ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. その他演出・演出アイテム
  5. [素材をダウンロード!]自宅でラクチンDIYアイテム☆
演出アイテム等
Share on>

[素材をダウンロード!]自宅でラクチンDIYアイテム☆

手作りはしたいけど、字や絵を描くのは苦手だし、おしゃれな素材を街で探すのも面倒。そんなときは、ネットで検索して素材を探してみて。ネット上にはたくさんの無料で使える素材がアップされていて、モチーフから柄、フォント(文字)など自分好みの素材を探すことができます。それを使えば、お金を掛けなくても、素敵なアイテムが簡単に作れます。

**ペーパープロップス**

ペーパープロップス

ゲストと写真を撮るときの小物として大ブレーク中のフォトプロップスは、簡単だし、市販品にはない個性も出せるので、自分で作ってみよう。

●費用:1000円 
●制作時間:3時間
●材料:カラーダンボール紙、アルファベットシール、デコレーションシール、マスキングテープ、棒
●制作:永岡美夏

1.ネットからハート、ひげ、眼鏡、シルクハットなど作りたい形の素材をダウンロードして厚手の紙に印刷(眼鏡やひげなどは顔の大きさに合わせて拡大・縮小コピー)。
2.1の周りを切り抜いて型紙を作り、ダンボール紙の裏側に当てて切り取り線を描いてカットする。
3.ハートのプロップスにアルファベットシールを、シルクハットのプロップスの飾りにデコレーションシールを貼る。
4.マスキングテープを巻き付けた棒を3の裏にマスキングテープで貼り付ける。
※型紙は市販のシールを拡大して作るという方法も。

<素材探しは検索ワードがポイント!>

ネット上にはさまざまなイラスト、写真、絵柄などを無料でダウンロードできる素材集がある。眼鏡やハートなどは「作りたい形+イラスト(またはフリー素材)」で画像検索を。紙素材を探すときも、検索ワードが大事になり、ショッピングサイトの中から探すより、画像検索してイメージに近い物を見つけるのが近道。ダンボール紙の場合、「ダンボール紙」で検索すると両面平らになった板紙が多く出てきてしまうので、「カラーダンボール紙」で検索を

**英字新聞の星飾り**

英字新聞の星飾り

色画用紙だけで作ると子どもっぽくなりがちな星の飾りも、英字新聞柄のペーパーを使うとおしゃれに。大中小3サイズの星飾りを作って、飾ったときの表情を豊かにしたい。

●費用:500円 
●制作時間:5時間
●材料:英字新聞柄のラッピングペーパー、色画用紙、マスキングテープ、麻ひも、外国の切手
●制作:あおきいくこ

1.「星 イラスト」「星 フリー素材」などで画像検索してダウンロード。厚手の紙に印刷して大中小3種類(横幅9.5cm、13cm、18cm)の星の型紙を作る。
2.英字新聞柄のペーパーと色画用紙を1の型紙を使って、星の形に切る(星のモチーフを1つ作るのに、英字新聞柄のペーパー4~5枚、色画用紙1枚)。
3.2の星の紙の背面同士を貼り合わせていき、最後の星の紙を貼る前に、モチーフの中心にひもを当てて接着。最初と最後の星の紙を貼り合わせる。同様にして、星のモチーフを次々に作りながら、間隔を開けてひもに付けていき、最後に外国の切手などを貼って装飾。
※紙の貼り合わせはシワが出にくいテープのりがおすすめ。

**時計盤のリングピロー**

時計版のリングピロー
時計版のリングピロー作り方テキスト

ネット上で見つけて印刷した時計盤を表面に。よく見るとマリッジリングを掛ける所も時計盤だ。時計の針も手作りして、アンティークな中にも温かみがあるリングピローに。

●費用:300円 
●制作時間:2時間
●材料:筒のボックス、英字ペーパー、茶とこげ茶のオーガンジーリボン、茶のマスキングテープ、ハレパネ(パネル材)、黒の画用紙、虫ピン、ビーズ、黒い丸シール
●制作:m&m&m’s

1.「時計盤 フリー素材」「時計盤 イラスト」で画像検索してダウンロード。筒のサイズに合わせて印刷し、上部に貼る。外側は英字ペーパーやマスキングテープ、リボンでデコレーション。
2.時計盤を縮小コピーしてハレパネに貼り、筒状に切ってマスキングテープを周りに貼る(写真2枚目の図2)。
3.黒画用紙などで針を作って虫ピンで留め(写真2枚目の図1)、2を接着剤で時計盤に貼る。

**ペーパーフレームのウエルカムフレーム**

ペーパーフレームのウエルカムフレーム

このフレームは本物のように見えるけれど、これも画像をネットで探して印刷して作ったもの。近くで見ると紙製であることに気付いてびっくり。

●費用:500円 
●制作時間:2時間
●材料:半光沢紙(セミ光沢紙)、厚紙、「WELCOME」の切り文字、リボン50cm
●制作:井上陽子

1.「アンティークフレーム フリー素材」などで画像検索して、好きなフレームを3種類ダウンロード。それぞれ少しツヤが出る半光沢紙に印刷する(ここではA4サイズに全面印刷。フレームがぼやけるようだったら、サイズを小さくして)。
2.それぞれの裏に厚紙を貼って、フレームの外側と内側を切り抜く。バランスを考えて3種類の配置を決め、重なる部分を接着。
3.切り文字を付ける(写真の文字は木製で高さ4cm)。
4.上部にパンチなどで小さな穴を開けてリボンを通し、チョウ結びにしてつるす。
※フレームが平面的なので、切り文字は木製など立体的な物にするのがおすすめ。「木製 イニシャルパーツ」「ウッド アルファベット」などで検索して既製品を探してみて。

**切り絵のウエルカムボード**

切り絵のウエルカムボード

新郎新婦のシルエットをネットで探して印刷し、周りをカットして切り絵風に。「Welcome」などの文字を筆記体で書き込むとおしゃれで、インテリアとしても使えそう。

●費用:500円 
●制作時間:1時間
●材料:フォトフレーム、セミ光沢紙(半光沢紙)、リボン、白のマーカー
●制作:井上陽子

1.ネットで「結婚式 シルエット」で画像検索して好きなシルエットを探し、ダウンロードして印刷する(紙は光沢紙よりツヤが少ないセミ光沢紙がおすすめ)。
2.フレームに入れて、白のマーカーで「Welcome」などの文字を入れ、チョウ結びにしたリボンを付ける。
※白やゴールド、シルバーなどで文字を書き込むときは発色がいい「ポスカ」などのマーカーを使って。

<シルエット素材を加工するのも楽しい♪>

フリー素材の画像のファイル形式はJPEGが多いけれど、中にはGIFやPNGで保存できる素材も。この形式でダウンロードして画像編集ソフトで開けば、背景に色を付けることも可能(JPEG形式のみの素材も、ペイントなどのソフトを使うと、PNGなどに変換できる)。
フリー素材集で夕焼けの写真を探してダウンロードし、合成してたそがれの海を背景にしたふたりのシルエットを作るのもステキ

**ペーパーランタンのテーブルナンバー**

ペーパーランタンのテーブルナンバー
ペーパーランタンのテーブルナンバー作り方イラスト

楽譜柄のペーパーを切り抜いたテーブルナンバーやモチーフの間からキャンドルの炎が揺らめいてとてもステキ。この楽譜柄のペーパーもネットで探すことが可能。


●費用:1500円 
●制作時間:2時間
●材料:四角形の木箱(上下が開いているもの)、キャンドル(以上卓数分)、楽譜柄のペーパー、アンティーク柄のペーパー、マスキングテープ
●制作:井上陽子

1.楽譜柄のペーパーからテーブルナンバーやモチーフを切り抜き(切り抜いたナンバーなどは別のサイドに貼るので、丁寧にカット)、箱の開いた方に貼る。
2.側面に楽譜とは違う色のアンティークペーパーやマスキングテープを貼ってコラージュし、1で切り抜いたテーブルナンバーやモチーフを貼る。
※木箱が見つからなければ厚紙で箱を制作。
※火が使えない場合は電池のLEDキャンドルライトに。

<楽譜柄のペーパーを見つけるには?>

ここでは洋書の1ページを使用して作っているが、ネットで「コラージュペーパー 楽譜」「パターンペーパー 楽譜」「ラッピングペーパー 楽譜」「デザインペ-パー 楽譜」と入れて検索すれば同様の紙が見つかる。 
「楽譜 フリー素材」で画像検索してダウンロードし、透け感のあるトレーシングペーパーに印刷する方法も。「アンティーク フリー素材」などテイストを入れて画像検索すると、そのテイストの柄からモチーフまでさまざまな素材が見つかるし、「アンティーク紙無料ダウンロード素材集」など、素材のまとめサイトから探す手も。街を歩き回って探すのは大変な素材も、こうすれば簡単に見つけられる

**イニシャルパネルのチェア飾り**

イニシャルパネルのチェア飾り

イスにゲストのイニシャルパネルを掛けると、パーティ気分が高まり、ゲストは「私のために用意された席」と特別感を感じるように。

●費用:1つ当たり100円  
●制作時間:1つ10分
●材料:厚紙、アンティークな柄のペーパー、ゴールドのゴムひも
●制作:井上陽子

1.厚紙にアンティークな柄の紙を貼り(紙の見つけ方は「ペーパーランタンのテーブルナンバー」の作り方を参照)、ゲストのイニシャルのアルファベットの形に切る(文字の高さ10cm前後)。同じ紙で三角の形も作る(1辺3.5cm前後)。
2.切り取ったアルファベットと三角の上部にキリで穴を開け、ゴムひもを通して結ぶ(ゴムひもの長さは会場のイスの幅に合わせて)。

<アルファベット素材の探し方もいろいろ>

アルファベットの切り文字は「シエル イニシャルカード」など市販の切り文字を使う方法もあるが、アルファベットシールを拡大コピーしたり、パソコンでフォントを選んで印刷し、型紙を作って制作する方法も。フォントを選ぶ際は文字が太い物にし、さらに太文字にして印刷を。「フリー フォント」で検索すると、パソコンには入っていないおしゃれなフォントも自由にダウンロードできる

From編集部『素材集めの肝は検索ワード』

ここではそれぞれの素材がいち早く見つかる検索ワードを紹介しました。ネットで素材集めするときは、的確なワードを入力し、画像検索するのがおすすめ。きっと、こんな物も無料で使うことができるんだと驚くでしょう。それを上手に生かして、アイテム作りに役立てて。

取材・文/渡邉博美 撮影/加藤新作 イラスト/タカヒロコ 構成/小田真穂(本誌)

※掲載されている情報や、商品の取扱い及び価格は2015年3月時点のものです

  • 演出・アイテム
  • 結婚準備全体
  • 個性的
  • おしゃれ
  • アットホーム感
  • ハンドメイド
Share on>

pagetop