ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. ゲスト選び・依頼
  5. ゲスト515人に聞きました!「マジ勘弁……」な席次って?
お金・常識
Share on>

ゲスト515人に聞きました!「マジ勘弁……」な席次って?

げんなりとしたゲストイラスト

会場が決まった、ゲストも決まった! でも肝心なのは実はここから。結婚式の席次が不満だった……というゲストは結構たくさんいるんです! 
席次は、肩書などのマナーを外さないことはもちろん、ゲストが楽しめるかという観点も大切。ここでは先輩カップルの親族や親、友人など2年以内に結婚式に参加した経験のある515人への調査で明らかになったゲストが不満に思う席次ワースト5を公開! 席次を決めるヒントにしてみて。

ワースト1位「話せる人がいないのは、マジ勘弁」(156人/515人中)

話す人がいなくてひとりぼっちのゲストイラスト

・遠方の式で、友人と一緒ではなく1人だけ招待された。周りがほとんど知らない人ばかりだったので、行きも帰りも式の間もずっと1人だった……(新婦友人・女性/27歳)
・年齢が違う人とのテーブルのためか、会話が全然盛り上がらない(親戚・男性/49歳)
・仲のよい女友達が別のテーブルでかなり離れていて、私のテーブルは新郎の友人で知らない人たち。女性は私1人で、つまらなかった(新婦友人・女性/56歳)
・新郎の大学時代の友人らと同席していたが、その人たちの内輪ネタにうまく入っていけなかった(新郎友人・男性/28歳)

会話のしやすさを優先した配置を心掛けて

招待客をグループ分けしておおよその配置を決めていくと、どうしても人数が合わないテーブルが出てくるもの。複数人の場合は全員をまとめずに小グループずつに分けて配置するのもあり。また周りに知り合いがまったくいないゲストを招待する場合は、趣味が同じ人や社交的な人の隣に配置し、1人で参加している旨を伝えて話し掛けてもらえるよう事前にお願いをしておくとよい。

ワースト2位「騒ぎ過ぎるのは、マジ勘弁!」(107人/515人中)

騒いでいる若者を見て残念そうなゲストイラスト

・新郎の会社の方たちが、乾杯前のウエルカムドリンクで大声で乾杯をし、披露宴が始まる前から大声で話したり騒いだりしていた(新婦友人・女性/27歳)
・お酒をたくさん飲んで、まるでサークルの飲み会のように友人のスピーチも聞かずに騒いでいた。おかげでスピーチがまったく聞こえなかった。新郎新婦にも友人にも失礼だし、新郎新婦の親族にあんな人たちが友達だと私なら思われたくないと感じた(新婦友人・女性/ 27歳)
・花嫁の手紙の際に酔っ払った人が裸になり奇声をあげたりしていた(親戚・女性/27歳)

世代やノリの違いを意識したテーブル配置を

特に多かった声は、新郎友人に対する親戚や新婦友人からの不満。場を盛り上げようとするあまり、悪ふざけが過ぎたり大声を出すなどして、他のゲストの迷惑になるのも困りもの。騒ぎそうな友人がいる場合はグループで席を分ける、会社ゲストや親戚の席と離して周りを同世代のゲストで固めるなど、テーブルの配置にも配慮が必要。また、事前にひと言「騒ぎ過ぎ注意」と伝え、リスクを回避しておくのもあり。

ワースト3位「ふたりが見えないのはマジ勘弁!」(107人/515人中)

柱の陰から新郎新婦をのぞくゲストイラスト

・新郎新婦の姿はプロジェクターに遮られていて全く見えなかった(新婦友人・女性/26歳)
・新郎新婦の席が遠かったので、キャンドルサービスの時と、写真撮影の時だけふたりの近くに行けた……(親戚・女性/34歳)
・横に長い披露宴会場で柱があり高砂席もスクリーンも見えなかった(親戚・男性/33歳)
・高砂席に背を向ける席で首が疲れた……(新郎友人・男性/33歳)

事前に席に座ってみて、気になるところを修正

円卓の場合、どうしても高砂席に背を向ける席ができてしまうため、思い切ってその席を取り払ってしまうのも一つの手。また、柱が邪魔になったり、装花が視界を遮る可能性がある場合は、会場のプランナーと相談して、テーブルの配置をずらすなどの解決策を模索してみよう。

ワースト4位「明らかに席次が変なのは、マジ勘弁!」(68人/515人)

上座のゲストを睨む下座のゲストイラスト

・会社の上司など一番偉い方が座るであろう席に、なぜか会社の先輩がいた……(新婦友人・女性/26歳)
・結婚式の披露宴で別れた彼女と同じテーブルだった(新郎友人・男性/33歳)
・大学の部活の上下関係が席に反映されておらず席がむちゃくちゃだった(新郎友人・男性/32歳)
・新郎の会社の中で、特に不仲の2人が隣同士で、周りの方がヒヤヒヤした(新郎同僚・男性/48歳)
・会社の上司を呼んでいない披露宴とはいえ、私と妻が主賓席でなんだか気まずかった(新郎友人・男性/33歳)

テーブル内での席次は序列や人間関係をよく考えて

会社の中では肩書が序列の決め手となるので、上司の席順は役職順に配置するのが礼儀。迷う場合は職場の上司に席次を確認してもらうと安心。友人の場合は、明らかに仲が悪いとわかっている場合は、テーブルを離すか同じテーブルでもできるだけ席を離す配慮を。親族の場合も、兄弟間の序列や不仲等もあるので、事前に親に確認をしておこう。

ワースト5位「会場が狭過ぎて窮屈なのはマジ勘弁!」(65人/515人)

ぎゅうぎゅうづめに座るゲストイラスト

・会場が小さいわりに人数が多く、テーブルの間隔が狭くて、トイレなど席を立つときにとても気を使った……(新婦友人・女性/28歳)
・1つのテーブルにギリギリの人数が座っていため、お皿でテーブルがいっぱいになり、グラスも置き場がないほど窮屈だった(新婦友人・女性/29歳)
・ぎゅうぎゅう詰めで圧迫感があって、早く終わらないかとばかり思ってしまった(新婦友人・女性/26歳)
・席の間隔が狭くて歩きづらかった。後ろを人が通るたびに椅子を前に引いたりしてせわしくて落ち着かなかった(親戚・女性/51歳)
・会場が狭くて、自分の席の位置が高砂席より後ろで後ろ姿しか見えなかった(新婦友人・女性/31歳)

ゲストに合わせて出入りのしやすい配置を考えよう!

席次以前に、ゲスト人数に見合った会場を手配したいけれども、やむを得ない場合は、ゲストの顔ぶれに合わせて、出入りしやすさに配慮しよう。特に、妊婦・子連れ・年配ゲストなどは、披露宴の途中で気分が悪くなったり、トイレに立つ際に気を使わせないよう、出入り口付近の席に配置して。出入り口付近が下座に当たる場合は、その席に配置した理由も前もって伝えておこう。

まだまだある! ゲストはこんな席次で「マジ勘弁!」

・義理姉の結婚式に参加。3カ月の息子も一緒にとのことだったので参加したら、私達の席の間に小さなベビーベッドは用意しておいてくれていたのに、席次表に息子の名前がなくて悲しかった(親族・女性/26歳)
・冬の半ガーデンウエディングで、自分たちの席は外側でとても寒かった(新婦友人・女性/25歳)
・300人くらい入る会場なのに100人くらいでスカスカ。それなのに柱の影って……(親族・女性/28歳)
・夫と二人で招待されたのに、席が離れていた(新郎新婦友人・女性/32歳)
・目の前に撮影用のビデオと撮影者がずっと立ってて終始何も見えなかった(新婦友人・女性/27歳)

from編集部『席次は“ゲストの一日を左右するもの”と心得て!』

席次はその一日をゲストがどう過ごすかを決めてしまうもの。誰とも会話がなくストレスを感じたり、ふたりを祝福するために来たのに話もできないなど、ゲストにつまらない思いをさせないためにも、細心の注意を払って配置を考えたい。
席次を決めたら、いったんゲスト一人一人になりきって、その席でちゃんと楽しめるかをイメージしてみるのがおすすめ。気になるところがあれば調整をしたり、プランナーに相談するなどして、ゲストみんなが笑顔になれる式を目指そう。

構成・文/平間 美樹 イラスト/伊波 二郎
※掲載されている情報は2015年4月時点のものです。
※記事内のデータならびにコメントは男女515人(既婚)が回答したマクロミル調査によるものです。

  • 打ち合わせ開始期
  • 常識・マナー
  • ゲスト
  • もてなし
  • 頑張りたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop