ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. ドレス全般
  5. エシカルなウエディングドレスを着るという選択
ドレス
Share on>

エシカルなウエディングドレスを着るという選択

ウエディングドレスを着た女性

英語で「倫理的」や「道徳上」という意味の「エシカル」という言葉。最近、この考え方を取り入れたウエディングドレスが注目を集めています。デザインが良いからというだけじゃない、制作環境や自然の保全などにも心を配った意思のあるドレス。あなたも特別な日の衣裳に、エシカルなドレスをまとってみませんか?

「エシカル」なドレスを着るということ

「エシカル」なウエディングドレスとは、使われている素材や製造工程、制作する生産者の労働環境や流通など、さまざまな面でできるだけ負荷を掛けないことを大切にしながら作られたドレス。オーガニックコットンや自然由来の素材を使ったり、フェアトレードで作られたりと、いろいろなタイプの「エシカル」ドレスがあります。特別な日にこのようなドレスを身に着けることによって、環境や制作過程の負荷を軽減できるだけでなく、ふたりの意思をゲストに広く伝えることができるのも魅力。今回はそれぞれ違った「エシカル」な部分を持つ3種類のドレスをご紹介します。

[1]環境にも肌にも優しいオーガニックコットンとシルクのドレス

ナデルのドレス1
ナデルのドレス2
ナデルのドレス3

自然環境に優しい素材を厳選することで、肌触りや心地よさにこだわったドレスを制作している「NADELL Wedding」。デザイナーの北村さんは「家族が皮膚疾患で化学繊維に敏感だったこともあり、体に優しい素材で洋服を作ってあげたい」と、布地の開発から開始。6年前からウエディングドレスも手掛けているそう。同社で扱っているのはオーガニックコットンの中でも3年以上農薬などを使っていない農地で有機栽培された認証を受けた綿のみ。天然素材のシルクと共に日本国内で生地を織り、生地の柔軟剤にも天然のつばき油やシルクプロテインを使用。染色は草木染めで行い、純白を出す時には水や空気を汚さないオゾン加工をしている。自社のアトリエで手作りされたドレスは、どれも体を締め付けない軽やかな着心地が人気なんだそう。制作時に出た残布は全てパーツにリサイクルし、最後まで全てを余すところなく使うというスタイルも購入者から好評を得ている。

[写真1枚目]バックが編み上げになったドレス 36万7200円(販売)22万6800円(レンタル)

[写真2枚目]Vネックがすっきりとした印象のドレス 41万400円(販売)29万1600円(レンタル) 

[写真3枚目]タック入りのスカートがエレガントなドレス 39万9600円(販売)28万800円(レンタル)

3点とも全てNADELL Wedding TEL075‐708‐6552(代表)

[2]土に返る独自の天然素材を使ったストーリーのあるドレス

エコマコのドレス1
エコマコのドレス2
エコマコのドレス3

非可食トウモロコシが原料のポリ乳酸繊維は、人間の肌に近い弱酸性で、土や水の中に放置すると約2年で完全に分解される素材。「ECOMACO」ではこれを独自の技術で衣服に使える耐久性を持った生地に作り上げ、3年前からウエディングドレスの制作も行っている。熱に弱い性質を利用してプリーツ加工を施した布地は伸縮性があり、そのため締め付けず着心地の良いドレスに。軽く洗える素材なので、持ち運びや取り扱いが楽なのもうれしい。さらに「ECOMACO」のドレスはウエディングドレスを染めてカラードレスにしたり、ボレロを赤ちゃんのおくるみにできるなど、その後のリユースもできる。企画の酒井さんは「生産背景だけでなく、そのドレスを着てどんなふうに幸せな時間を分け合えるかを考えています」と話す。友人や家族に布地を配り、作ってもらったモチーフをドレスに付けるなど、素材だけでなくドレスに込めたストーリーにも注目したい。

[写真1枚目]ボレロがおくるみとして使えるドレス(素材:ポリ乳酸、シルクオーガンジー)25万9200円(販売)20万7360円(レンタル) 

[写真2枚目]手作りしたモチーフを裾に縫い付けるドレス(素材:シルクオーガンジー、モチーフはポリ乳酸)28万800円(販売)

[写真3枚目]山野草をイメージしたモチーフをあしらったドレス(素材:ポリ乳酸)25万9200円(販売)

3点とも全てECOMACO(エコマコ)TEL026-224-5165

[3]途上国の人々の支援にもつながるフェアトレードのドレス

ピープルツリーのドレス

途上国の原料や製品を正当な対価で継続的に購入することで、生産者を支援する貿易の仕組みがフェアトレード。さまざまなフェアトレード商品を専門に企画・販売するピープル・ツリーでは、4年前からバングラデシュで作られたウエディングドレスを扱っている。伝統の刺しゅう技法や機織りの技術を生かし、1着ずつ丁寧に手作りされているドレス。コットンやシルクを手織りし、縫製、刺しゅうに至るまでを現地で行っている。定期的に担当者が現地に赴くことで、商品の品質を確認する他、現地の生産者の労働環境や生活の支援を行っているそう。「ドレスを購入することでその対価が生産者へ届くだけでなく、学校の整備や衛生環境の改善など地域全体の生活向上にも役立ちます」とPRの鈴木さん。結婚するふたりの幸せを、作ってくれた人たちや周辺の地域の人々にも分け合うことができるドレスを着るのも一つの賢い選択。

[写真]手刺繍フラワー・コットンシルクドレス 5万9000円(販売)
People Tree(ピープル・ツリー) TEL03-5731-6671

from編集部『あなたの大切にすることをドレスにも』

「エシカル」は素材や環境などに配慮するだけでなく、自分の思う「倫理的」なことを表現するスタイル自体のこと。今回紹介したドレスはその一例。古いドレスをリメイクしたり、自分らしくアレンジしたり、あなたなりの「エシカル」をウエディングドレスに取り入れてみて。

取材・文/稲垣幸子
※掲載されている情報と商品の取り扱いおよび価格は2015年3月時点のものです

  • ドレス・衣裳
  • アイテム検討期
  • スタイル提案
  • 先進的
  • 自由
  • ふたりらしい
  • スタイリッシュ
  • シンプルテイスト
Share on>

pagetop