ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. [ALL3000円以内]プチプラ☆盛り上がり演出実例集
演出アイテム等
Share on>

[ALL3000円以内]プチプラ☆盛り上がり演出実例集

ふたりのちょっとしたこだわりや工夫で、お金を掛けなくてもゲストに楽しんでもらえる演出があるって知ってる? ここでは、先輩カップルが実践してゲストに好評だったすべて3000円以内の演出アイデアを集めました。

ウエルカム演出のプチプラ☆アイデア

先輩花嫁実例 ウエルカム演出 立体的ウエルカムツリー
先輩花嫁実例 ウエルカム演出 ウエルカムボード
先輩花嫁実例 ウエルカム演出 手作りのボード

ゲストに待ち時間を楽しんでもらうウエルカム演出では、「出席してくれてありがとう」「今日は楽しんでね」という気持ちを込めて、ふたりらしさが伝わる工夫をすれば、ゲストに喜んでもらえるはず。「今日はどんな結婚式になるかな?」といったゲストの期待感が高まる演出を考えよう。

●写真1枚目/ウエルカムツリー
「会場入り口に『立体的ウエルカムツリー』を置き、ゲストにメッセージを記入してもらいました。『クリスマスらしくてかわいい!!』『初めて立体的なのを見たよ!』と好評でした」(仁実さん)

●写真2枚目/ウエルカムボードフレーム
「前撮りの写真を現像に出し、100円ショップのフレームと造花で飾り付けをしました。挙式はドレスだったので、『和装姿が写真で見られてよかった』『着物が似合ってるね!』などゲストに言ってもらえました」(まるさん)

●写真3枚目/生い立ちウエルカムボード
「待ち時間に読んでもらえるよう、ふたりの生い立ちや出会いからの流れを書いたウエルカムボードを手作りで準備。ゲストからは『ふたりのなれそめが分かりやすかった!』と言われました」(那津美さん)

[写真1枚目]材料:ツリー、紙、掛かった費用の合計:1000円

[写真2枚目]材料:フレーム、造花、掛かった費用の合計:500円(他、写真現像代1500円)

[写真3枚目]材料:木製ボード、紙、掛かった費用の合計:1000円

挙式演出のプチプラ☆アイデア

先輩花嫁実例 挙式演出 フラワーボーイ&フラワーガール
先輩花嫁実例 挙式演出 リングピロー
先輩花嫁実例 挙式演出 結婚証明書

挙式では印象的な演出を行うと、参列した人にとっても記憶に残る結婚式に。入場シーンではフラワーボーイ・フラワーガール、ベールガールなどを親族の子どもにお願いすると、明るく和やかなムードに包まれる。リングピローや結婚証明書を手作りにしてエピソードを披露すれば、ゲストも一層祝福する気持ちに。

●写真1枚目/フラワーボーイ&フラワーガール
「挙式のときのフラワーボーイ、フラワーガールは親族に頼みました。『かわいい~!』という声や子どもたちの動きに笑い声が上がったり、ゲストのみんなも私たちも笑顔に。和やかな雰囲気になりました」(さやさん)

●写真2枚目/リングピロー
「節約のために当日は手作りのリングピローで挙式に臨みました。ゲストから『かわいい!』と言ってもらえました」(恵理さん)

●写真3枚目/結婚証明書
「自分たちに掛かるお金はなるべく節約して、ゲストの食事や引出物に使いたいと思い、自作ドレスで使った生地の余りで結婚証明書を手作りしました」(RINAさん)

[写真1枚目]材料:フラワー(会場費に含む)、掛かった費用の合計:0円

[写真2枚目]材料:布、ビーズ、掛かった費用の合計:2000円

[写真3枚目]材料:台紙、布、掛かった費用の合計:1500円

挙式後演出のプチプラ☆アイデア

先輩花嫁実例 挙式後演出 シャボン玉で挙式退場
先輩花嫁実例 挙式後演出 フェザーシャワー

厳粛な儀式が終わり、挙式後は一気に祝福ムードが高まる瞬間。参列した人たちと結婚した喜びを分かち合える演出が効果的。代表的なものはフラワーシャワーやライスシャワーだけど、先輩カップルのようにシャボン玉を幻想的に飛ばしたり、ふわりと羽根が舞うフェザーシャワーで幸せを願う方法も。

●写真1枚目/シャボン玉シャワー
「挙式退場はシャボン玉で。フラワーシャワーよりもシャボン玉は空気中に長くとどまるので、『とても幻想的だった』と好評でした。ゲストと楽しみました!」(テラさん)

●写真2枚目/フェザーシャワー
「挙式後はライスシャワーではなくフェザーシャワーを。天使の祝福を受けているようですてきでした。『羽根というのが珍しく、かわいかった!』とゲストに言われました」(あゆさん)

[写真1枚目]材料:シャボン玉、掛かった費用の合計:400円

[写真2枚目]材料:羽根、掛かった費用の合計:3000円

披露宴前半演出のプチプラ☆アイデア

先輩花嫁実例 披露宴前半演出 メニューカード兼メッセージカード
先輩花嫁実例 披露宴前半演出 手作りのウエディングツリー
先輩花嫁実例 披露宴前半演出 ウエディングケーキをゲストがデコレーション

披露宴ではゲストに感謝の気持ちを伝え、楽しんでもらいたいという思いから、席札・席次表・メニュー表を工夫したり、個別にメッセージを添える先輩カップルが多い。ウエディングツリーや、ウエディングケーキ・デコレーションのように、新郎新婦が中座していてもゲストが参加でき、全員が一体となれる演出も◎。

●写真1枚目/メニューカードにメッセージ
「披露宴ではメニューカードを兼ねたメッセージカードを一人一人手作りしました。家族は今でも大切にとっておいてくれているようです」(よっぴーさん)

●写真2枚目/ウエディングツリー
「手作りのウエディングツリーを用意し、テーマを決めて、ゲストにその色の指スタンプを押してもらいました。『どこに押す?』『それにするの?』などゲストが盛り上がり、完成後は記念写真を撮る人が多かったです」(さやさん)

●写真3枚目/ウエディングケーキにデコレーション
「お色直しで中座中に、ゲストにウエディングケーキをデコレーションしてもらいました! ゲストは私たちの反応を楽しみにしていたそうです」(康代さん)

[写真1枚目]材料:紙、掛かった費用の合計:2000円

[写真2枚目]材料:紙(ウエディングツリー・台紙説明用)、スタンプ台、指拭き用ウェットティッシュ、額、掛かった費用の合計:1000円

[写真3枚目]材料:ウエディングケーキ(会場手配)、掛かった費用の合計:0円

披露宴後半演出のプチプラ☆アイデア

先輩花嫁実例 披露宴後半演出 ドレスの色当てクイズ 投票箱
先輩花嫁実例 披露宴後半演出 新郎新婦のサプライズマジックショー
先輩花嫁実例 披露宴後半演出 ポージングが書かれたカードを使用 ラウンドフォト

披露宴後半の演出はゲストが一層盛り上がる場面。テーブルラウンドではフォトプロップスを用意したり、音楽の生演奏やダンスを披露するケースも。ここで紹介する先輩カップルのように、幅広いゲストと一体感を味わえる余興も印象的。ふたりらしさ溢れるイベントやサプライズ演出など、ゲストが楽しめる演出を。

●写真1枚目/ドレスの色当てクイズ
「牛乳パックに画用紙を貼った投票箱を作成して、ドレスの色当てクイズをしました。受付後にゲストに投票してもらい、再入場後に発表! 正解者の中から抽選で、ドレスと同じ色のお菓子をプレゼントしました」(こざくらさん)

●写真2枚目/マジックショー
「新郎の趣味がマジックだったので、ふたりでサプライズのマジックショーを行いました。マジックでハトを出したときはゲストから大歓声が。新郎新婦が余興をやるケースは少ないので、みんなに楽しんでもらえたみたいです」(トトさん)

●写真3枚目/ラウンドフォト
「ポーズが書かれたA4サイズの手作りカードを作って、テーブル毎にカードを引いてもらいました。皆で手を繋いだりと楽しいラウンドフォトになり、盛り上がりました」(ごんざさん)

[写真1枚目]材料:牛乳パック、画用紙、掛かった費用の合計:200円

[写真2枚目]材料:テープ、掛かった費用の合計:300円(マジック道具や衣装などは私物)

[写真3枚目]材料:紙、掛かった費用の合計:100円

ゲストお見送り演出のプチプラ☆アイデア

先輩花嫁実例 ゲストお見送り演出 オリジナルのプチギフト 自分たちでラッピング
先輩花嫁実例 ゲストお見送り演出 プチギフト 個包装のお菓子を自分たちでラッピング

ゲスト全員に「ありがとう」の感謝の気持ちを込めて、一人一人に手渡しするプチギフトは、ふたりなりにこだわりたいもの。ここで紹介する先輩カップルに共通するのは、自分たちでプチギフトを一つ一つラッピングしたこと。どんな方法でもよいので、ふたりの思いを込めてみて。

●写真1枚目/オリジナルプチギフトをラッピング
「プチギフトはオリジナルで揃えて、自分たちでラッピングしました。チープになり過ぎないように、ペーパーアイテムとデザインを合わせたオリジナルタグを制作し、ワイヤータイで結びました。『こんなの見たことない!』と喜んでもらえました」(祐紀子さん)

●写真2枚目/新婦の地元のお菓子をラッピング
「お見送りのプチギフトは箱買いした個包装のお菓子を自分たちでラッピング。カードも手書きで作成しました。新婦の地元のお菓子を使ったため、地元の友人からは『懐かしい~』、新郎の友人からは『こんなお菓子あるんだね~』と言ってもらえました」(まるさん)

[写真1枚目]ラッピング材料:リボン付きワイヤータイ、透明フィルム袋、オリジナルタグ(席次の余った紙で印刷)、掛かった費用の合計:1500円(プチギフトの費用含まず)

[写真2枚目]ラッピング材料:透明ビニールのギフトバッグ、リボン、パールビーズ、単語帳、寿はんこ、掛かった費用の合計:1000円(プチギフトの費用含まず)

from編集部『ふたりらしさをキーワードに、ゲストに思いを込めて』

こんなふうにふたりらしさ満載の創意工夫で、お金を掛けなくてもすてきな演出ができるんです! ゲストに楽しんでもらいたいという思いがあれば、いろんなアイデアは浮かんでくるはず。ゲストの笑顔を思い浮かべながら、ふたりの趣味や得意なことを生かしてゲストが喜ぶ演出は何かを考えてみて。そうすればきっと、感謝の気持ちが伝わり、ゲストの心に残る結婚式に……。

構成・文/福島寿恵
※掲載されている情報は2015年4月時点のものです
※記事内のデータおよびコメントは、2015年3月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー100人が回答したアンケートおよび、既婚男女412人が回答したマクロミル調査によるものです

  • 挙式・披露宴
  • 演出・アイテム
  • アイテム検討期
  • 花嫁実例
  • ふたりらしい
  • もてなし
  • 感謝
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop