ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. 新人編集者じゃっき~のブライダルフェア体験レポート
結婚式スタイル
Share on>

新人編集者じゃっき~のブライダルフェア体験レポート

チャペルの中を歩く女性

入社半年未満でウエディングジャンル未経験。そんな新人編集者で未来の花嫁候補じゃっき~がブライダルフェアに初潜入! 読者モデル・赤荻典子さんの協力のもと、ブライダルフェアのあれこれについて体験レポートします♪

ブライダルフェアを「知る」「調べる」「予約」する!

ゼクシィのアプリTOPページ

まずはどんなものなのか知ろう! ということでさっそくゼクシィにアクセス! 「ブライダルフェア」とは、ウエディング会場が開催している模擬挙式やドレス試着、料理試食(!)など、結婚式に関するサービスが基本無料で体験可能な、多くの先輩カップルが会場選びの参考に利用しているイベントということがわかりました。そしてゼクシィのサイトやアプリ、会場ホームぺージなどで詳細が確認できて、かつ予約もできることも! 
実際に調べてみて驚いたのは、その内容や規模の多様さ、日程の多さ。本当に、それぞれの会場がさまざまなニーズに対応したフェアを開催してるんです!
そんな多種多様なフェアの中から、今回は東京・半蔵門にあるホテルグランドアーク半蔵門の「先輩カップルの本番直前会場見学」ができるフェアを発見、予約。予約を済ませたら、あとは当日足を運ぶだけ♪

[写真]ブライダルフェア選びはゼクシィのアプリやサイトを利用。エリアや日程、内容など細かいところまで指定できて、確認、予約できるのでとっても便利♪
もちろんアプリでもブライダルフェアの検索、予約できちゃいます!
*参考画像。実際の画面とは異なる場合があります

当日はまずは「受付」、プランナーさんと「事前打ち合わせ」!

受付前に立つ女性二人

初めてのブライダルフェア参加に楽しみ半分、緊張半分で迎えた当日。いつもよりきちんとした服装をして、いざ会場へ!
到着したら、まずはウエディング専用カウンターで受付。受付を済ますと、さっそく担当プランナーさんと事前打ち合わせに入りました。通常は、希望する結婚式の日程や内容についてのアンケート記入、その日の流れについて説明など約20分ほどお話しをします。
この日参加したフェアはドレス試着、チャペル見学、当日開かれる実際の披露宴会場見学、相談会という流れの2時間半コース。この日は実際の披露宴会場に加えて、式直後のチャペルも見学できることが判明して楽しみ&緊張がさらにアップ!

左はこの日担当してくれたウエディングプランナーの関根さん。関根さんの優しい笑顔と対応に緊張も少しほぐれました♪ (ちなみに花嫁役はじゃっき~ではなく、同行した読者モデルの赤荻さんです!)

ワクワクドキドキの「ドレス試着」!

ドレスを選ぶ女性
鏡の前に立つウエディングドレス姿の女性
こちらを向くウエディングドレス姿の女性

事前打ち合わせが終わると、同じフロアにあるドレスショップに移動。中に入ると、そこには白やカラーのウエディングドレスがズラリ! この中から好みのドレスを一着セレクト、試着できることにワクワクドキドキは最高潮に!
悩みに悩んで選んだのは、繊細なレースが大人っぽいプリンセスラインのオフショルダードレス。関根さんによると、白ドレスの中でも今回選んだオフホワイト系のドレスは人気とのこと。
ドレスを選んだら、ショップの担当スタッフさんにお手伝いいただきさっそく試着♪

[写真1枚目]ズラリと並んだドレスの数々に思わず目がキラキラに……

[写真2枚目]やっぱりドレスは乙女ゴコロをくすぐります! 着心地や重みも実感!

[写真3枚目]腕をさりげなく隠してくれるオフショルダータイプは安心感も◎

リアル結婚式直後!の「チャペル見学」

チャペルのドアを握る女性
チャペルの中の女性
賛美歌を見る女性

ドレス試着のあとは、ショップに隣接するチャペルに移動。ホテルイチ押しのこちらのチャペルは、天井高なんと10m! その高さを存分に味わえるよう、チャペル前は日差しが燦々(さんさん)と入る全面ガラス、室内にはLED照明でシーンごとに色を変えるガラススクリーン仕様! 温かく包み込んでくれるような自然光と、幻想的な雰囲気を味わえるガラススクリーン。

[写真1枚目]チャペルの前で、式を挙げたばかりの花嫁さんに遭遇! 輝くような先輩花嫁の姿に感動!

[写真2枚目]広々とした光溢れるチャペルにうっとり

[写真3枚目]自分の式を想像して思わず笑顔に

今回のフェアのメイン「先輩カップルの本番会場見学」!

宴会場の中の女性
テーブルを見る女性

続いてはこの日のハイライト、先輩カップルの披露宴会場見学! 
今回見学させていただいたのは、ホテルのメインバンケット「富士」で開かれる100人規模の披露宴。本番セッティングがされた、花嫁花婿やゲストが入場する前のピンと張り詰めた会場の様子に圧倒されながらも、さっそく見学スタート!
装花やテーブルなど、ゲスト目線から気になる点はもちろん、フルコーディネートされた時の雰囲気と会場はどこも見どころ満載! 普段なかなかできない体験に最後まで興奮しっぱなしでした!

[写真1枚目]開放的で落ち着いたムード漂う会場

[写真2枚目]実際の会場セッティングだから、したい式のイメージも次々に湧いてきます!

フェアの最後を締めくくるのは「相談会」!

テーブルを挟んで話す女性二人

すべての見学を終えて、再び最初に訪れたウエディング専用カウンターに。ここからはプランナーさんと式の詳細を具体的に相談していきます。
事前打ち合わせで記入したアンケートに、フェアに参加して見えてきた、理想とする挙式や披露宴のスタイル、こだわりたいポイント、ゲスト人数などをお話ししながら修正、加筆。さらに日程の状況確認などをしていただき、見積りを作成。これでフェアは終了です!

気になったポイントや質問もこの時に解決! 最近の式の傾向やおすすめのプランなどもアドバイスをいただけます!

ブライダルフェアに参加してみて

ワクワクドキドキいっぱいでブライダルフェアに初参加してわかったのは……。会場や内容を見学すると式のイメージが湧きやすくなるのはもちろん、プランナーさんと話しをすることでより具体的にどんな式がやりたいかが固まってくる、勉強になる。そしてなにより結婚式という非日常空間の楽しさを味わえる!ということ。

ブライダルフェア参加経験のある先輩花嫁からは、「気になってる式場があったらどんどん実際にフェアに参加した方がいいと思います」(女性・24歳・東京都)、「ブライダルフェアは必ず行った方がいいと思います。会場の雰囲気はもちろん、料理やスタッフの対応等、知れることがたくさんあると思います」(女性・27歳・岡山県)など、ブライダルフェアの利用をおすすめする声多数! やはり実際に見て、体験できるブライダルフェアは会場選びの強い味方なんです!

from編集部『ブライダルフェアに行こう!』

“ブライダル”と冠されてることもあって、結婚予定のカップルだけのものと思いがちなブライダルフェア。私もそう思っていたタイプですが、今回参加してみて、プランナーさんにお伺いしてみてどんな方でも気負いなく見学できる、楽しめるものだと分かりました。
先輩花嫁からは、「気軽に参加できるので気になる式場のブライダルフェアはどんどん行くべきだと思います!」(女性・24歳・群馬県)「式場は滅多に入れない神聖な場所。いい機会だと思って気になる式場はいくつでも見に行った方が◎」(女性・25歳・茨城県)という心強いメッセージも! 
参加はおひとり様でも、お友だちとでも、結婚の予定なくても参加は基本どの会場もOK! ぜひぜひ未来の花嫁さん、一度ネットやアプリでお気に入りの会場を見つけて、実際にブライダルフェアに足を運んでみませんか? きっと楽しいですよ♪

「ブライダルフェア予約のマナー」
予約したフェアは無断でキャンセルしないようにしましょう。都合がつかなくなった場合は、ネットや電話で事前連絡を忘れずに。


取材・文/松隈草子(本誌) 撮影/齋藤海月 モデル/赤荻典子(ゼクシィモデル) 撮影協力/ホテルグランドアーク半蔵門(Tel:03-3288-1651)
※この記事に掲載のデータ・コメントは2015年2月に既婚女性206人を対象に行なったマクロミルのインターネット調査によります
※掲載されている情報は2015年3月時点のものです

  • 挙式
  • 挙式・披露宴
  • 結婚式場検討期
  • ゲスト
  • もてなし
  • 憧れ・夢
  • ホテルウエディング
Share on>

pagetop