ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. その結婚式、ゲスト衣裳にこだわりあり!
結婚式スタイル
Share on>

その結婚式、ゲスト衣裳にこだわりあり!

幸せや楽しさをゲストと共有できるよう、ゲスト衣裳を揃えたり、ゲストが自主的に衣裳を揃えて参列するなどゲスト衣裳にこだわりのある結婚式が今増えています。カップルだけが主役ではなく、ゲストも一緒に楽しさや幸せを共有できる結婚式。実際にどうすれば実現できるもの? 先輩カップルたちの実例を紹介します!

**その結婚式、ふたりからのこだわり衣裳あり!**

式のテーマや、会場、ロケーションに合わせてゲストの衣裳を揃えた結婚式。新郎新婦がプレゼントとしてゲスト衣裳を準備したパターンと、ドレスコードとしてゲストに事前に依頼したパターンをご紹介! どの式も一体感がステキです!

アロハを着てリゾート気分を漫喫!

新郎新婦を囲むゲスト

新婦がハワイ好きなことと、ふたりが住むいわき市の「スパリゾートハワイアンズ」にちなんで、また地元らしいおもてなしをしたいという思いから、潤一さん・聖子さん夫妻はハワイアンスタイルの結婚式をチョイス。当日ゲストは私服で来場し、ふたりが会場からレンタルした衣裳のアロハやムームーに着替えた。「こんな衣裳を着た結婚式は初めて!」とゲストからも好評で、祖母も「初めてムームーを着た」と大喜び!

ゲスト衣裳を揃える案を出したのは聖子さん。きっかけはゲストにも明るい色の衣裳をという思いから

新郎新婦と家族ゲスト

貢大さん・まりよさん夫妻は親しい人たちとアットホームに過ごせるよう、沖縄でリゾートスタイルの挙式を実施。ふたりは挙式参列用の衣裳として、家族にお揃いのアロハシャツとワンピースをプレゼント。リゾート気分が高まり、両家の親密度も深くなったそう。

ゲスト衣裳はまりよさんがインターネットで探して贈ったもの

ナイトウエディングでハロウィン「仮装」パーティ

仮装パーティ

にぎやかなことが大好きな慶さん・靖子さん夫妻は、中世英国をコンセプトにした会場で結婚式をハロウィン仕様に。ゲストはふたりの親族のみ。お互いの実家が福島と埼玉で離れていることから、「ゆっくり交流を深めてほしい」という思いでふたりはこの披露パーティを企画した。
二次会はさらにカジュアルなハロウィンパーティに。ゲストはみな、ふたりが設けたドレスコードの「仮装」で出席し、みんなで写真を撮り合ったり、仮装のコンセプトを発表し合ったり。ゲストみんなでにぎやかな時間を満喫し、両家の距離がぐっと縮まった。

写真中央の赤いドレスをまとっているのは新郎の母。テーマは魔女だったそう。他にもかぼちゃやかっぱ、ドラキュラなどみんな思い思いの仮装で集まった

**その結婚式、ゲスト独自のこだわり衣裳あり!**

式に衣裳で華を、新郎新婦へのお祝いの気持ちを衣裳でなど、ゲストが自主的にこだわりの衣裳を用意した式。どの結婚式もとっても華やか!

女性ゲストがふたりに内緒で着物で出席

着物を着た女性ゲスト

友晴さん・麻里さん夫妻の結婚式では、新婦友人の発案で新婦側の女性ゲストのほぼ全員、25人が着物姿で出席。内緒のお揃い衣裳でふたりを驚かせた。「朝早くから準備をしてくれて、その気持ちが嬉しかった」と麻里さん。純白のチャペルを色鮮やかな着物が華やかに彩った。

発案者の新婦友人は、参列する新婦の職場の方にも声掛けしサプライズ成功!

新婦友人がお揃いのワンピースで華やかに参列

新郎新婦を囲む女性ゲスト

「結婚式ではゲストにたくさん感謝を伝えたいね」と話していた良太さん・奈央子さん夫妻。そんなふたりを祝福するため、「長女」繋がりで仲良くなった新婦の高校時代の同級生5人はお揃いの衣裳をコーディネート。 真っ先にメイン卓を訪れ、グループで花嫁第1号の新婦を祝った。新郎新婦とゲストが相思相愛の温かい結婚式に。

友人は衣裳を揃えるにあたり、他のゲストに失礼がないかなど新婦へ事前相談をしてから式に臨んだ

新郎新婦と女性ゲスト

豊さん・由莉さんの結婚式では、由莉さんの友人3人がお揃いの赤いドレスで出席。友人たちは新婦から結婚の報告を聞いて気分が盛り上がり、主役気分を一緒にと衣裳を揃えたそう。何も知らなかった由莉さんは友人たちを見て、「かわいー。めっちゃいいやん!」。新郎も一緒に記念撮影。

この友人3人は二次会にも別のお揃い衣裳で登場し、パーティに華を

**番外編・その結婚式、ブライズメイド・アッシャーあり!**

結婚式のお揃い衣裳の代表格と言えば、ブライズメイド・アッシャー。ふたりが衣裳を用意したブライズメイド・アッシャー衣裳で、式をおしゃれに彩ります。

ワンピース&タイをイエローで統一♪

新郎新婦を囲むブライズメイドとアッシャー

陽平さん・宏美さん夫妻は友人にブライズメイドとアッシャーを依頼。ふたりはブライズメイドにドレスとシューズ、アッシャーにはタイを用意した。介添人を友人に頼んだのは、外国の結婚式のような雰囲気へのこだわりがあったから。
人前式ではアッシャーが布を敷きながら入場した後、新郎が入場。ブライズメイドに続いてフラワーガールが花びらで道を清めながらバージンロードをつくり、その温かい道を宏美さんは一歩一歩大切に歩いた。

ブーケとブートニアは新郎新婦とブライズメイド&アッシャー全員でお揃いに

花嫁とブライズメイド

長崎と北海道での遠距離恋愛を続けてきた佑己さん・エリサさん夫妻。「楽しい挙式」にこだわり、人前式をチョイス。ブライズメイドとアッシャーにサポートをお願いし、「深い愛に満ちた家庭をつくります」などオリジナルの言葉で誓いを立てた。ブライズメイドにはお揃いのイエローのドレスを、アッシャーにはイエローのネクタイを用意。

挙式シーンを明るく彩るブライズメイドのおそろいの衣裳は海外サイトで

友人母お手製のヘッドドレスもお揃いで♪

ケーキを囲むブライズメイド

正嗣さん・はるかさん夫妻は、小学校時代からの友人7人にブライズメイドを依頼。新婦から贈られたお揃いのシャンパンゴールドのワンピースを着た7人が、挙式前のはるかさんに一つひとつアクセサリーを着けてくれた。披露パーティでは、ブライズメイドがウエディングケーキの最後の飾り付けをしてふたりを祝福し、華やかなワンシーンに。

ブライズメイズを務めた友人母のお手製のヘッドドレスは新婦へのサプライズ

from編集部『こだわり衣裳で式に楽しさを!』

ゲストと新郎新婦がお互いを思いやって衣裳に統一感を持たせた、にぎやかで楽しい結婚式をご紹介しました。こんな、ゲストと一緒に作り上げる結婚式はこれからますます増えていきそう。上手に企画して、衣裳に一体感のあるゲスト参加型の楽しい結婚式をみんなで作り上げてくださいね♪

文/尾越まり恵 構成/松隈草子(本誌)
※掲載されている情報は2015年4月時点のものです

  • 挙式
  • アイテム検討期
  • トレンド
  • 遊び心のある
  • 温かい
  • 楽しく読む
  • 海外ウエディング
  • 挙式演出
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop