ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 【親子でマスター】美しい「お食事中の身のこなし」マナー
演出アイテム等
Share on>

【親子でマスター】美しい「お食事中の身のこなし」マナー

慣れない衣裳を着て食事をする結婚式当日。主役とその父母は常に注目を浴び、写真に撮られる機会も多いもの。ナプキンの使い方、グラスの持ち方などなど、ちょっとしたポイントを押さえるだけで、身のこなしが優雅に変わります。ここでは「マナースクール ライビウム」の講師・諏内えみ先生にアドバイスいただいた、食事中の身のこなしテクニックをご紹介します。

1 座ったらまずは基本姿勢を!

座った時も基本姿勢を心がけましょう。目線はできるだけ遠くを見るようにして、鎖骨を伸ばして肩甲骨を寄せる。こうすることで、座っても背筋がピンと伸び美しい姿勢をキープすることができます。

2 基本姿勢のまま上半身を傾けて食べる

食べる時に、顔をお皿に近づけるようにした途端、姿勢は崩れてしまいます。基本姿勢のまま体を傾け、口がお皿の上からはみ出ない位置にあることを確認し、食べ物を口に運ぶようにします。音を立てないよう、ゆっくり丁寧に食べましょう。

ちなみに、洋食の場合は特にテーブルにたくさん並ぶフォークやナイフなどのカトラリーは「外側に置いてあるものから順番に使う」と覚えておきましょう。

3 背中を丸めてしまうのはNG

背中を丸くして下を向いて食べると、料理にかぶりつくように見えてしまいます。主役はあくまでも優雅に。常に注目を浴びていることを意識して美しい食べ方を心がけましょう。

4 ナプキンは優しく押さえるようにして使う

ナプキンを使う時は、右手でナプキンの端を挟んで持ち、うつむかずに口の周りを優しく押さえるようにします。一度に拭こうとせずに、トントンと軽く数回押さえて汚れを落としましょう。この時、顔を少し傾けるとエレガントに見えます。

ナプキンは端を持って、4本の指と親指の間に挟むようにします。指をぴったり揃えることで自然な三角形になります。この角の部分を使って口元の汚れを押さえます。

5 グラスは柄の上を持つ

ワイングラスを手に取る時は、柄の上か下どちらかを持つと安定感があります。特に、花嫁ネイルをしている場合には上の方を持つと、爪が隠れず手をきれいに見せることができます。

ドレスのデザインによっては、座ったままで腕を伸ばすことが難しいことがありますし、和装では腕が袖から露出しすぎるのは美しくありません。そんな場合には、腕をピンと伸ばさなくてもグラスが手に届くところまで体を傾けましょう。

6 姿勢をキープしたままグラスを顔に近づけて飲む

飲み物を飲む時も、基本姿勢を崩さないようにしましょう。顔をグラスに近づけるのではなく、グラスを顔に近づけます。この時、顔は正面よりやや斜めを向いて飲むとエレガントに見えます。

【注意】グラスの飲み口を手で拭くのはNG

グラスに口紅が付いてしまっても、それを指で拭き取る所作は美しくありません。グラスが汚れるのは仕方ないことなので拭かなくても大丈夫! ただし、何か所にも口紅を付けてしまうと美しくないので、同じ場所に口を付けて飲むようにしましょう。

7 「乾杯」で立ってグラスを持つ時は片手を下に添える

乾杯のために立ち上がっている時は、胸の高さでグラスを持ち、底に片手を添えるようにします。こうすることで片手が手持ち無沙汰になるのを防ぎつつ、グラスをより安定させて持つことができます。添える手は指を伸ばして揃えるのがポイントです。

【注意】「乾杯」で腕を上げすぎるのはNG

乾杯の時に、腕をまっすぐ伸ばしたり、グラスを高く掲げるのは美しくありません。

美しい乾杯の身のこなしは、肘を曲げて、グラスを掲げるのは目線よりやや低い位置まで。高い位置までグラスを持ち上げなくても、「乾杯!」で手を固定させて顔を少し傾ければ、より上品な乾杯となります。

8 食事中を中断するときは慌てずに手を置く

食事を中断する時は、慌てず静かにナイフとフォークをお皿の上に置きます。ナイフとフォークをハの字に置くのが食事中の合図。そのお皿の料理をそれ以上食べない時は、ナイフとフォークを斜めに揃えて置きます。

9 手を休めたらゲストの方を見て会釈する

食事中にゲストがテーブルへあいさつに来てくれた時や、スピーチや演出が始まった時など、食事を中断する回数も多いことでしょう。そんな時は、ナイフとフォークを手に持ったまま頭を下げるのではなく、一度手を休めてゲストに向き合うのがマナー。手はテーブルの下に置いて、15度の会釈をします。

教えてくれたのはこの方

マナースクール ライビウム
諏内えみ先生

東京・品川の「マナースクール ライビウム」代表。映画やドラマでの有名女優のエレガントな所作指導を始め、テレビ等メディアでも活躍中。ウエディングに向けた新郎や新婦のための完全プライベートレッスンや、「美しい立ち居振る舞い」「会話力アップ」講座が人気。「結果を出す」スクールとして注目されている。
http://www.livium.co.jp/

from編集部『食事中も注目されていることを忘れずに』

姿勢を正す、食事中も手を休めて挨拶をするなど、頭では「当たり前のこと」だとわかっていても、当日の美しい身のこなしに昇華させるためには、あらかじめ自宅で練習しておくのがおすすめ! 新郎新婦だけではなく、その親として注目を浴びる父母と一緒に、ここで紹介したマナーを確認しておけば、緊張が続く当日も気持ちに余裕が生まれるはず。

監修・出演/「マナースクール ライビウム」 諏内えみ
取材・文・撮影/田中英代(Blue Ladybird)
※この記事に掲載されている情報は2015年9月時点のものです

  • 挙式3ヶ月前
  • 挙式1ヶ月前
  • 挙式・披露宴
  • 式直前1カ月前
  • 常識・マナー
  • きちんとしている
Share on>

pagetop