ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 親あいさつ
  5. 彼が家に来る!ドキドキ親あいさつ
お金・常識
Share on>

彼が家に来る!ドキドキ親あいさつ

結婚が決まったら、次はいよいよ親へのあいさつが待っています。今回は「彼が家にやって来る」という場面で、何をすればいいのかを重点的にお教えします。身だしなみや手土産、結婚を許してもらうための上手なトークに至るまで、事前に準備しておけば恐いものなし! 何をすればいいのか、さまざまなシチュエーション別に考えてみましょう。先輩カップルの体験談も要チェック!

彼の身だしなみ、どうする?

プレゼントを持った男性

親あいさつには身だしなみをきちんと整えて臨むのがマナー。すでに何度か自宅を訪れていて親と顔見知りになっている場合も、大事なあいさつの場面なのだから、けじめをつけて臨んでほしいもの。服装はスーツ姿が基本、髪やひげもきちんと整えて。家に上がってもらうので、靴や靴下にも気を配ってもらいましょう。スーツを着なれていない彼なら、一緒に探してあげるといいですね。

彼女の目でココをチェック!

★「親からは『普段着でいいよ』と言われたものの、本音はきちんとした服装を期待しているはず。彼が真に受けないよう、スーツで来てほしいと伝えておきました」(ももさん)
★「最近流行の髪型は親世代にはウケが悪そうなので、きちんとセットしてもらうよう、彼にお願いを!」(梨沙さん)
★「彼はラフな私服しか持っていなかったので、一緒に買い物へ行き、ジャケットとシャツ、ニットタイ、チノパンをあいさつ用にそろえました」(azuさん)

手土産は何を持ってきてもらう?

自宅を訪れる際には手土産を持参するのがマナーです。でも細かいことにまで気が回らない彼だとうっかり忘れてしまうこともあるし、ちゃんと用意しようと思っていても、緊張のあまり直前で頭から抜け落ちてしまう恐れも。何を持っていけばいいか迷っているようだったら、親の好物などを教えておくといいですね。時間があれば一緒に選ぶのを手伝ってあげましょう。

彼女の目でココをチェック!

★「父は辛党ということを前もって彼に伝えました。あいさつ当日は父の好きな銘柄の日本酒を手土産に。とても喜んでくれて、彼の株もグンとアップ♪」(maiさん)
★「手土産の中身はそれほど気にしないけれど、家を訪ねる際には用意するのが常識だと考える私の親。彼が手ぶらで来ないよう、さりげなく伝えておきました」(のちさん)
★「これなら喜ぶからと、私がセレクトした手土産を彼に渡し、持ってきてもらうことに。内助の功です(笑)」(康代さん)

第一印象を良くするコツは?

親がチェックするポイントはずばり好感度。清潔感はもちろん、そのほかにも彼の表情や言葉から、「誠実な男性か」「娘を大事にしてくれるのか」など、いろんなことを探っているんです。明るく爽やかな態度で親と接してもらうためにも、あまり緊張させないよう、さりげなくフォローしてあげましょう。「私の親はこんな人」と、親についての事前情報を教えてあげるのもいい方法です。

彼女の目でココをチェック!

★「ざっくばらんそうに見えて、実は礼儀や常識を重んじる父。『フレンドリーに接してきてもあいさつのときは敬語でお願い』と伝えておきました」(朧月さん)
★「私の父は気難しい性格。そのことを何度も繰り返し説明していたので、彼も必要以上に緊張しなかったとか。自然体で接してくれたので好印象だったようです。(azuさん)
★「緊張すると顔に出る彼。さらに声まで小さくなってしまうので、『気を付けてね』と事前に注意。当日は顔がこわばってきたら目線でサインを送りました」(あっちゃんさん)

どうやって話を切り出す?

結婚のあいさつに来たものの、タイミングを外していつまでもずるずると言い出せないままでは、優柔不断な男性と思われる恐れあり。とはいえ焦って玄関先で、というのも変。部屋に通された後、ひと息ついたタイミングで話を切り出すのが理想的です。その際に気を付けたいのが言葉の選び方。「娘さんを頂けますか?」では「やらん! 娘はモノじゃない」とヘソを曲げられてしまうかも。ここはストレートに「結婚を認めてください」と、親に許しを請うスタンスで。心配な人は、事前に彼と打ち合わせをしておきましょう。

彼女の目でココをチェック!

★「いきなり話を切り出さず、まずは普段通りに世間話。そしてみんなでテーブルに着いたタイミングで!と念入りに打ち合わせしておきました」(梨絵さん)
★「話の流れもあるし、タイミングを見計らうのは大事だけど、長引くと結婚の話をしづらくなる恐れが。『家に上がって1時間以内に』と事前に打ち合わせを」(康代さん)
★「自己紹介後、ちょっと雑談してから本題へ。雰囲気が和んだところで切り出すとスムーズでした」(美香さん)

親からの鋭い質問に、どう受け答えする?

親が一番気になるのは、何といっても娘の幸せ。それをかなえてくれる相手かどうかを見極めるために、いろんな鋭い質問を投げ掛けられることも。よく聞かれる内容は「なぜ娘と結婚しようと思ったのか」「きちんと生活していけるのか」「転勤はあるのか」「結婚資金は貯めているのか」などなど。その場しのぎの答えでは見抜かれてしまうので、あいさつの前にふたりできちんと話し合っておくことが大事。

彼女の目でココをチェック!

★「結婚式をするかどうか、私の仕事はどうするのかなど、聞かれそうなことをいくつか考えて、ちゃんと答えられるよう彼と打ち合わせをしました」(すずらんさん)
★「どのような家庭にしたいかということは必ず聞かれると思ったので、ふたりで擦り合わせておきました。案の定尋ねられたので、考えておいて良かったです」(ももさん)
★「親が心配していたのは彼が自営業だということ。そのため具体的な仕事内容や、軌道に乗っているので不安はないことなどを説明してもらえるよう、彼に頼んでおきました」(1545912さん)

親と仲良くなってもらうには?

あいさつが無事に終わったら、みんなで仲良くコミュニケーションタイム。お酒を酌み交わしながら男同士の話をしてもらうもよし、親の自慢話に付き合ってもらうのもよし。和気あいあいと楽しいひとときを過ごすには、会話が盛り上がるようなネタを事前に用意しておくのも一つの手。反対に、避けたい話題などもちゃんと伝えておくと安心です。

彼女の目でココをチェック!

★「彼と父も大の野球好き。しかも地元球団びいきという共通点があったので、あらかじめ彼にインプット。ふたりで盛り上がっていました♪」(ゆかさん)
★「父の趣味でもあるゴルフを最近始めた彼。そのことについて触れた途端、父がご機嫌に。これから一緒に仲良く楽しんでもらえそうです」(azuさん)
★「機械オタクの父と理系の彼はきっと話が合うはず。そう考えてお互いのことを事前に話しておきました。思った通り、話が盛り上がって良かった!」(たえちゃんさん)

from編集部『二人三脚で彼の好感度をアップ!』

ハラハラドキドキの親あいさつだけど、誠実な態度で臨めば、親も快く結婚を許してくれるはず。「いつもの彼」を見てもらうことも大事だけど、場合によってはあなたが傍らでフォローしながら、「親に気に入ってもらえる彼」を上手に演出することも必要です。何だかんだいっても第一印象はやっぱり大事。肝に銘じておきましょう。

取材・文/南 慈子
※この記事内のコメントは、2014年1月に実施した「ゼクシィ花嫁1000人委員会」108人のアンケート回答によるものです。
※掲載されている情報は2015年3月時点のものです。

  • 挙式1年前
  • 挙式半年前
  • 親あいさつ
  • 結婚決まりたて
  • 定番
  • 家族の絆
  • 細やかな気遣い
  • 安心したい
Share on>

pagetop