ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪・結婚指輪
  5. 男の結婚準備・後編 ~自分から動き考える男になる旅~
お金・常識
Share on>

男の結婚準備・後編 ~自分から動き考える男になる旅~

男の結婚準備の後編は、「頼りない男」から脱出した君が「自ら動き考える男」になるための旅だ(というか仕事だ)。職場で培ったビジネス経験を生かし、タスクを一つずつこなすべく、やらなきゃいけないことをサクサク進めよう。リュックサックをアタッシュケースに持ち替えて、いざ大空の旅へ!

後編/自分から動き考える男になる旅

結婚式は花嫁だけのものじゃない。ましてや「当日だけ頑張ればいいじゃん」というものでも断じてない。大事なゲストをお招きし、感謝と今後もよろしくお願いしますという思いを伝える結婚式。それには綿密な準備が欠かせない。「お手伝いします」程度の頑張りじゃ、彼女も許してくれないぞ。結婚式は一世一代の大プロジェクト! そしてチームリーダーは君なのだ。

最終目的地はこの2カ所

●タイムマネジメント
●予算管理
【旅の目的】結婚準備を彼女任せにせず、自ら行動できるようになること。
「彼女が主役だからね」という都合のいい言い訳で、準備から逃げようとしていないか? 結婚準備という旅を完走し、彼女の信頼を得たいなら、自ら行動する能動的な男であれ。

その1.タイムマネジメント

やりたいことや行ってみたい場所を洗い出してから旅程を組むように、結婚式でも、いつ何をすべきかをクリアにしておく必要がある。あらゆる準備をスムーズにこなせるかどうかは、君のタイムマネジメントにかかっている。

【自ら動くことによって見えるView point】
~やるべきことをオンタイムでクリアできた瞬間~
ゲストに招待状を送り、人数が確定したら料理やギフトを決めて……。やるべきことは多くても、「俺、意外とスムーズにこなせてる?」と思った瞬間、目の前に輝く絶景が!

タイムマネジメントのポイント

<やるべきことを準備期間別にタスク出し>
結婚式の準備には、それぞれベストな時期がある。「これは半年前までに、これは1カ月前がデッドライン」など準備内容を期間別に管理しておくと安心。

<得意分野を生かしながら彼女と役割分担>
パソコンを使った作業や針仕事など、お互いの得意分野に合わせた役割分担をするとスムーズ。任せっきりにせず、進捗状況を報告し合うことも忘れずに。

<最新のツールを駆使しながらタスク管理>
パソコンの表計算ソフトのほか、スマホで作業できる「TO DO管理用アプリ」も便利。多機能なものやシンプルなものなど、自分のスタイルに合わせて。

その2.予算管理

一生に一度の結婚式とはいえ、式後の生活もあるし、際限なくお金を使うわけにはいかない。万が一予算オーバーしたら、どこかで帳尻を合わせるワザも必要だ。決めた予算の中で上手にやりくりするのも君の腕の見せどころ。

【自ら動くことによって見えるView point】
~予算を収支ぴったりに収めることができた瞬間~
結婚式の費用を予算内に収められたら式後の家計管理も安泰だ。旅だって同じ。予算内ですてきなホテルを見つけ、おいしいものを味わったときの満足感は何物にも替え難い。

予算管理のポイント

<結婚式のお金の仕組みを把握する>
相場を知ることはもちろん、料理やギフトなどゲスト人数に左右されるお金の仕組み、ご祝儀など入ってくるお金を含めた、全体の流れも把握しておこう。

<お金を掛けたり抑えたり、やりくりを学ぶ>
「どこかに掛けた分、とこかを抑える」が、予算内に収めるコツ。絶対に譲れない物、こだわりの無い物などを見極め、優先順位を付けてやりくりしよう。

<支払い方についても検討しておく>
会場への支払いが式前だとご祝儀で清算するのが難しい。カードや後払いが可能か、契約時に確認を。まずは自力での支払いを目標に貯蓄計画を立てよう。

***予算管理の流れ

●結婚式の総額を知る……【平均354万8000円】
上の数字は、挙式・披露宴に掛かる総額の平均。いろんなアイテムにこだわったり、ゲスト人数が増えると費用もアップ。

●もらえるお金を知る(ご祝儀)……【平均230万7000円】
上の総額を見て「高いな」と感じた人もいると思うが、心配は無用。実はご祝儀など、入ってくるお金もあるのだ。

●ふたりの負担額は……【平均142万9000円】
総額からご祝儀を引いた分が自己負担。ただし式前に清算を求められることが多いので支払い方法も考えておこう。

お金のやりくり4大ポイント

<お金の掛けどころを決める>
ゲストへのおもてなしか、それともドレスなど彼女のこだわりを優先させるのか、「譲れないもの」を決め、メリハリのあるお金の使い方を。

<お得なプランを探してみる>
早期割引、お日柄割引など、探せばお得なプランは結構あるぞ。

<手作りにトライする>
映像やペーパーアイテムは、自分で作ると安上がり。ただし労力が掛かることや、失敗するとやり直し費用が発生することもあるので注意。

<外部ショップを利用>
会場と外部ショップ、どちらがお得かは一概には言えないが、似たようなアイテムなら徹底的に比較を。持ち込み料なども調べておこう。

from編集部『旅の終わりにはみんなの笑顔が待っている』

「大変そうだな、やり遂げられるかな」「でもやり始めると何だかとっても楽しい!」そんなさまざまな思いを抱きながらスタートした結婚準備の旅も、いよいよ最終地点。今までやってきたことを振り返り、抜け漏れがないかしっかりチェックして式当日に臨もう。そして迎えたゴールの先には、大勢のゲストの笑顔と祝福の声が待っているぞ。Congratulations!

取材・文・再構成/南 慈子 撮影/白川青史 イラスト/中根ゆたか 構成/岡田麻祐子(本誌)
※記載されている情報は2015年4月時点のものです
※記事内の数字は「ゼクシィ結婚トレンド調査2017(全国推計値)」によるものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • 常識・マナー
  • お金
  • ダンドリ
  • スッキリしたい
  • テンションあげたい
Share on>

pagetop