ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. その他新生活
  5. 洗濯王子がLesson! 新生活で役立つ「洗濯」のキホン
演出アイテム等
Share on>

洗濯王子がLesson! 新生活で役立つ「洗濯」のキホン

新生活を始めるに当たって、ちゃんとできるようになりたいものの一つが、洗濯。正しい知識を持ち、ほんの少しの手間をかけることで、洗濯物がキレイ&いい香りに仕上がるのはもちろん、衣類やファブリックが持ちもぐんとアップすることを知っていましたか? 知っているようで知らない、上手な洗い方・干し方のコツを、「洗濯王子」の愛称で呼ばれる、洗濯アドバイザー・中村祐一さんに教えていただきました。

手洗い・押し洗いのキホン STEP 1-2-3

手洗い1
手洗い2
手洗い3

洗濯は何でも洗濯機におまかせ♪……なんて思っている人はちょっと待って。例えばニットなど、衣類の裏側などに付いているタグの洗濯表示に「手洗イ」と書いてあるものは、手洗いがオススメなんです。手洗いの上手なコツは「手洗いでも洗濯ネットを使うこと。衣類も傷まず、愛情が伝わりますよ」と洗濯アドバイザーの中村さん。洗濯ネットに入れたら、STEP 1-2-3と写真を参考に、手洗いにチャレンジしてみて。

<写真1>STEP 1
洗面器に水を入れ、おしゃれ着用の中性洗剤を溶かす。色落ちの心配がなければ30℃程度のお湯が洗浄力アップ。すすぎもぬるま湯で

<写真2>STEP 2
軽く水を通す感じで数回手のひらと指で押した後、5~10分程度そのまま置き、汚れを浮かせてから優しく絞って水気を切る

<写真3>STEP 3
洗面器にぬるま湯と柔軟剤を入れ、もう一度手で押して水を通した後1分ほど置き、手で絞ってから洗濯機で10秒ほど脱水をする

干し方のキホン POINT 1-2-3

叩いてシワを伸ばす
繊維の撚れを解消
絵表示に沿って

洗濯が終わったら、テキトーにハンガーに干しておしまい♪……なんて手を抜いていると、シワシワ・ゴワゴワの悲しい仕上がりになってしまうことも。ところが「干すときにひと手間加えることによって、仕上がりがまったく違うんです」と中村さん。POINT 1-2-3と写真を参考に、上手な干し方にトライしてみて。

<写真1>POINT 1
たたいてシワをのばす。洗濯で繊維がよれてシワになるので、まずは軽く引っ張ってから、手のひらで挟むようにたたいてシワをのばす。ニットはなでるように

<写真2>POINT 2
のばすことで、繊維のよれを解消。乾いたときにできるシワを防止する

<写真3>POINT 3
絵表示に沿って干す。衣類に付いている絵表示を見て、それに沿った干し方をしよう。外干しでも日陰がよいものなどもあるので注意だが、風通しはよい方がベター

乾かしにくい衣類の干し方、これでOK!

ジーンズ
ニット
パーカー

何でも同じように干すのではなく、衣類の形状や素材によって適した干し方があり、「干し方一つで乾くスピードがぐんとアップしますよ」と中村さん。「ポイントは空気に触れる面積をなるべく大きくすること。そして乾いたらすぐに取り込むと、型崩れしにくくなります」。次の3つの衣類の干し方と写真を参考に、干し方を変えてみて。

<写真1>ジーンズ:畳んでしまうと乾きづらいので、ピンチハンガーを使って筒状になるように干す

<写真2>ニット:衣類の重みで肩にハンガーの跡が残らないように、袖は別のハンガーに掛けて干す

<写真3>パーカー:ハンガーでフード部分が重なると乾きづらいので、ピンチハンガーに逆さに留めて

先輩花嫁たちに聞いた「私のとっておき洗濯術」

誰もが通ってきた、洗濯上手への道。先輩花嫁たちへが苦労の末編み出した、とっておき洗濯アイデアをちょっとだけご紹介します。

●「洗濯機に入れる前に、シャツの首まわりや袖の汚れを歯ブラシでゴシゴシこすってから洗濯機に入れると驚くほど汚れが取れてキレイになります」(あゆみさん)
●「毎日の洗濯に漂白剤を入れるだけで、黄ばまず、ニオイもなくキレイに洗濯できます。楽チンな裏ワザです♪」(N.Hさん)
●「ゴワゴワのタオルがイヤで編み出したのが、たたいて、振ってから干す方法。毎回20回以上振り、高級ホテル並みのふわふわタオルを実現しました」(H.Mさん)

from編集部『洗濯はなるべくこまめに。室内干しは早く乾かすこと!』
いかがでしたか? 上手な洗濯・物干しのコツは「洗濯はこまめに、そして室内干しは早く乾かすこと」と中村さん。洗濯する衣類は「放っておくと雑菌が増えるので、毎日じゃなくても洗う頻度を上げることが大切です」。そして室内干しのコツは「とにかく早く乾かすこと。濡れている時間が長いと雑菌が増えて悪臭のもとに。お風呂場の乾燥機を使ったり、除菌したり、お湯で洗うだけでもニオイは防げますよ」。ここで教わったことを実際にやってみて、みんなで洗濯・物干し上手になりましょう!

取材・文/前川ミチコ 撮影/清水知成 取材協力/中村祐一
※掲載されている情報は2015年5月時点のものです
※この記事内のコメントは2015年1月に実施した「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のアンケートによるものです。

  • 新婚生活
  • 新婚生活始めたて
  • 悩み解決
  • 頑張りたい
  • 自慢したい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop