ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 彼のマリッジブルー~俺だって悩んでます!~
演出アイテム等
Share on>

彼のマリッジブルー~俺だって悩んでます!~

マリッジブルーって決して花嫁だけがかかるものじゃないって知ってますか? いつもあなたのことを支えてくれる彼も人知れず悩んでいるかも。男性は周囲にあまり相談せず、自己完結することが多いだけに、気付きにくいのも特徴。そこで、先輩花婿に「結婚前に困ったことってなに?」を聞いてみました。「言ってくれなきゃ分からない!」「気付いてよ!」そんな心の擦れ違いを生まないためにも、ぜひふたりで読んでくださいね。

~俺こんなことで悩んでます~「何を手伝えばいいか分からない」

何を手伝えばいいか分からない

ペーパーアイテムにプロフィールビデオ、BGMを決めたりゲストの名簿を作ったり。やることがいろいろあるのは分かるけど、彼女が主導権を握っているし、ヘタに口出したら怒られそうだし……。でも知らんぷりすると余計に彼女の機嫌を損ねちゃう。そんな微妙な心の葛藤が、知らず知らずのうちに彼を追い詰めていることも!?

【先輩花婿の叫び!】
・彼女をどのようにサポートしていいのか分からず。口を出せば意見が対立するし、何も言わなければ「やる気がない!」って怒られた。(ミニーまおさんの夫)
・準備を手伝わなくちゃと思いつつも、いつ何を手伝えばいいか、本当に分からなかったんです。すみません……。(沙季さんの夫)
・ウエルカムボードとか、手作りアイテムの進み具合が全く分からず、何を手伝ったらいいのかも分からなかった。「どうなってるの?」と尋ねたときには準備も終盤に差し掛かっていたようで、悪いことをしたなと思った。(ぬさんの夫)

≪彼女さん、こんなふうにサポートしてあげて♪≫

彼女にしてみれば、「こんなにあたふたしてるんだから、手伝ったり自発的にやれることがあるでしょ!?」と言いたいところだけど、そこは察することが苦手な彼。何をすればいいのか皆目見当が付かず、ひそかにジレンマに陥っているようですよ。そんなときにはお願いしたい内容をできるだけ具体的に伝えてあげて。目標を達成することについては意欲的な彼。「手伝って」「一緒にやろう」というひと言で、張り切って引き受けてくれるはずです。

~俺こんなことで悩んでます~「見積りが膨れ上がりそうで心配」

見積もりが膨れ上がりそうで心配

「あれもやりたい、これもやりたい♪」という彼女の夢はなるべくかなえてあげたい。でもそうやって少しずついろんな費用が積み重なっていくうちに、気が付けば当初の見積りから大幅アップ、なんてことも。(小さい男と思われたくない、でももうちょっと抑えられたらその分で新車が買えるじゃん!?)そんな心の叫びをグッとのみ込んで、もんもんとした日々を過ごす花婿もいるんです。

【先輩花婿の叫び!】
・みんな何にいくら掛けているのか見当が付かず、こんなに使ってもいいんだろうか?と、ふと不安な気持ちに。(歩さんの夫)
・ほどほどに! ほどほどに!と言い続けてました。費用が気になって気になって。(久美子さんの夫)
・彼女が「お金を掛けたいポイント」がいまひとつ理解できず。結婚式は花嫁のものだと思い、口をつぐみましたが。(ゆっこさんの夫)
・「上を見れば切りがない、ふたりでできる範囲の式にしよう」ということを言い続け、彼女がヒートアップするのを抑制した。(真実さんの夫)

≪彼女さん、こんなふうにサポートしてあげて♪≫

自分の知らないところでどんどん費用がかさんでいくことに、一抹の不安を覚える彼。さらに相場がよく分からないまま物事が進んでいくこともモヤモヤの原因に。お金はふたりの今後にも関わってくる大事なことなので、何にどれだけ使ったのか、あといくら必要なのか、結婚式費用の収支状況を常に彼と共有しておくことが大事です。

~俺こんなことで悩んでます~「彼女のイライラ。あたるのやめてぇぇ」

イライラやめて

(今日も彼女は怒っている。俺が原因なのか、それともただの八つあたりなのか……)。そんなとき彼は、「触らぬ神にたたりなし」と、ひたすら時が流れるのを待つしかないのです。意見が合わずにケンカになるのは仕方ないとしても、理由の分からない彼女のイライラは、彼にとっても大きなストレスに。

【先輩花婿の叫び!】
・イライラする花嫁をヨイショしてなだめるのが大変でした。笑ってほしくて、飼いネコを抱えて腹話術で聞いてみても、思い切りスルー。結局原因は分からずじまいです……。(祐紀子さんの夫)
・彼女が優柔不断で何事にも迷っているので、速く決断できるようアドバイスしたら、「もっと迷いたい!」と怒られた。一体どうすれば良かったんだろう。(こざくらさんの夫)
・花の色とか写真のデザインとか、「好きにしていいよ」と言うと、「何も考えてない!」と怒られる。「こっちがいい」と答えると、「でも○○の方が……」と言われるし。興味がないんじゃなくて、本当に違いが分からないんだ。(mamayuさんの夫)
・彼女が手作りを頑張り過ぎていっぱいいっぱいに。とばっちりを受けて困った。(知世さんの夫)

≪彼女さん、こんなふうにサポートしてあげて♪≫

まずはイライラしてみたところで、状況は何も変わらないということを覚えておきましょう。もちろん怒りの原因が彼にある場合は、理由をきちんと告げること。そこでケンカになっても、理屈が通っていればちゃんと分かり合えるので。ただし八つあたりはダメ。せっかく幸せになりたくてやっている結婚準備なのだから、気持ちを切り替えて笑顔で楽しまなきゃ損ですよ。

~俺こんなことで悩んでます~「仕事もあるし、忙しくて時間がないの」

仕事が忙しい

本当に毎日毎日忙し過ぎて、にっちもさっちもいかなくなるって、よくある話。でもそれ、彼女には通じません。だって彼女にしてみれば結婚準備も仕事と同じくらい大事な、一生に一度の掛け替えのない時間だから。仕事と彼女との板挟み、それこそが彼のマリッジブルーの原因になることが多いんです。

【先輩花婿の叫び!】
・とにかく時間がなかった。おまけに彼女とは遠距離だし、会場も今住んでいる場所から離れているし。ギリギリになって取り掛かったものの、徹夜の連続で正直参りました。(さりゅーさんの夫)
・結婚準備の時間を作り出すのに一苦労。彼女には忙しいことをちゃんと伝えていましたが、分かってもらえたかどうかは不明です。(はるさんの夫)
・仕事が忙しい僕に遠慮して、ひとりで黙々と準備を進めていた彼女。何かを決める際には相談してくれるのですが、本音を言うともっと一緒に作業をしたかった。ごめんね。(ちかさんの夫)

≪彼女さん、こんなふうにサポートしてあげて♪≫

彼だって心の中ではすまないと思っている様子。だけど、ここで怒ったりすねてしまっては、彼も逃げ場がなくなってしまいます。手作りなど時間や手間が掛かるものは無理でも、一緒にできることは必ずあるはず。デートがてら試食会に参加してみたり、映像演出に使う写真を探しに彼の実家までドライブしたり。それだけでも十分結婚式に向き合う姿勢が変わってくるはずです。

~俺こんなことで悩んでます~「ゲストへのお願い事について」

ゲストへのお願い事

上司に頼むスピーチや、友人たちにお願いする余興や受付、二次会の準備。考えなきゃいけないことが山積みの中、特に心配なのはやっぱり職場関係者への頼み事。こちらを立てればあちらが立たず……。そんな職場の序列やしがらみに苦心しているうちに、どんどん時間だけがたっていくのです。

【先輩花婿の叫び!】
・ゲストを決めるとき、会社関係の人をどこまで呼ぶか迷った。決めた後は席次表が大変でした。(亜弓さんの夫)
・スピーチをお願いする上司をなかなか決められず。日は迫ってくるし、これ以上先延ばしすると迷惑を掛けると思って焦った。(美紗子さんの夫)

≪彼女さん、こんなふうにサポートしてあげて♪≫

彼のゲストのことは彼自身がなんとかしなきゃいけない問題だけど、スケジュール管理なら一緒にできるはず。「ゲストへのお願い事はこの日までに必ず済ませよう」と締め切りを決め、お互いにチェックしながら進めると安心ですよね。楽しみながら管理できそうなアプリを探して、進捗状況を共有し合うのもいい方法。ポイントはあくまでも温かく見守ってあげること。「何があっても私が付いているからね」と、安心感を与えつつ、しっかりリードしてあげましょう♪

from編集部『思いやりの心が彼をマリッジブルーから救うカギ!』

花婿たちの声から見えてきたのは、どうやら彼女とうまく意思の疎通が図れないことが、マリッジブルーの大きな原因のよう。「自分の気持ちがうまく伝わらない」「言いたいけど言い出せない」「理由が分からないまま彼女の機嫌を損ねてしまったらしい」などの小さなストレスが、積もり積もって彼のマリッジブルーを引き起こしているのかも。それを救うのは彼女の優しい気遣いと思いやり。一生に一度の結婚準備期間なんだから、HAPPYに過ごしてくださいね。

取材・文/南 慈子 イラスト/村澤綾香 構成/赤松理恵(本誌) 
※記事内のデータならびにコメントは、2015年3月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー100人が回答したアンケートおよび、(既婚)男女412人が回答したマクロミル調査によるものです
※掲載されている情報は、2015年4月時点のものです

  • 挙式・披露宴
  • ゲスト選び・席次決め
  • 演出・アイテム
  • 結婚準備全体
  • 結婚準備全体
  • ダンドリ
  • 細やかな気遣い
Share on>

pagetop