ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. どう変わった? 先輩花嫁のリアル見積り最終ジャッジ!【1】
お金・常識
Share on>

どう変わった? 先輩花嫁のリアル見積り最終ジャッジ!【1】

いよいよ会場を探し始めて、いざ見積りを出してもらったらびっくり! 「高いとは知っていたけれど、結婚式ってこんなにお金がかかるものなの!?」 憧れの晴れ舞台だし、やりたいことは全部叶えたいけど我慢も大切。だからと言って妥協も後悔もしたくない。そんな悩める花嫁さん必見! ここでは結婚式の必須アイテム【衣裳】【ブーケ】【小物】【ヘアメイク】における、先輩花嫁の最終ジャッジの決め手をご紹介します!

【衣裳】妥協ナシ! 衣裳は価格よりも一番着たいと思うものを優先

赤いサンダルを履いた花嫁

●一生に一度しかないので、一番良いと思ったドレスに決めた(すずらんさん)
●色々試着したけど、一番初めに一目ぼれしたドレスに決定!(Radyxxさん)
●金額が高くなってもお色直しは和装にすること、これだけは譲れなかった(さちこさん)
●写真に残るし、一度の事なので絶対に気に入ったものを見つかるまで探す! 金額は二の次です!(りさぴょんさん)
●どうしても着たいカラードレスがあったので、ウエディングドレスの金額を抑えた(浩美さん)
●あまりこだわりがなかった白無垢はプラン内におさめ、その分色打ち掛けとウエディングドレスに費用をかけた(留衣さん)

【ブーケ】意外と節約できるかも? 手作りやネットショップを利用して節約

ブーケを持つ花嫁

●ネットで見つけたブーケのお店で納得のいくものを選択。安くて可愛いものが見つかってよかった(こずえさん)
●前撮りでも挙式当日でも使えるように、アートフラワーを使用(梨沙さん)
●2つめをリストブーケにして少し節約(千夏さん)
●衣裳にこだわった分、ブーケ、ブートニアを手作りにして節約(亜衣さん)
●装花プランを見直し、ブーケを1つに(ももさん)
●「これ!」と思ったものがプラン外でしたが、気にせずオーダー(季絵さん)

【小物】手作りや代用できるものがないか探して上手に工夫

ウエディングケーキとパールのネックレス

●安価なアクセサリーはドレスに似合わなかったので、納得のいく小物類を揃えた(ちかさん)
●アクセサリーや小物は自前や手作りで節約(真純さん)
●挙式→披露宴でヘアを変えたいと思い、ヘアアクセチェンジだけお願いした(ミニーさん)

【ヘアメイク】思い切りも大事? こだわりポイントとのバランスを

●式後、ベールをとるだけでお金がかかったので、思い切ってヘアチェンジも依頼(みきちこさん)
●前から憧れていたドレスに生花の花冠をつけるスタイル。これだけは譲れなかった(さやさん)

「やってよかった!」先輩花嫁からのアドバイス

●見れば見るほど他のものに目移りして見積りもどんどん上がってしまうので、見すぎるのもほどほどに(ももさん)
●『○○をするかわりに、これは諦める!』という考え方がおすすめ(浩美さん)
●これだけは譲れない! という部分を彼と話し合っておくとスムーズ(いちさん)
●持ち込めるものは持ち込みを。だいぶ金額の差がでるはず(梨沙さん)

from編集部『大事なのは優先順位。彼とよく話し合って』

予算内におさめたいと思っていても、憧れの花嫁姿はやっぱり譲れないという花嫁が多数。予算のことばかり考えて後悔するよりも、彼と納得いくまで話し合い、お互いの優先順位をはっきりさせておきたい。先輩花嫁のように衣裳をこだわったなら、ブーケや小物で節約するなど折り合いをつけて。

取材・文/松永美緒(ミューズ・コミュニティー)
※記事内のコメントは2015年2月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー119人が回答したアンケートによります
※掲載されている情報は2015年3月時点のものです

  • 挙式・披露宴
  • ドレス・衣裳
  • 結婚準備全体
  • 結婚式場検討期
  • 花嫁実例
  • きちんとしている
Share on>

pagetop