ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. 33歳からの大人スタイル Vol.3 奇想天外な場所で inかねよ食堂
コラム・連載
Share on>

33歳からの大人スタイル Vol.3 奇想天外な場所で inかねよ食堂

33歳からの大人スタイル Vol.3 奇

33歳からの“大人”なウエディングスタイルを発信する『ゼクシィPremier』などで幅広く活躍するフリーエディター、生駒知子が提案する大人のコンセプトウエディング。今回は「奇想天外な場所で」をテーマに、海辺の古びた食堂で行う、ホームパーティのようなゆったりとした時間の流れるウエディングパーティをご提案。

旅先での思い出、おふくろの味……持ち寄ったレシピが記された招待状

旅先での思い出、おふくろの味……持ち寄っ

集うゲストから募った好きな食材、好きなジャンル、旅先での思い出の一品などのレシピが写真の裏に印刷されているおしゃれなデザイン。リングで留めたカード式が珍しい招待状。

見つけにくい隠れ家でも一目瞭然。ラフィアで書いたウエルカムサイン

見つけにくい隠れ家でも一目瞭然。ラフィア

エントランスの装飾は会場に合わせてナチュラルな素材でテーマを掲げお出迎え。これなら奥まった場所でも発見できそう。

誰かが乗ってきた車のラゲッジを高砂席にしたセレモニースペース

誰かが乗ってきた車のラゲッジを高砂席にし

ゲストの車の荷台をお花でラフに飾って高砂席風に。このイージーに見せる絶妙なアレンジがセンスの見せどころ。フラッグやレースでちょっぴりドレスアップして「飾らない」「無理しない」ふたりにピッタリのセレモニーに。

大きなテーブルに多国籍の料理がさまざまな大皿で並ぶ食堂スタイル

大きなテーブルに多国籍の料理がさまざまな

会場のセンターに設置したフードテーブルにはカラフルな料理がセンターピースの代わりに。装花は盛り上げ役程度がこのテーブルにはお似合い。大皿も取り皿も不揃いなのが楽しげ。

ホスト役に徹した新郎新婦のエプロンスタイル

ホスト役に徹した新郎新婦のエプロンスタイ

食堂=大きなキッチンでのパーティを想定したエプロンスタイルが小粋。GROOM、BRIDEの刺繍とブートニア代わりのお花アレンジが憎い。

持ち寄った人それぞれの思い出が詰まった料理たち

持ち寄った人それぞれの思い出が詰まった料

味もさることながら思い出もスパイスになっておいしさが倍増しそうな料理たち。みんなで持ち寄った感覚がゲスト同士をさらに親密にさせる。

持ち寄ったレシピをメニューにしたフードリストがランチョンペーパーに

持ち寄ったレシピをメニューにしたフードリ

当日、会場に着くと、招待状にあったみんなのレシピが実際のメニューになってランチョンペーパーにプリント。思い出もメニュー名に取り入れられ、見るだけでも会話が弾みそう。

世界のビールボトルにアレンジしたお花がおみやげ

世界のビールボトルにアレンジしたお花がお

荷台のお花を小さくアレンジして、ラベルの可愛いビールを一輪挿し代わりに。そのままお家で飾れるギフトとして持ち帰ってもらうナイスなアイデア

◆IKOMA’S EYE◆

ビーチ沿いにこっそり佇む、かねよ食堂を選んだのは、場所の面白さだけでなく、海辺のゆったりした空気の中に計算された空間づくりと心地よいサービスが他にないウエディングステージだと感じたから。コンセプトをホームパーティ感もある「POTLUCK WEEKEND」とし、みんなで持ち寄った思い出のメニューを基に作った料理を、テーブルを囲んでワイワイ週末に楽しむような、温かくて思いの詰まった結婚式を提案。素朴さをあえて残した『かねよ食堂』のおいしい料理と、旬なセンスとアイデアに溢れる『トランジットクルー』との化学反応がお見事。

DATA

Wedding Plan
<総額>131万4500円~(税抜)
<ゲスト>80名
<スペース>48万円~(6000円×80名)
<フード>立食(多国籍料理ビュッフェ形式、フリードリンク3H込み)
<デコレーション&フラワー>40万円~
<ペーパーアイテム>16万5000円(招待状、ウエルカムボード、ランチョンマット)
<プランニングフィー>15万円
<スケジューリング>11万9500円
※車両レンタル費、ラップスカート風サロンは私物のため含まず

Wedding Information
<プランニング>TRANSIT CREW(TEL03-6826-5660)
<スペース>かねよ食堂(TEL046-841-9881)
<フラワー>farver(TEL03-6451-0056)

Bridal Creator 生駒知子

20年間ブライダル業界に携わり、現在はフリーエディターとして、主に『ゼクシィPremier』のスタイル提案、ドレス記事を制作。また、『ゼクシィ』シリーズの表紙ビジュアルディレクターも担当。結婚式のプランニングなど、雑誌や広告中心に幅広く活躍中。

撮影/Yoshiaki Sekine(SIGNO)

※掲載されている情報は2015年3月時点のものです

  • 挙式・披露宴
  • 結婚準備全体
  • スタイル提案
  • ナチュラル
  • 個性的
  • 先進的
  • おしゃれ
  • ふたりらしい
Share on>

pagetop