメ」など結婚式に対する要求が自分よりはるかに高く、予算をオーバーしそうでイラっときた。(30歳・会社員)

男のホンネを解説!

あれこれこだわって素敵な結婚式にするために「ふたりで選んで決めたい」彼女に対して、そこまでのこだわりや知識がない彼は「どれでもいい」と答えてしまいがち。そもそも知識がないから判断できないというのが本当のところなのです。そんな時は、できるだけ具体的なイメージや、何がどう違うのか、どこがメリットなのかを伝えて、同じ目線・同じ気持ちになってもらうことが大切。彼女のこだわりを実現させてあげるために、自分には何ができるか……と考てくれるはず。
また、ゲストのことを思えばこそ即決できないこともあるので、いつまでなら待てるけれど、それを過ぎると困る理由も明確に伝えてあげて。

【ケース4】「給料低過ぎ!」って、それ言っちゃう?!(泣)

顔で笑って心で泣いて…な彼のイラスト

●「収入低過ぎ!!」……結婚式が予算オーバーとなり、怒りの矛先が僕の収入に向けられた。(32歳・アルバイト)

●結婚資金について話し合っているとき「こんな安月給じゃ食べていけない」と彼女がひと言。(37歳・会社員)

●「もっとお金出して」と彼女がポツリ。結婚式のお金の配分でもめたので……。(29歳・会社員)

男のホンネを解説!

ギャンブルなど計画性のない使い方で明らかな浪費をしているならまだしも、収入に関する「少ない」という言葉は、たとえ冗談でも言ってほしくないのが本音。それに、自分で言うのと人に言われるのとでは大違いです。結婚を決めたということは、彼の中に家庭を築いていく覚悟が生まれたということ。その決意を尊重してあげましょう。

【ケース5】それって俺のせい?!「マリッジブルー」と言われても……。

なんか、ごめん…と一応謝っている彼のイラスト

●結婚前に友人と占いに行き、名字が変わることで画数が良くないと言われたとかで、彼女がマリッジブルーに。どうしようもないことで、愚痴を言われても仕方ない。(40歳・会社員)

●倦怠(けんたい)感ってやつでしょうか。「マリッジブルー」という言葉が彼女の口から出てくると、自分と結婚するのが嫌なのだろうかと不安になりました。(27歳・会社員)

●意見の違いから彼女とケンカをしてしまった。「結婚するのやめる」と言い出したときはさすがに困った。(39歳・会社員)

男のホンネを解説!

結婚が決まって幸せを実感する一方で、知らず知らず心が不安定になりがちなのも事実。彼と何でも言い合えるのは良いことだけど、もし八つ当たりをしてしまったり、言い過ぎてしまったと感じたときは素直に謝って。気付いたときが謝り時。心に余裕がなかった自分を認めて、感謝の言葉も伝えましょう。

準備中の彼女のひと言に嫌な思いをした男性は63%!

今回の調査によると、結婚準備中に彼女のひと言で「イラッとした」「傷ついた」という経験のある男性は6割以上という結果に。一方、そのような経験が「ない」と答えた男性の意見を分析したところ、主に次の4タイプに分けられました。

【全部お任せタイプ】
●最初から全てを任せて好きなようにさせてあげた。その代わり文句も言わない。(32歳・会社員)
●彼女が自分から進んで90%やってくれた。自分はその分仕事を頑張った。役割分担が大切。(26歳・会社員)

【気遣いタイプ】
●彼女に何か聞かれたら「何でもいい」とは言わずに、自分の意見を言う。そしてその意見は通らなくても良い。(30歳・会社員)
●できるだけ遮ったり否定したりせずに、彼女の話をちゃんと最後まで聞いた。(47歳・会社員)

【男気タイプ】
●結婚式は花嫁のためのものである、と考えている。(47歳・会社員)
●不安でいっぱいになるだろうから、男がしっかりして受け止めてあげないと。(38歳・会社員)

【慣れ・受け流しタイプ】
●普段から小言を言われているので、そう簡単にはいら立たないし傷つかない。(28歳・会社員)
●何か言われても、あまり気にし過ぎないようにする。(33歳・会社員)

from編集部『思いやりを忘れずに』

たとえそれが何げないひと言で、言った本人が覚えていないようなことも、言われた方はずっと覚えているもの。そして、彼は彼女側が思っているよりもずっと、彼女の言葉一つに一喜一憂しているんですね。「これから人生を共に歩んでいく大切な伴侶になる人」として、お互いを尊重し合いながら結婚準備を進めてくださいね。

取材・文/田中英代(Blue Ladybird)
※記事内のデータならびにコメントは、2015年3月に既婚男性206人が回答したマクロミル調査によるものです
※掲載されている情報は2015年5月時点のものです

  • 挙式半年前
  • 挙式3ヶ月前
  • 挙式2ヶ月前
  • 挙式1ヶ月前
  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • 常識・マナー
  • 頑張りたい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop